この記事は約 3 15 秒で読めます♪

下着姿の女性

「サイズは完璧なはずなんだけど…」
アンダーもトップもしっかりサイズを測って自分に合ったブラを選んだはずなのに、なぜか窮屈だったり、隙間ができていたりなんていう経験ありませんか?自分に合ったブラジャー選びに重要なのはサイズなのは言うまでもありません。ですが、もう一つ重要な要素として、ブラジャーのカップの形態も非常に大切だってご存知でしたか?
今回は、あなたの今の胸の形に合わせたブラのカップのタイプをメリット・デメリットの側面からご紹介します。
真の「自分に合ったブラ」を見つけませんか?

ブラジャーのカップにもタイプがある理由とは?

ブラジャーのカップには、

1/2カップ3/4カップフルカップ
1/2カップ3/4カップフルカップ

があります。

これら3つのカップの種類がある理由として、バストの形・体型・年代等、女性の胸の形の多様性が挙げられます。サイズでブラジャーを選んでも、しっくりこないことがあったという方は、サイズは同じでもカップのタイプで合う合わないが影響している可能性大!しかも、カップのタイプが合っているか合っていないかで、バストの形にも影響があると知ったら、まずは自分の胸に合ったカップの形、知りたくありませんか?

ブラジャーのカップの特徴とは?

1/2カップの特徴(合うバスト・メリット)

1/2カップハーフカップブラとも言われる1/2カップは、カップの上の部分を1/2ほど横にカットされています。カップが浅い分だけ固めで、パッド入りが多いのも特徴です。ワイヤー入りでしっかりと下から持ち上げます

胸の高さを出して、バストに豊かな膨らみを出したいときにぴったり!肩のストラップを外せるものが多く、肩を出すファッションを楽しみたいときに活躍します。

1/2カップが解決するバストのお悩み

○アイコンバストが小さい
○アイコンバストの乳首が離れていて外向き
○アイコンはと胸
○アイコン胸の位置が低い

ボリュームが足りないだけではなくて、離れ気味のバストを真ん中に綺麗に寄せる効果があります。しっかりと寄せて上げてくれますよ。逆に、グラマーサイズの方は、カップの上にバストが乗ってしまうため、きれいなバストライン作りが難しいので、避けたほうがいいカップのタイプです。

3/4カップの特徴(合うバスト・メリット)

3/4カップ3/4カップは、カップの上部の1/4を斜めにカットしている形状で、バストをふんわりとやわらかさを出すことにかけては抜群の力を発揮します。パッドやワイヤーは、脇にバストが流れないようにしてくれるのはもちろん、バストからウエストラインにかけてキレイに見せてくれます。

3/4カップは人気が高いこともあり、どこのブランドメーカーでも種類が多いカップのタイプでもあります。キレイでふんわりとした自然なバストを作るので、愛用者が多いのも納得です。寄せて上げての機能がしっかりとしていながら、自然なバストを作るので、タイトな服や胸元の開いた服と、洋服を選ばずに着こなせるのも魅力です。

3/4カップが解決するバストのお悩み

○アイコン下垂気味
○アイコンデコルテライン(首から胸元)が華奢
○アイコンバストが全体的に外を向いている
○アイコンはと胸
○アイコン脇にバストが流れやすい

グラマーサイズでも、デコルテが華奢な方にはおすすめなのですが、グラマーサイズでデコルテから膨らみ・ハリがある方は、カップから胸がはみ出てしまう可能性があるので、残念ながら避けたほうがいいカップタイプです。

フルカップの特徴(合うバスト・メリット)

フルカップバストの膨らみ・バスト全体を覆い包むタイプがフルカップです。カップ部分の面積が大きく、中心部分の深さがあまりないので、大きなバストをサポートして持ち上げるので安定感が抜群です。肩ひもが太いタイプのものがあり、これなら、肩こりの緩和にも繋がります。

このフルカップの安定感は、動きが多い日に活躍してくれること間違いなし!

