この記事は約 7 8 秒で読めます♪


あなたは、自信を持って”デコルテの紫外線対策がバッチリできている”と言えますか?

紫外線の特に強い夏場だと、意識して毎日懸命に日焼けに対するケアをしていても、紫外線がそんなに気にならない秋や冬の季節になると、それらのケアを怠りがちになってしまう人もきっと少なくないのではないでしょうか…⁇

また、顔については張り切って日焼け止めを塗っているけど、デコルテや首の部分は紫外線対策ノータッチという人は、特に要注意ですよ⚠️
紫外線は、季節関係なく実は1年中私たちの肌に大きなダメージを与えているものなんですよ!!

また、全身の中でも特にデコルテは、肌年齢が如実に出やすいパーツと言われており、紫外線の影響でシミやシワなどが増えていく可能性も😱😱

そこで今回は、そんなついつい対策を怠りがちなデコルテ部分を紫外線から守る対策ケア方法をご紹介したいと思います♪
この記事を読めば、憧れのデコルテ美人に確実に近づけますよ〜〜✨

【みんなはどうやってデコルテの紫外線対策をしてるの?リアルな口コミをまとめてみた💬】

本文に入っていく前に、世の女性たちがどんなデコルテ紫外線対策を行っているのか、リアルな声をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、参考にしてみるのもいいと思います!♬

【日焼け止め+α】

・ハイネックの服を着る
・ネックガードかストールで隠す
・襟開きの狭いトップス限定ですが、つばのある帽子をかぶる

いずれの場合も日焼け止めは塗っています。

UV対策としては、日焼け止めもしないよりいいですが
布で覆うのが一番効果があると感じます。

女アイコン

【ボディ用の日焼け止めを塗る】

顔にはノンケミの良い物を1年中使用してますが、それ以外の部分はドラックストアに売っている安い日焼け止めクリームを付けてます。

それでも、冬場より焼けますね。忘れる時もあるので。
顔は、朝と午後2回塗ります。

ボディの方もマメに塗ると焼けないと思いますが、顔より手抜きしがち。笑

女アイコン1

【デコルテの開いていない服を着るようにした】

ストールをしていましたが、暑くてしない時があります。

クリームを毎日塗っています。

カットソーは襟が白いのは避けます。
デコルテは見せたいのですが、最近日焼けが嫌で、あまり開いてない服を選ぶようになりました。

女アイコン

【フェイスカバーつけてます】

昨シーズンあたりから、ウォーキングしているときにつけている女性に遭遇するようになり、はじめはギョッとしていたのですが、だんだん気になるようになってきて、ついに今シーズンから自分も愛用しはじめました。

首やデコルテもしっかりとカバーしてくれます。

 変なオバサンと思われても平気です。

 誰に何と思われようと、紫外線はしっかりと防ぎます。

(※全ての口コミは、「読売オンライン・発言小町」http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0523/714342.htmより引用)

みんな、いろいろ工夫しているようですね〜🔍
このようなリアルな声をチェックしてみるだけでも、とっても参考になりますよね♪

ちなみに私のデコルテ紫外線対策としては、3番目の方の対策と似たような感じで、デコルテを露出していない服を着ることに気を付けています。
そもそも、直接紫外線をデコルテに当てないようにしたいんですよね、やっぱり☝️

女子の美への探究心に、ゴールってやっぱりないんだな……。

【私たちの大切なお肌の大敵、「紫外線」の正体を深掘りしてみた🔍】


「紫外線」ってよく聞くけど、なんとな〜くのふわっとした知識だけで終わっていませんか?

そこで今回はせっかくの機会なので、紫外線についての基本的な知識について一緒に学んでいきましょう〜!
私たちの肌に有害な紫外線は、紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)という2つのものがあります。

それぞれが肌に与える影響は異なっているようです🔽

●紫外線A波(UVA)…肌の深い部分まで届いて、肌の奥の方にあるハリや弾力に影響する真皮層の肌細胞を壊すため、乾燥・しわ・たるみの元の原因になる💧

●紫外線B波(UVB)…A波と違って肌の表面にダメージを与え、肌を守ろうとする働きからメラニンを生成させ、シミ・そばかすを増やす原因になる💧

紫外線によって受けたダメージは、あなたが思ってる以上に恐ろしい!


