この記事は約 6 34 秒で読めます♪

ランジェリーショップ

皆さんは、ランジェリーを何を基準に選んでいますか?サイズはもちろんですが、自分好みのデザインは、洋服を選ぶ感覚と同じように重視されてるのではないでしょうか?そして、これらと同じように、価格も選択基準に入っていませんか?

ランジェリーって、思っていた以上に高くて、頻繁に買いかえるのも、そうそう簡単にできるものではありませんよね?しかも機能性等を含めてみてみると、その価格が高いのか安いのかの判断が、さらに難しいと感じませんか?

そこで今回は、専門店やデパートだけでなく、より身近なショッピングモールなどにも店舗を構えている、ワコールとトリンプの各ブランド・コレクションを、価格帯とテイストで徹底比較してみました!(ブラジャー価格のみ)

日本生まれのワコール

ワコールは京都発祥の、日本生まれのランジェリーメーカーです。20種類以上のブランドを展開し、女性一人ひとりの個性・ブラジャーに求めているものに対応しています。女性が身につけるランジェリーの幅広いラインナップが、自分を表現するお手伝いをしてくれるのです!

おしゃれの一部としてカジュアルに楽しめるものから、ボディラインが気になる女性・窮屈さから離れたいけれどバストはしっかりとホールドできるものまで、幅広いブランドと素材・テイストを揃えて、女性の多様なニーズにこたえてくれるので、多くの女性に愛されるランジェリーメーカー、ブランドといっても過言ではないでしょう。さて、ワコールにはどんなブランドがあって、どれくらいで買えるのでしょうか?見ていきましょう!

日常使いにおススメのブランド

ブランド  特徴 コレクション 
 アンフィ(ANPHI) ・2,052円~
・可愛いデザイン
・anphiシリーズ
・A by anphi
・eeny&meeny etc…
アキュート(acute) ・2,700円~
・大人かわいいデザイン
・アキュート(acute)
・女子ブラ
・おうちdeぶらブラ etc…
ウイング(WING) ・季節ごとの
ラインナップ
・ウイング(WING)
・まるでヌードブラ
・MISS スレンダ
・ときはなつブラ etc…
 ワコール(Wacoal)  ・バストのあらゆるニーズにこたえる
ラインナップ
ワコール(Wacoal)
・SUHADA
・大きな胸を小さく見せるブラ
・LALAN etc…

個性をだすならアンフィ(ANPHI)

個性のあるおしゃれを楽しみたい女性には「アンフィ(ANPHI)」がおススメ!2,052円からという、ブラジャーの中ではかなりお手頃価格で、若い人でも買い替えで気軽に利用できるブランドです。安いからと言ってデザインが可愛くない…という心配もご無用!インナーのおしゃれもしっかり楽しめちゃう!

可愛いけど大人っぽさも欲しいあなたに!アキュート(acute)

「大人かわいい」をコンセプトとした、若い世代の女性におススメしたいブランドが「アキュート(acute)」です。価格帯も2,700円からと手頃になっており、毎日のおしゃれにもぴったりです。家用ノンワイヤーブラのレース使いも非常に可愛いですよ!

ワコールの看板サブブランド ウイング(WING)

ワコールの2大看板の「WING」は、2016年でなんと40周年を迎えるという、老舗ブランドです。着けてる方が自然で心地よいという、「まるでヌードブラ・スキマフィット」というコレクションは4,968円から・バストラインをきれいに見せる「MISS スレンダ」は4,752円からの価格設定で、老舗ならではのノウハウが詰まった、多くの女性に使ってもらえるものがそろっています。毎日のつかうものだから、機能性の高さの割に、手に取りやすいものになっています。今の時期は、夏場のインナーの不快感を軽減してくれる「ときはなつブラ」が一押し!

会社を担うメインブランド ワコール(Wacoal)

会社名そのものがブランド名になったワコール(Wacoal)には多くのコレクションがあります。衝撃のフィット感が魅力の「スハダ(SUHADA)」は、「ブラがカラダに合わせてくれる」「ハダカを超える」という新感覚のブラジャーで、ワイヤーが肌に面であたるので、食い込みを感じず、長時間つけていても、ブラジャーをつけていないんじゃないかという楽さを感じることができます。この楽なつけごこちで、6,048円から購入できます。日々のお仕事に疲れている女性の、疲れ軽減にぜひおススメしたいです!