フルカップが合うバスト

○アイコン大きいサイズのバスト
○アイコン下垂気味(授乳後含む)
○アイコン胸の肉質が柔らかい
○アイコンバストの肉が脇や下に流れやすい

フルカップだと、カップの上がスカスカだと言って避ける方も多いのではないでしょうか?ですが、バストアップやバストケアをしている女性に、ぜひ使ってほしいのがフルカップなのです。なぜなら、バストケアに必要な、バストを揺らさず育乳することにピッタリなのです。

特に授乳後のバストケアに選びたいカップタイプです。妊娠・出産・授乳の期間は知らないうちにバストのお肉が、背中・脇・お腹と移動しやすいのです。この時期に着用率が高くなる、マタニティブラや授乳ブラは、残念ながらバストをしっかりとサポートするための機能が少ないのです。バストのお肉が流れやすい時期に、しっかりとバストケアをできるブラジャーを着用しないので、授乳期を終えると、ハリがなくなったり、しぼんだように感じたりします。

ですが意外に、しっかりと寄せてカップに収めると、出産前のバストと変わっていないことが多いのです。そこで、フルカップのブラジャーで、あちこちに流れたバストをしっかりと元に戻しちゃいましょう。授乳後に使うことで、バストのキレイなライン作りにも期待ができますよ。

また、胸が大きい方は、ホールド力の強いものもあるので、すっきりとしたバストラインを作ってくれますよ。

カップのタイプが合っていないブラジャーが及ぼすバストへの影響

ブラジャー

カップのタイプが合っていないと、バストのサイズも形も変わってしまう可能性があります。

ブラジャーを着けた時に、バストの膨らみにブラジャーの上の部分が食い込んでいませんか?

例えば、サイズはぴったりのはずなのに、バストがカップに収まらないときにはバストの形が変わり、脇に流れやすくなります。脇に流れるということは、背中に余計な脂肪がつき、バストサイズのダウンに繋がります。しかも、バストの血流を滞らせることにもなるため、食い込みが発覚すれば、ブラジャーの買い替えを!

自分に合ったカップタイプのブラジャーに、脇・背中・お腹に移動したお肉を寄せてきちんとカップに収めることで、バストトップが高くなり、若々しくハリのあるバストへとバストメイクしてくれます。

試着は同じサイズ・異なるカップで!

ブラの選び方

試着の時に、自分の思い込みや今まで使っていたカップタイプのものを選び「これでよし」と思う方も多いのではないのでしょうか。試着の時にこそ、自分に合ったカップタイプを知るチャンスなのです!女性の体は年中変化していますしね!

まずは、3/4カップを先に試してみましょう。斜め下・下からの持ち上げ力を持つ3/4カップをベースにすることで、自分の胸に合ったものを発見しやすくなります。しっかりと、脇・お腹・背中のお肉も寄せてカップにインしましょう。このときに胸の膨らみにバストが食い込んでいたらフルカップを、綺麗に丸みがでないときには1/2カップを選ぶといいでしょう。また、パッド入りのものの方が持ち上げる力が強いので、パッド入りのものを選んだ方がいいと思います。

まとめ|美バスト維持にはカップのタイプも大切!

ブラカップ

サイズ同様、自分で自分に合うカップタイプを決めつけることは、自分の胸の老化を早めているかもしれません。自分のバストをキレイに魅せるのは、サイズはもちろん、カップのタイプを見極めることも重要になってきます。

それに、しっくりくるカップタイプを合わせたらバストサイズが実は大きかったと言う声もあるくらいです。

サイズとカップは密接にかかわりあっているので、サイズだけでなく、自分に合ったカップタイプを知り、バストをキレイに魅せるためのブラジャー選びをしませんか?自分のバストの形に合ったカップタイプのブラで、美バスト維持!

 

 

The following two tabs change content below.
rose

rose

食べることが大好きなローズです。常に何か食べています(笑)。胸に良い食べ物とか、飲み物とかはお任せください♬リサーチ済みです!でも最新情報もきちんと入手してみなさんの力になれる記事を書いていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です