特に夏場の季節って、肌を出す露出が高めの服を着る機会が多くなりますよね。
顔よりも皮膚の薄いデコルテやバスト、首元の部分は、肌のバリア機能も低下しやすいと言われており、他の身体の部分と比べてもダメージを受けやすいパーツとされています。

紫外線自体は目に見えないものですが、紫外線によって肌に受けたダメージは実はとても大きく、肌の奥深くまで浸透しているんですよ。
コ、コワイよ〜〜👿

よく、日焼けの直後って赤くなってヒリヒリしたり、皮がむけたり、肌が黒くなったりしますよね?
その程度で済んでると思いがちですが、紫外線のダメージは、皮膚層の奥深くまで確かに蓄積されているんですよっっ!!!
そうやって壊された肌細胞が、時間が経つにつれて徐々にではありますが、確実にどんどん衰えていって、乾燥・シミ・シワ・そばかす・たるみ・くすみなどの原因に…😖

また、ダメージを受けたその肌を保護しようとして肌が厚くなり、ゴワゴワ・ザラザラとしたザラつきのある肌質になってしまうことも。。
まさに負の連鎖ですよね💧

お顔のケアは毎日徹底的にやるのにそれ以外の身体の部分のスキンケアは全くノータッチという人、実は少なくないのではないでしょうか⁇
その習慣こそ、なるべく早いうちに改善していかないと大変なことになりますよ❗️

毎日のお風呂上がりや毎朝のスキンケアや紫外線対策を丁寧に繰り返してきたお顔と、その一方で怠ってきたデコルテ周辺のケアの違いは、5年後10年後に立派な”肌老化”として確実に現れてくるので、本当に恐ろしいものなんですから……💀💀💀

【意外と見落としやすいデコルテは、紫外線が当たりやすい?】


目の付近の皮膚は薄くて柔らかく、かかとの皮膚は厚みがあって硬いというように、同じ身体の同じ皮膚でも部分ごとに水分量や角質の厚さに違いがあります。

これと関連して、実は、表面上はつながっていますが顔とデコルテでも肌質に大きな違いがあるんですよ!

保湿力や水分保持力は顔のほうが高いのに、デコルテのほうが皮膚がデリケートで薄い作りになっているんです。
さらに、デコルテやバスト周辺って、皮脂腺も少ないから乾燥しやすいんですって…😭

なので、顔よりも皮膚がデリケートなデコルテやバスト部分は、身体の中でも紫外線や衣類の摩擦による刺激を受けやすく、より入念にケアしなければいけない部分である、ということが言えるのです…。

夏場などの暑い時期は特に、肌に最も大きなダメージを与えるとされているこの紫外線。
もしあなたがデコルテの紫外線ケアを長年に渡って怠っていれば、蓄積されたその肌ダメージが、何年後かに突然目に見えて姿を現し始めることになるでしょう😈

そんな恐ろしい事態を防ぐためにも、毎日の日焼け対策が紫外線ケアの第一歩となってくるんです。

毎日の日焼け対策が重要になってくる!


デコルテやバスト、首元の皮膚は、実は顔よりもずっとデリケートなパーツ。
だ・か・ら・こ・そ‼️
とにかく日焼けをしないように、普段から気を付けておくことが重要になってくるんです☝️

すぐに思い付く日焼け対策と言えば、、、そう、日焼け止めを塗ることですね。
もちろんそれも重要ですが、他にもいろんな日焼け対策があるんですよ🌟

直接紫外線を浴びないために日傘をさしたり、ストールを巻いたり、肌の露出が少なくてかつ繊維の細かい服を着たり、そもそも紫外線の多い時間帯に出かけないなど…。
考えられるあらゆる工夫で、直接日光や紫外線を浴びないようにすることを心がけておきましょうね!♬

また、日焼け対策としては意外と思われるかもしれませんが、保湿ケアの習慣化をしっかり行うことも大切なんですよ🍀
常に潤いのある水分保持力の高い肌は、肌のバリア機能も高く、生命力のある強い肌へと導いてくれます。

外部から受ける様々なダメージから肌を守るには、元々のあなたの肌そのものを強くすることが欠かせないのです!!

