この記事は約 6 19 秒で読めます♪


「な、なぜこんなところに毛が……⁈」
「乳首に毛が生えたことはもう甘んじて受け入れるが、彼氏にバレる前になんとか処理しておきたい。。」

こんな風に乳首や乳輪周辺の毛に悩んでしまうこと、ありませんか??
女性らしさの象徴でもある胸元に、毛なんぞが生えているなんてなんだかとても恥ずかしい気持ちになりますよね…😭😭

もちろん毛が生えるのには、れっきとした理由があります。
正しい方法でムダ毛処理をするためにも、まずは乳輪周辺に毛が生えてしまうその原因をチェックしておきませんか?

大丈夫、乳首から毛が生えることは決しておかしいことや病気のサインではなく、身体の仕組みとしてごく自然なことなのですよ。

ムダ毛のないツヤツヤな美バストをキープしたいのなら、この記事を参考にするべきですよ🌟

【乳首や乳輪に毛が生える最大の原因は、ホルモンバランスの乱れによるもの】

男性ホルモンが優位になることで体毛が増えたり濃くなる

乳輪や乳首周辺の気になる毛についてですが、ホルモンバランスの崩れが原因で生えてくるようです!
通常、体毛の成長には女性ホルモンと男性ホルモンの2種類が関わっているとされています。


(画像引用元:https://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/kounenki-scalpcare.html)

体毛が急に濃くなりだした時期を思い返してみると、確か思春期くらいだったなぁという女性が多いのではないでしょうか…?
実際に私もそうでした、友達にからかわれたくなくて必死に風呂場で剃って学校行ってたなぁ🙄

実際、思春期には女性ホルモンだけでなく男性ホルモンの分泌量も増加するために、それまでのうぶ毛が濃い体毛へと変化するのです!
そう、短期間でそのように急激に分泌量が増えたりホルモンバランスが崩れることや、男性ホルモンが優位になることで体毛が増えたり濃くなるというわけなんですね〜☝️

しかし、思春期の時期を過ぎてホルモンの量やバランスが一旦落ち着けば、毛というのはまた薄くなるものです。
乳首や乳輪周りの毛の量や濃さは、体内のホルモンバランスの影響を大きく受けるということが分かりましたね!

ですが、そのホルモンバランスが乱れやすくなる時期って、実は思春期だけではなかったんです👀

ホルモンバランスが崩れやすい時期ってどんなとき?


女性には、ホルモンバランスが大きく変化しやすい時期として下記のような時期があると言われています🔽

🔷思春期
思春期は、一生のうちでもホルモンの分泌が最も盛んな時期で、女性ホルモンに限らず成長ホルモンや男性ホルモンの分泌も多くなります。
そのため体毛も濃くなりやすく、脇やデリケートゾーンの毛も増えてきます。

そもそもホルモン分泌が盛んなために、ムダ毛処理をしてもすぐに次の毛が生えてきたりなど、かなり体毛が濃くなる時期であると言えます。
思春期を過ぎると、このホルモンバランスは一旦徐々に落ち着いていきます。

🔷妊娠・出産期
妊娠中は身体に脂肪を蓄えたり、母乳生成の準備のために胸がふくらんできたりなど、女性ホルモンの分泌が特に盛んになります。

女性ホルモンばかりが顕著に増加することから、ホルモンバランスの乱れが起こりやすい時期であると言えます。

また乳輪だけでなく、お腹周り・おへそ周りの産毛も濃くなっていくことがあります。
しかしこちらも一時的なもので、出産時期を終えると産毛が薄くなっていく場合もあります。

🔷更年期
女性の誰しもに訪れる更年期。
更年期は卵巣の機能が低下していくため、それに伴って女性ホルモンの分泌も低下していきます。

これによって男性ホルモンが優位となり、体毛が濃くなるケースがあるようです。
男性ホルモンはなかなか減少しにくいとされているため、女性ホルモンが減少するにつれて男性ホルモンの割合が多くなっていくようです。

女性ホルモンの分泌が減ると男性ホルモンのほうが優位になってしまうので、ホルモンバランスを崩さないように気を付けましょう。

しかし、これらの時期が過ぎてホルモンバランスが安定してくれば、再び毛も薄くなるので、辛抱強く待つようにしましょうね♪

乳首周りの毛がどうしても気になってしまう人は、後ほどご紹介していくのですが、いろんな脱毛法もありますが、特に妊娠中や授乳中の時期は肌も特別敏感になりがちなので、身体に刺激になるようなことは避けてその時期が過ぎるのをゆっくり待つようにしてください🚼

【ホルモンバランスの乱れを招く5つのNG生活習慣とは?】

上記で述べてきたように、ただ単に男性ホルモンが増えることだけが毛が生えやすくなる原因というわけではないんですよ〜。

ストレスや食生活などの日頃の生活習慣の中にも、ホルモンバランスを乱してしまう可能性が転がっていることがあるのです☝️
そこで下記では、ホルモンバランスの乱れを招く5つの身近なNG生活習慣をご紹介していきたいと思います。

心当たりがあるなぁと感じたなら、早速今日から見直してみませんか?😊

NG習慣①:ストレス💧


ストレスが溜まってしまうと、自律神経が乱れてしまいます。
すると、ストレスと戦おうとする他のホルモン(アドレナリンや成長ホルモンなどの類)の分泌が増え、その一方で女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうのです!!

