この記事は約 1 33 秒で読めます♪

ノーブラ、つまりブラジャーをしない生活に対して「女性の身体に優しい」という論調が目立つようになりました。身体を締めつけると血流が妨げられて良くない(バストアップにも悪影響)というロジックのものが大半ですが、ノーブラにはそれ以上にバストへの悪影響があるのです。

楽なので一見するとバストにも良さそうなノーブラに潜む罠を解説しましょう。

バストをさらに過酷な状態に置くノーブラ

ノーブラ

ノーブラに潜む最大の罠は、バストが揺れることです。バストには一定の重みがあって、常に地球の引力に晒されています。そのため何もせずに放置しているとだんだん引力に負けて下に垂れ下がってくるのはご存じの通りです。それをブラジャーが支えてくれているのに、ノーブラになるとどういうことになるか、想像できますね。

バストを支えているのは大胸筋やクーパー靱帯、皮膚、さらには乳腺などの組織です。バストを揺らすことでそれらの組織に何もしていない時よりも大きな力が掛かってしまい、それを繰り返していると伸びます。バストを支えている組織が伸びることによって下に垂れ下がり、仮にバストが大きくなったとしても美しい形にはなりません。

 

引力からバストを守れるのはブラジャーだけ

ブラジャー

それでもよく聞かれる、ノーブラが女性の身体に優しい説。確かにノーブラだと開放感が得られるので、何となく解き放たれたような気分になれるというのは間違いないでしょう。しかし、ノーブラの効能はここまでです。何となく得られる開放感を取るか、美しいバストを手に入れるか、それは女性本人が決めることです。かつて「ブラジャーは女性を象徴するもので性差別だ」という運動をした女性がいましたが、こういった人たち以外は美しいバストを願っているはずです。

起きている時のノーブラは論外として、寝ている時はノーブラで過ごすという人も多いでしょう。これも同じように寝ている間に身体を出来るだけ締めつけないようにするという考えからだと思いますが、やはり寝ている間でもバストに引力は掛かり続けます。さすがに外出する時と同じブラジャーだと窮屈に感じる人も多いと思いますので、寝ている間はナイトブラと呼ばれる締め付けの少ないものがおすすめです。

もちろんブラジャーであれば何でも良いというわけではなく、きちんと身体のサイズや形に合ったものであるのが大前提です。

まとめ|絶対に勝てない力にブラジャーで立ち向かおう

ノーブラ 最高

地球の引力に人間は勝てるでしょうか?勝てませんよね?美バスト維持のためにこの力に立ち向かうためには、バストの組織の力だけでは支えるのに限度があるので、やはりブラジャーという装備をつけなければなりません。とはいえ、ブラジャーつけたくない・・・というノーブラ愛好家の皆さんもいらっしゃるでしょう。あの、締め付けからの開放感はたまりませんよね?ちなみに筆者は、帰宅後すぐにブラジャーを外すほどのノーブラ愛好家です。笑

ただ、自分にあったブラをつけていれば、ブラジャーの締め付けを感じずにすむかもしれませんよ。(参考:自分にあったブラをつけてる?正しいブラの選び方

自分に合った、かわいいブラなら、毎日つけていたいですよね!見えないところのお洒落を楽しめる上に、美しいバストを作れるなら、やっぱりブラジャーはつけるべきです。確かにノーブラに慣れている人にとっては、最初はきついなと思うこともあるかもしれませんが、きちんと自分に合ったブラをつけていればすぐに「ブラジャーを着けている」ことに慣れます。

美バスト維持のためにも、ブラジャーを着けることに慣れ、絶対に勝てない力にもブラジャーの力を借りて立ち向かいましょう。

The following two tabs change content below.
さおりん

さおりん

こんにちは、さおりんと申します。なかなか人に言えない悩みだからこそ、自分で調べたこと、実践したことをしっかりとした情報でお伝えします。少しでもお悩みの解決に役立つためにどんどん書いていきます。私自身も胸は大きい方ではないので大きさに悩む方のお気持ちがよくわかります。でも大きくて悩んでいる方もいるんですよね。どんな悩みも解決できるようにとことん調べていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です