これらと関連して下記からは、普段からできるデコルテの5つの紫外線対策をご紹介しています。
ぜひこれらを参考にして、誰にも負けない徹底的な紫外線対策を行ってみてはいかがでしょうか💓😊

【季節関係なくしてほしい!デコルテの紫外線対策6選!!】


「首元に年齢が出る」っていう言葉、聞いたことはありませんかー⁇
そう、悲しいけどその通りなんです…😓

首元からデコルテにかけては元々皮膚自体が薄く、紫外線の影響も受けやすいんです。
なので、全身の中でも特にデコルテは”老化が現れやすい部位”であるということが言えるでしょう。。。

デコルテで年齢を予想されるようなことにならないためにも、若い頃から日常的に意識して、お顔と同じようなケアをしてあげましょうね♪
早め早めの対策は、あなたの女子力を高めるだけでなく、5年後10年後のあなたの周囲にいる人の肌と大きな差をつけることだって出来るんですよっ😉

対策①:基本中の基本。毎日しっかり保湿ケアを行う!


紫外線対策は、1年中必要だとはっきり言えます。
しかしその大前提として、先ほども少し述べたようにまずは紫外線にも負けないような基本の肌づくりがとても大切になってくるんです!

紫外線のダメージを受けることで肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してさらにダメージを受けやすくなります。
少しでも紫外線の影響を防ぐためには、普段のお顔のお手入れと同じように、デコルテも水分補給・保湿ケアをたっぷりとしてあげることが重要です☝️

何ででしょうね、お顔のケアはお風呂上がりに毎日やるのに、それ以外の身体のケアってびっくりするくらい無頓着なのって。
きっと私だけじゃないはず…😑😑

デコルテの保湿ケアには、どんなアイテムを使えばいいの⁇


では具体的に、デコルテ部分の保湿ケアとしては、どんなアイテムを使ってどんなやり方で保湿していけばいいのでしょうか?👀

デコルテケアで使用する保湿アイテムとしては、簡単に言えばお顔と同じように行うと思ってもらってOKです👍
お顔に使ってる化粧水・乳液・美容液・クリームなどを使って、これまたお顔と同じようにお風呂上がり朝の洗顔後に、顔と同じようにケアしてあげると良いですよ◎

生まれつき敏感肌で肌のお手入れにはウルサイ私からアドバイスを。。。
①化粧水→②乳液or美容液→③クリーム→④オイルの順番でスキンケアを行うと、年中乾燥知らずのぷるぷるお肌になれますよ💓

また、なるべくお風呂から上がって10分以内にすぐ行うのがベストです♪😃

下記では、もともと敏感肌で肌の弱い私が、実際に使用してみた上で安心してあなたにおすすめ出来る美容液とオイルを、厳選してご紹介しちゃいますね!♬

●ミューフル エクストラエッセンス EGF 60㎖ ¥8,640/株式会社美幸コーポレーション

いま話題のEGFって聞いたことがありますか?

EGFとは”皮膚細胞を新しく再生させる因子”のことで、これを配合した美容液・化粧水・クリームなどの様々なEGF化粧品が、最近注目されて販売されています。
この商品も同じく、そのEGFを配合した美容液です💓

美肌実現のために不可欠と言われるヒアルロン酸とコラーゲンもしっかり配合しているので、乾燥知らずの潤い美肌を実現してくれますよ〜!♬

全ての原料が天然由来のもので合成物は一切使用していないので、肌に優しくどのような肌質の人でも安心して使える美容液です☺️

●大島椿 椿油100% 60㎖ ¥1,075/大島椿株式会社

これね、もともとヘアオイル商品なんです。
だけどこの椿油って、実は髪・顔・身体と全身に使えるマルチ多機能オイルなんです‼️

私ももちろん髪とスキンケアに活用させてもらってるんですが、これを使い出してから本当に乾燥と無縁になれましたし、何よりお値段がお手頃なところが一番気に入っているポイントです笑

厳しい基準をクリアした良質な原料のみを使用した100%椿油のこのオイルは、におい・ベタつきが全くなくて自然と髪や肌になじむテクスチャー♡
もちろん香料や保存料も一切使用していないので、安全性もバッチリです◎

クレンジングとして♪
オイルパックとして♪
角栓ケアとして♪

↑肌に使う用途だけでも、こんなに使い道があるんですよ😁

対策②:直射日光をたくさん浴びた直後は帰ってきたらまたすぐ保湿ケア!