つまり、ストレスが溜まることでホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位になり、毛が生える原因へとつながるのです。。

あなたなりのリフレッシュ方法や発散方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしたいですね💕

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️バストアップの大きな邪魔者ストレスは原因を解明してから改善しよう!

NG習慣②:乱れた食生活💧


男性ホルモンはなかなか減少しにくいため、その働きを活発化させないようにすることが重要になってくるですが、肉類には男性ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。

肉類の中でも、牛肉の赤身には特に要注意です⚠️
赤身が身体に良い役目を果たすのはもちろんですが、体毛に関してだけでなく健康的に過ごしたいのなら、ひとつの食品ばっかりを摂取するといったような偏った食生活にならないように気を付けましょう!

お魚・野菜・大豆製品・発酵食品なども加えて、栄養バランスの良い食生活を心がけるようにしましょうね🍴

NG習慣③:極端なダイエット💧


食事を極力抜くなどの、あまり健康的とは言えない極端なダイエットで脂肪を急激に落としてしまうと、これまた女性ホルモンの分泌が低下し、相対的に男性ホルモンが多い状態になってしまいます( ; ; )

「ダイエットで生理不順が起こってしまった…」という話をよく聞きますが、これも卵巣の機能が低下することからきているんです。
身体にも良くありませんので、無理なダイエットは避けるようにしましょうね😐

NG習慣④:睡眠不足💧


身体の基本は、眠っている間に作られると言われています。

睡眠不足だとホルモンバランスが崩れやすく、さらに太りやすくもなるという女性にとってはイタ〜いデメリットばかりなので、メリハリのある健康的なボディを目指すのであれば、毎日しっかり睡眠時間を確保するようにしましょう!!

身体にとって最も理想的な睡眠時間は、7時間〜7時間半程度。
夜の12時頃までに寝ることで眠りの質が上がると言われているので、早寝早起きを心がけるようにしましょうね🌛💤

NG習慣⑤:タバコ💧


タバコは、美乳作りやバストアップに欠かせない女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を抑制する働きがあり、卵巣機能も低下させると言われています。

すると相対的に男性ホルモンのほうが優位になり、体毛を濃くする原因になってしまいます…😓

喫煙は、多くの人が知っての通り健康にも美容にも良い影響は与えないので、もしあなたが現在タバコを吸っているというのなら、ぜひこの機会に禁煙を目指してみませんか⁇

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️タバコが胸に悪影響?あなたはこれでも禁煙しませんか?

【乳輪周りの厄介な毛を処理するには、自己処理とサロン施術の2パターンがある!!】

乳首や乳輪の周りの皮膚は、乾燥しやすくとってもデリケートな部分。
どんな処理法を選ぶにしろ、肌を傷めることのないように安全で優しい方法を選ぶようにしましょうね♪

乳輪の毛を処理するには、大きく分けて”自宅で処理する方法”と、”サロンやクリニックで処理する方法”の2つに分けられます🍀

パターン①:自分でできるムダ毛処理法について


自分で、しかも自宅にいながらお手軽に処理できるというのが自己処理でのメリットです😃
費用面での負担が少なく済むというのも嬉しいポイント。

ですが、カミソリでの毛の処理は、実はNGなのです🙅🙅

カミソリではなく電気シェーバーで剃る


カミソリで足や腕の毛を剃ったとき、赤く炎症を起こしてなんだかヒリヒリするといった経験はありませんか…?
身体の中でも特にデリケートな乳輪部分にこのカミソリを使用してしまうと、その症状をさらに悪化させて何らかの肌トラブルにつながってしまう可能性があります⚠️

その点、電気シェーバーはカミソリよりも刃が丸い作りになっているので、カミソリよりも皮膚を傷付けにくいために、自宅で乳輪の毛を剃る場合はカミソリよりも電気シェーバーを使用するようにしましょう🍀

とはいえ、繊細な乳首や乳輪部分の皮膚を傷付けないように注意して剃るという、基本の大前提は忘れないでくださいね。

また、電気シェーバーは眉毛用や顔のうぶ毛用としても使えるので、ひとつ持っておくと便利ですよ♪

毛抜きで抜く


乳輪の毛を毛抜きで抜くと一時的にはキレイになりますが、まれに毛穴の炎症につながってしまう恐れがあります。
乳輪の毛を毛抜きで抜き続けたために、こんな症状が起きるようになったとよく聞くのが「埋没毛」というもの🔽

💡「埋没毛」とは?