他にも「谷間のLALAN」と銘打ち、バストの成長時期に差し掛かる10代後半から、30代の働く女性まで、幅広い年代の女性をサポートしてくれるのが、ララン(LALAN)の「リボンブラ」です。動き回っても一日きれいな谷間をキープできる上、可愛いレース使いが魅力のブラジャーが5,500円から購入できます。

また、胸の悩みは小ささだけでなく大きさという人もいらっしゃいますよね?着太りして見える大きめのバストをすっきりコンパクトに見せてくれる「大きな胸を小さく見せるブラ」は、5,076円からの価格設定です。ワコールはメインブランドということもあり、この一つのブランドだけで、多くの女性のニーズにこたえられる力を持っています。

いつもと違う自分を魅せたいときに

ブランド  特徴 コレクション 
レシアージュ(Lesiage) ・6,048円~
・花柄レースが上品
・PRESTAGE LINE
・2100シリーズ
・ChouChou de Lesi etc…
ルジェ(Lge) ・7,128円~
・アクセントの装飾がカワイイ
・リボンブラ
・P-UPブラ
・ハッピーFitブラ etc…
スタディオファイブ ・7,020円~
・大胆すぎるデザイン
・シーズンコレクション
・CuCute etc…

 

華やかさのレシアージェ(Lesiage)

ブラジャーの機能性だけではなく、デザイン性もという女性には「レシアージェ(Lesiage)」がおススメ!レシアージェの上質な華やかさは、身に着けたその日の自分のモチベーションを上げてくれます。特に花柄のレースや柄の使い方が、ワコールブランドの中でも秀逸さを見せており、ブラジャーからいい香りがしてきそうなくらいの華やかさがありますよ!個人的見解を述べさせてもらうと、年齢問わず男ウケがよさそうなブラジャーが多いです。

エレガントさのルジェ(Lge)

エレガントさを求めるなら「ルジェ(Lge)」をおススメします!レース以外の装飾が豪華なものや、人気のある「リボンブラ」(LALANとは別物)等、デザインへのこだわりが随所にみられます。甘さもあり身に着けるのが楽しみになっちゃうルジェは7,128円からと少々お高めです。

ゴージャスでセクシーなスタディオ ファイブ(STUDIO FIVE)

普段身に着けないゴージャスでセクシーなデザインにドキドキしてしまうのが「スタディオ ファイブ(STUDIO FIVE)」です。レース使いは繊細なのに、どこか大胆で、THE勝負下着といってもいいほどのセクシーさが、特別な日に活躍しちゃうかも!!価格は、繊細・ゴージャス・セクシーを兼ね備えているから7,020円からとこちらも少々お高めです。でも特別な日用に一つくらい持っておいてもよさそうですね。

個性がほしいときに

日本にはないデザインで攻める?アンプリスィット(IMPLCITE)

ワコールではインポートブランドの「アンプリスィット(IMPLCITE)」も展開!ビビッドでセクシー、珍しい幾何学模様を使ったデザインに、ぐっと目を奪われます。素材の透け感には「見えちゃうよ~!!」というドキドキも味わえます。価格は7,560円から。攻めたデザインになると、もっと高くなりますが、日本にはない、インポートブランドならではの大胆さで、思う存分個性を出して、ドキドキしちゃいましょう。

ワコールが大切にしていること

ワコールは、女性に少しでも快適にランジェリーを身に着けてほしいからこそ、豊富なラインナップをそろえているだけでなく、下着の取り扱い方等の情報も発信しています。また、ライフシーンに合わせてのブラジャーも提案しています。長く身に着けるからこそ、変化の多い女性の体をしっかりと見て、たくさんのブランドとテイスト、価格帯でサポートしてくれているのです。

また、ぴったりのサイズをつけてほしいという方針のもと、公式通販サイトを通じた購入に対しては、サイズ変更に柔軟に対応してくれます。しかも送料はワコール負担です。

試着してサイズが異なれば交換できるというのは、ブラジャーを通販で購入する際の安心につながりますよね!

グローバルなトリンプ

トリンプはスイスに本社を置き、全世界に展開をみせる、世界最大規模の下着メーカーです。トリンプは数多く手掛けるというよりも、女性のバストラインをキレイに魅せることに集中しています。

普段使いにおススメ

ブランド  特徴 コレクション 
 天使のブラ ・6,372円~
・幅広い年代向けのデザイン
・恋するブラ
・寄せアゲハ etc…
ワンダーメイク ・6,048円~
・シンプルなデザイン
・新ワイヤーで着け心地抜群
・ワンダーメイク
アモスタイル ・2,000~4,000円
・シーズン毎に新作で楽しめる
・夢見るブラ
・Dress
・チャーミングラマー etc…
ソルフェージュ  ・3,240円~
・肌に優しい素材
ワコール(Wacoal)
・SUHADA
・大きな胸を小さく見せるブラ
・LALAN etc…

自然なふんわり谷間はお手のもの 天使のブラ

CMでもおなじみの「天使のブラ」は、普段使いにもってこいのランジェリーです。自然な谷間を作るのに適したブラな上、派手すぎず控えめすぎずの上品なレース使いで、年代選ばず使えるものになっています。他にも、15周年(2016年時点)を迎えた「恋するブラ」は体の伸縮に強く、通常のワイヤーブラなのに着け心地に自信があります。「寄せアゲハ」はとことん無駄のない、きれいなバストライン作りに強みをもっています。どのラインも6,372円からと、比較的高めのように感じますが、機能性のことを考えると納得の価格でしょう。