日頃からどんなにガンバって紫外線対策をしていても、レジャーや海水浴などで長時間外にいて太陽の下で直接紫外線を浴びたのであれば、大きなダメージを受けてしまった可能性があるのは、当然すぐに予想がつきますよね…⁇

そのように屋外に長時間いた日は、帰宅後のデコルテスペシャルケアを欠かしてしまっては、女子失格ですっ🙅🙅

たっぷりと紫外線を浴びたであろう首元からデコルテにかけて、オイルやクリームなどを優しくマッサージしながら塗ってあげて、乾燥した肌に潤いを補給してあげてくださいね♪

紫外線を浴びた直後のアフターケアをしっかりしてあげることで、肌を元の状態に回復させることがポイントなのです。

対策③:1年中日焼け止めを塗る!


1年中露出されている顔・首元・鎖骨・デコルテ・肩は、必ず日焼け止めを塗るクセをつけるようにしてください!!
あ、あと意外と見落としがちな耳もちゃんと塗ってあげましょうね👂

ここで私の提案としてひとつ。
朝の恒例行事として、”コーディネートを決めたあと、肌が露出している部分をチェックしてその箇所に日焼け止めを重点的に塗る”ということを習慣付けてはいかがでしょうか⁇
これなら、毎日欠かさずに日焼け止め対策ができますよね♪

それから、紫外線が特に強いと言われている春・夏以外の季節でも、微弱ながらも紫外線というのは1年中降り注いでいるものです。
特に、冬は汗をかかないからと油断して、夏場のように日焼け止めの塗り直しを怠りがち💦
秋でも冬でも身体は汗をかいてるのですから、必要に応じて日焼け止めの塗り直しを心がけるようにして、紫外線からあなたの大切な肌を守ってあげましょう❗️

また、これも意外とみんな盲点らしいのですが、外だけではなくもちろん室内にも窓からの紫外線が当たっているという事実もお忘れなく。
なので、なるべく高いUV加工がされてある遮光カーテンを使うと良いでしょう🌟

ちなみに私は、生まれつき敏感肌で肌が弱いのでほとんどお化粧ができないのですが、その代わり日焼け止めを毎日塗るということを学生の頃から徹底していました。
そのおかげなのかアラサーにさしかかった今でも、「あなたのお肌、美白でキレイだね」とよく言ってもらえるんです🤗

紫外線というヤツはほんとに、長い期間での対策の継続が必要なほど、油断できないものなのですよ⚠️

対策④:スカーフなどの巻き物でデコルテを覆う!


ファッションアイテムや体型カバーアイテムのひとつとしても重宝されている、スカーフマフラーといった巻き物。
このスカーフやマフラーなどで、デコルテを多い隠すのも、紫外線対策としての効果は大きいのですよ☝️

夏場は暑苦しかったり息苦しくなければ巻いて、冬場はマフラーを巻いて極力外出するように心がけると、直接デコルテに紫外線が当たることを防ぐことができます◎
しかし、スカーフやマフラーなどの巻き物が紫外線を完全にシャットアウトできるわけでは当然ないので、あくまでも日焼け止めを塗るのは必須です!!

UVカットの加工がされたスカーフやマフラーも多数販売されているので、活用してみるのもひとつの手だと思いますよ♪😉

対策⑤:規則正しい生活習慣を心がける!


生活習慣は、紫外線にとってだけではなく、良くも悪くもあなたの暮らしの全てにおいて非常に大きな影響を与えます。

生活習慣の中でも、特に睡眠は健康的な身体をつくるための大きなポイント🌛💤
人生の3分の1は睡眠時間なのですから、私たちの健康に左右しないわけがないですよね⁇
睡眠中は、肌のターンオーバー(新陳代謝の生まれ変わり)が最も活発に行われる時間。
日中に紫外線のダメージを受けた肌を修復するためにも、しっかりと質の良い睡眠をとるように心がけましょう!