埋没毛とは、皮膚の中で毛が成長してしまっている状態の毛のことを言います。

毛抜きやカミソリでの毛の処理によって皮膚が傷付くことで、そのかさぶたや角質で毛穴がふさがれてしまうというもの!!
ふさがれることで毛が外に出てこれず、そのまま皮膚の中で成長してしまうんです🙀

埋没毛になると、黒いぶつぶつとなって見た目もキレイじゃなくなるので、注意が必要なんです…。。

乳輪の周辺の皮膚は他の身体の部分と比べても特に薄くて柔らかく、そのため傷付きやすいのが特徴です💧

2~3本しか生えていないのであれば、傷付けないように細心の注意を払って毛抜きで抜いても良いのですが、本数が多く生えている場合は残念ながら毛抜きはおすすめできません…( ; ; )

自然派のワックスを活用する


ビキニラインの脱毛など、多くの女性によく愛用されている“ブラジリアンワックス”
自然派のワックスは、主に砂糖を主原料として100%植物性で作られていますし、肌に張り付くことなく毛だけを取り去ることが可能な優れものなんですよ〜🌟

サロン等のレーザー脱毛とは違って、毛の具合が薄かろうが濃ゆかろうが、範囲が広かろうがピンポイントだろうが処理できて、さらに痛みも圧倒的に少ないんですよ💓

今まで毛抜き派だったという人や、毛のタイプが太くて頑丈という人も塗る度に徐々に薄くなるので、そういった人たちにもおすすめですよ!♬

パターン②:サロンや専門クリニックでできるムダ毛処理法について


乳首や乳輪周辺の皮膚はとてもデリケートな部分ですので、間違った処理法によって肌トラブルを引き起こしてしまう場合があります⚠️

なので、素人判断による肌トラブルを起こさないためにも、エステ・サロン・クリニック・専門美容外科などで専門のプロのお医者さんに診てもらうという手もあります☝️

専門の人に診断・施術してもらうことができるので、自己流よりかはその効果や安全面には期待できますよ◎

信頼できる医師を見極めることも大切


全身の他の部位でもそうですが、「毛」というものは何の意味もなく生えてくるわけではなく、大切な部分を保護してくれるという側面も持っているので、処理する場合はあなたの慎重な判断も必要になってくると思います。

特にサロンやクリニックでのレーザー治療などでは、火傷などの肌トラブルを引き起こす可能性もあります…😣

それを踏まえた上でも処理したいというのであれば、クリニックの選定や見極めの時点から慎重に行って、当然信頼できる医師に相談することがベストであると言えるでしょう🏥

【サロンでの脱毛の期間中、もしくは自分で毛を処理した後のアフターケアを忘れないで!】


どんな方法でも、脱毛した後の肌は乾燥しやすくダメージや刺激を受けやすいので、アフターケアとして保湿が必須になってきます☝️

もしあなたがどこかのサロンやクリニックに通っていて、そこがおすすめするような保湿クリーム軟膏があるのなら、それらを塗るのがより効果的ですね😄

サロンにも通ってなくてそのような商品を知らないのならば、普段顔や身体用に使っている保湿クリームや化粧水でも構わないので、必ず保湿を欠かさないようにしましょう!

顔や身体と同じように乳首にだって毎日の保湿を心掛けることで、周辺の肌が乾燥するのを避けるようにしましょうね(^ ^)

ここでひとつ注意点が!

サロンやクリニックによっては、施術当日は保湿クリームを塗ることが禁止されている場合もあるようです。

通っているサロンやクリニックの注意や指示に従って保湿を行うようにしましょうね♪

【まとめ|毛が生えるのは自然なこと、不安を感じる心配はないのですよ♡】


乳首や乳輪周りに生える毛で悩んでいる女性は、あなたが考えている以上に多くいらっしゃいます。
安心してください、履いていますよあなただけではないのですからね😌

それから、今回ご紹介したようにムダ毛の最大の原因は、ホルモンバランスの乱れによるものでしたよね。
また、乳首に毛が生える原因が何なのか?と見極めるからこそ、適切な処理法も見えてきます🍀

どの処理法にもメリット・デメリットが確かにありましたが、顔や他の全身のデリケートゾーンと同じように、乳輪周りにも丁寧なケアが不可欠になってきます。
また、生活習慣の見直しも忘れないようにしてくださいねっ!

ご自分の体質やその時々の状況に合った方法で、毛問題とお付き合いしていきましょう!♬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です