ノンワイヤーのような着け心地 第3のブラワンダーメイク

第3のブラとして、2015年発売当初に話題になり、約1年間で27万枚も売り上げたという「ワンダーメイク(WONDER MAKE)」は、ノンワイヤーのような着け心地なのに、バストメイク力は抜群という、女性のわがままを叶えることのできるブラジャーです。価格は6,048円からと、こちらも機能性を含めると納得価格となっています。

カジュアルにトリンプを楽しむ アモスタイル(AMO’S STYLE)

多くのショッピングモールでも見かける、「アモスタイル(AMO’S STYLE)」は、カジュアルに洋服を楽しむような感覚で何枚も揃えたくなるデザインが揃っています。価格帯も2000円~4000円となっていて、非常にお手頃。また、シーズンごとに新作が出てきて飽きることがありません。

こだわりのミセス向け ソルフェージュ(Solfege)

優しい着け心地の「ソルフェージュ(Solfege)」は、体の変化と共に、肌への負担も変わってくるデリケートな年代に、素材・着け心地のこだわりはもちろん機能もしっかりしたシリーズです。価格は、日常使いにも問題なしの3,240円からと、トリンプの中では、お手頃ラインになっています。

史上最高の自分を演出したい時に

美しい女性

女性としての私をもっと輝かせる エッセンス(ESSENCE)

海外を発祥とするトリンプが、日本人のバスト向けにつくった「エッセンス(ESSENCE)」はシンプルなデザインのなかに見えるドット柄がエッセンスとなっています。ドットってどうしても幼くなりがちな柄なのですが、このラインでは、上質な素材が大人のドットを可能にしています。もちろん他の柄もあるので要チェックです。価格は9,720円からとお高めですが、バストラインはシンプルに見せつつ、バストメイクの力は抜群なので史上最高の自分を演出してくれますよ。

ぶれない上品さが魅力 ヴァリゼール(VALISERE)

見た目はシンプルなデザインでも、素材とレース使い、ふんだんにあしらわれている大小の花の刺繍にうっとりしてしまう、「ヴァリゼール(VALISERE)」 価格は12,960円からと、かなりお高めで、とても日常使いで使い古すのがもったいないと思っちゃいますね…。フランス発祥のこのブランドは、どこかモダンな雰囲気も持っていて、季節ごとのコレクションは出しながらも、基本のコンセプトからはぶれない上品さがあります。

ちょっとお高いトリンプはセールをうまく活用して

ワコールとトリンプを比較して、全体的にトリンプの方が価格だけで見るとお高い印象を受けましたよね?確かにトリンプの方が調べていても高かったです。ですが、バストメイク力には確かなものがありますし、価格相応だとも感じました。また、トリンプは前のシーズンのものに対して積極的なセールをしています。普段は手が届かないトリンプのブラでも、セールを活用すれば、手に入れることができますよね?

まとめ|ブラジャーの価格帯から使用シーンを考えて

ブラジャー
○アイコン日常的に使うものだと、2000円から4000円
○アイコン機能性・デザイン性のどちらか片方を選ぶと4000円~6000円
○アイコン機能性・デザイン性どちらも選ぶと6000円~9000円
というように、ブラジャー(ランジェリー)に何を求めるかによって価格が変わってきます。欲張りになれば、価格が上がるのは仕方ないですよね…。

ブラジャーもずっと使えるものではないですので、価格もお財布と相談しないといけないもの。私も生活していく上で考えると、ブラジャーに投資する額は必然的に下がってしまいます。ですが、やっぱりたまにはいいランジェリーを着けてテンションを上げたい時だってありますし、なにより、いいランジェリーをつけたときって、鏡の前に立ってみたくなるくらい、なんだかウキウキしてしまうものです。私だけですかね?ブラジャーだって、洋服と同じように、見てウキウキ・着けてもウキウキすることが大事だと思うのです。

だからといって高いものばかり買えるほど余裕がないのなら、頻繁に洗って使う日常使うランジェリーの価格帯は高くでも6000円までに抑えて、あなたにとって特別な日のためのランジェリーは、普段手の届かないものを買ってみるという方法でもいいと思うのです。高いブラジャーが必ずしもすべての人にピッタリというわけでもありませんし、無理をして買っても、高いものだっていつの日か使えなくなるのです。

私は日常用のランジェリーに関しては、サイズがあれば買うような感じで、セールの時を使って一枚3000円くらいまで値下がりしたものを、一回に4~5枚まとめて購入しています。たまに購入する、憧れのブランドのブラジャーはお店の人に手伝ってもらってとことんこだわって買っていますよ。女性に生まれたからには、女性であることを徹底的に楽しみたいので、ブラ選びも徹底的に楽しんでいます♥皆さんも、今回の価格帯の比較とテイストを参考に、ブラジャーで自分を演出して、見えないところのおしゃれも楽しんでくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です