また、早寝早起きを心がける、適度に運動をする、タバコアルコールの過剰摂取に気を付けるなどの基本的な習慣も忘れないようにしましょう🌟

対策⑥:栄養バランスが大事。肌を若返らせる効果のある食事をとろう!


それから、もちろん栄養バランスの取れた規則正しい食生活も必要不可欠。

紫外線のダメージを受けてしまったら、肌のターンオーバーの活性化に有効と言われるたんぱく質や亜鉛、ビタミンC、”若返りのビタミン”とも呼ばれるビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれる食事を積極的に摂取して、体内から肌の回復力を高めるのも効果的ですよ♪

下記では、肌のターンオーバーの活性化に効果が期待できるたんぱく質・亜鉛・ビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれる食品をご紹介しています。

ぜひご参考にしてみてはいかがでしょうか✨

【肌のターンオーバーの活性化に効果的な食品🍴】

▪︎たんぱく質(皮膚のもととなってくれる♪)
…肉類(牛・)、魚貝類(魚・小魚・貝・ねり製品)、卵、乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)、大豆製品(味噌納豆豆乳)など

▪︎亜鉛(代謝促進・美肌効果・抗酸化作用に効果的♪)
…肉類(牛・)、魚介類(カキ・ほたて・しじみ・うなぎ)、大豆製品(味噌納豆・高野豆腐)など

▪︎ビタミンC(抗酸化作用・美白効果に効果的♪)
…柑橘系の果物、イチゴ、レモン、ブロッコリー、パプリカ、ピーマン、緑茶など

▪︎ビタミンE(抗酸化作用・血行促進に効果的♪)
…小松菜、アボカドナッツ類、魚介類など

【毎日のお風呂タイムにぜひ!入浴中の仏流デコルテオイルマッサージで美肌効果💓】


憧れの街・パリ🇫🇷
ファッションや街並み、食文化や芸術にいたるまで何から何までオシャレで、憧れている人も少なくないのでは⁇

ちょっとした豆知識なんですが、そんなパリを首都に持つフランスの人たちは、なんとオイルを塗ったままお風呂に入るそうなんです!
だから乾燥肌とは無縁らしいんですって、うらやましい…😳

あともうひとつフランスがらみの豆知識を。
”デコルテ”という言葉は、実は”décolleté”というフランス語が語源になったらしいですよ!

そこで今回はそんなフランス流儀を拝借することにしまして、デコルテにオイルを塗ったまま湯船に浸かってマッサージする方法を伝授したいと思います。
ぜひ一緒に美肌効果を高めていきましょう、マダム・ボンソワール♪

【デコルテオイル入浴のマッサージ方法⭐️】

1.鎖骨周辺のリンパを流してスッキリ♪
デコルテにオイルを塗ってバスタブに浸かります。
人差し指と中指で鎖骨を挟んで、内側と外側へ5回ずつリンパを流していきましょう。
イタ気持ちいいと感じるぐらいの、やや強めの圧をかけながら老廃物を移動させるイメージで行うとGOOD◎

2.鎖骨の下側をグーこぶしでマッサージ♪
こぶしを握り、指の第二関節を鎖骨の下側に当てて、内側から外側に向かって5回流しましょう。
心地良さを感じる程度の圧をかけて行うとよりGOOD◎

3.耳の裏側から鎖骨まで流す♪
人差し指・中指・薬指の3本の指で、耳の裏側から鎖骨にかけて心地良さを感じる程度の圧をかけながら5回流しましょう。
この一連の流れで首やデコルテ付近がポカポカと感じてきたなら、ちゃんとリンパが流れている証拠です◎

デコルテのためのおすすめオイルはこちら♪

下記では、私がおすすめするオイルをご紹介しています。
どちらもオーガニックタイプのものなので、肌に優しく馴染みますよ💓

どちらもオイルを大さじ1杯ほど手に取って、手のぬくもりでオイルを温めながら優しく撫でるようにマッサージするようにしましょう!♬

●ヴェレダ ざくろオイル 100㎖ ¥4860/ヴェレダ社

フルーティな香りの独自のブレンドで、上質な肌へと導く全身用トリートメントオイルのざくろタイプは、エイジングケアにベスト◎
保湿成分であるざくろ種子オイルと、厳選された植物オイルエキスで集中的に肌に潤いとハリを与えます。
年齢が出やすいデコルテ・バスト部分も、潤いハリツヤ肌に導いてくれますよ♪

●マルティナ(Martina) ハッピーエイジデコルテオイル 100㎖ ¥5400/株式会社おもちゃ箱

バストアップに欠かせない女性ホルモンのエストロゲンや、美肌を作り出すクエン酸などがたっぷり含まれています。
ハリツヤのある胸元を叶えてくれるオーガニックオイルです♪

【もしうっかり日焼けした場合は…?日焼け後のデコルテのための最適アフターケアはこちら🍀】


レジャーイベントや海水浴に出かける機会の多い夏場☀️
先ほどご紹介したような日焼け対策をちゃんと行ったとしても、毎日の記録的な暑さではなかなか万全にはいかず、うっかり日焼けしてしまうことだってありますよね…。

そのように日焼けしたばかりの肌は刺激に弱く、水分のキープ力も低下しており、実はとても乾燥している状態🙄
だからと言って、水分を多く補給しようとしてやみくもにバシャバシャと化粧水を付けるのは、残念ながら効果的な方法とは言えません🙅

そこで今回は「うっかりやっちまいました…」という、うっかり日焼け八兵衛さんのために、日焼け後のデコルテの正しいアフターケアをお教えしたいと思います!
赤みやかぶれなどの肌トラブルにつながらないようにするためにも、要チェックですよ🔍

【日焼け後のデコルテの最適アフターケア方法⭐️】

1.化粧水(低刺激などの肌に優しいタイプのもの!)を冷蔵庫で冷やしておきます。
→肌をクールダウンさせる役割を果たします♪

2.冷やしておいたその化粧水をデコルテに塗って、しっかりと保湿させて肌の水分補給を行いましょう。
→炎症を抑えて、肌を保湿する役割を果たします♪

3.電子レンジなどで温めたホットタオルで肌を蒸らして、皮膚を柔らかくしてあげることで化粧水の浸透力をより高めましょう。
→日焼け後の肌は、肌質が硬くなっていて肌の内部から乾燥している状態なので、保湿力をより効果的に高める役割を果たします♪

4.肌のターンオーバーを促す働きやメラニンの生成を抑える効果のある美白用のスキンケア商品で、こまめに美白ケアを行いましょう。
→肌に栄養を補給してあげて、黒ずみの元にもなるメラニンの発生を抑えることで、その後の肌トラブルを軽減する役割を果たします♪

【まとめ|毎日の丁寧なお手入れを欠かさずに、季節関係なく美しいデコルテをキープしよう♪】


美肌・美バスト・美デコルテを手に入れたい女性にとって、どんな季節でも紫外線は大敵
そうだと分かってはいても、めんどくさくてついつい怠ってしまうのが、デコルテ部分のケアではないでしょうか…⁇

今回のことを踏まえて、顔だけではなく、今回ご紹介したようなデコルテの紫外線対策保湿ケアもぬかりなく行って、水分たっぷりのハリツヤのあるいつまでも若々しい胸元を手に入れてみてはいかがでしょうか?♡

私も今回の記事を書く上で、今までのデコルテ紫外線ケアの無頓着ぶりに、自分のデコルテに対して申し訳なく思い始めてきました…(;_;)
この反省をムダにすることなく、保湿ケアや日焼け対策、また時間のある休日にはゆっくり湯船に浸かって丁寧にオイルマッサージをしてあげたいと思います😌

特に私は、必要だと分かっているのに日焼け止めの塗り直しをすることをいつも忘れてしまうクセがあるので、気を付けてこまめに塗り直すことから始めたいと思います。
そうです、何事も一歩一歩少しずつ始めていかないとなかなか続けづらいですから…笑

ついつい見落としがちなデコルテの紫外線対策。

多くの人にとっても手を抜きやすい部分ということが分かったからこそ、周りの女性と女子力の差をつけるためにも、毎日のしっかりの保湿ケアと紫外線対策を継続してガンバっていれば、憧れのデコルテ美人になれる日もそう遠くはないでしょう😍❤️

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です