この記事は約 6 29 秒で読めます♪


人は誰しも、自分自身にコンプレックスを感じているもの。
その中でも、女性は特に身体についてのお悩みを多く抱えているのではないでしょうか??

体型や肌荒れなど様々な悩みがある中で、バストにまつわる悩みとして常に上位に挙げられるのが、”離れ乳”問題です☝️
この離れ乳は、たとえバストサイズがそれなりにあったとしても、その離れた見た目が貧相に見えたり、場合によっては胸を小さく見せてしまうことも…💧

だる〜んと垂れた下垂バストも嫌ですが、左右に離れたこの離れ乳も女性を悩ませる代表的なダメおっぱいの1種ですよね( ; ; )

そんな残念な離れ乳を解消するには、まずはその原因から知ることが重要なんです。

そこで今回は離れ乳を招く原因にはどんなものがあるのか、またそもそも具体的にどのような状態のことを離れ乳と言うのか、身近にできる改善方法と合わせて詳しくご紹介していきたいと思います!

あなたも思い当たる原因がないかチェックしてみて、それと合わせて対策も実践することで、誰もが羨むキレイな形の美バストを目指してみてみませんか♪😉

【離れ乳ってどんな状態のことを言うの?】


美バストになるために毎日努力をしているであろうあなたにまず押さえておいてほしいのが、”離れ乳”とはどんな状態の胸を指すのかということ☝️

もしかしたら、自分が離れ乳だと気づいていない女性もなかにはいらっしゃるかもしれませんしね!
左右両方の胸が具体的にどのくらい離れると離れ乳になるのか、そしてその状態を詳しく自分の胸に当てはめてチェックしてみましょう🔍

バストって、その大きさよりも形が大切と言われるくらい、バストの形で印象も見た目も大きく変わってくるもの。
そんなバストの形には、実は美しく見える法則があったのです👀

離れ乳の基準ってある?


一般的に”美しいバスト”とは、上記のイラストのように両方のバストトップと鎖骨の真ん中を線で結んだ際に、正三角形となっている状態のことを言います。

もしこのイラストの位置よりもバストが垂れ下がっていたり左右の胸が離れていると、三角形の上部分が伸びて縦長の二等辺三角形になって美しい正三角形にはなりませんよね…( ; ; )

なので、ブラジャーをしたときにこの理想の三角形になっているかをチェックしてみましょう!!
左右や外に流れてしまっているバストの脂肪を、カップ内の正しい位置に収めてあげるようにしてくださいね☺️

【あなたの胸を離れ乳へと招いてしまうのは、日常での習慣の6つのこんな原因があった!】


離れ乳になってしまう原因には、主に日頃の生活習慣の中での6つの要因が考えられると言われています☝️

そこで下記からは、具体的にどのような行動が離れ乳の原因となるのか、その習慣たちを探っていくことにしましょう🔍
当てはまる項目がある人は、今後気を付けてみてくださいね!♬

そこまで意識していなくてもあなたが普段行っているその習慣が、実は離れ乳の原因になっているかもしれませんよ…?🙄

原因①:そもそもブラのサイズが合ってない💧


ほぼ全ての女性が、毎日当たり前のようにお世話になるブラジャー。
実はこのブラジャー、脂肪が柔らかいがゆえに型崩れしやすい胸の形を支えるための、大変重要な役割を担っているんですよ〜!

ですが、自分のサイズにピッタリのブラを着けている人は、全体のたった約10%と言われているほど少ないのだとか…🙀🙀
サイズがしっかりフィットしていないブラは、バストにはかえって悪影響を及ぼしてしまいます。

ブラのサイズが合っていないと、バストの脂肪の重みや揺れの影響を、もろにダイレクトに受けてしまいます💧

決して激しい運動だけに限らず、階段の昇り降りや小走りなどのちょっとした動きでもバストは揺れてしまいます。
あなたが思っている以上に、日常生活の中でバストが揺れるシーンって結構あるのですよ⁇

またサイズが小さめのきつめのブラは、胸が圧迫されることで老廃物が溜まりやすくなりバストは成長しませんし、逆にサイズが大きめのブカブカのブラだと、バストの脂肪がカップ内であちこちに流れて型崩れを起こしやすくなるといった悪影響も…😰

原因②:間違ったブラの着け方をしてしまっている💧


あなたは、毎日正しいブラの付け方をしていると胸を張って言えますか?

間違ったブラの付け方をずっとしていると、カップ内にうまく脂肪を収納することができずに、かえって型崩れを起こす原因になってしまうこともあるのですよ⁇

化粧直しと同じように、ブラ直しだってこまめにしてあげよう!

どんなに正しくブラを付けたとしても、朝〜夜にかけて日中動いているうちに胸の脂肪たちはカップ内からあちこちに流れてしまっているもの。

なので、トイレに行くタイミングで構わないので、こまめにカップ内に脂肪を収納しなおしてあげましょう!
お化粧直しをする時間があるのなら、同時にブラ直しだってしてあげなくっちゃ女子力高めとは言えませんよ♪😉

原因③:姿勢が悪い💧


姿勢が悪いと血行が悪くなって、美バストに必要不可欠な栄養や女性ホルモンが行き届かなくなります。

また猫背巻き肩、最近話題のスマホ首なども胸を支える大胸筋が衰える原因にもなってしまいます!!

特に常に前のめりの状態の上記のような姿勢は、バストトップの位置自体が下向きになってしまうので、どんどん美バストから遠ざかっていってしまいますよ…?😳

原因④:大胸筋などの筋肉や皮膚が衰えている💧


どんなに胸の形や肌がキレイな美バストの女性でも、20代の若い頃と40代50代になった胸は、その形や皮膚状態って違うはずですよね?

これは、加齢によって胸を支える筋肉が衰えてしまったからなんです。

胸の構成要素自体としては、ほぼほぼ脂肪と乳腺の集まりなのですが、この胸を支えているのが大胸筋や小胸筋といった胸周りの筋肉💪
スポーツ選手だってそうですよね、筋肉は常に鍛えていないと徐々に衰えていってしまうものなんですよ。。

だから胸周りの筋肉が衰えることで、胸が背筋などの他の筋肉にひっぱられて離れ乳や垂れ乳という残念な結果へとなってしまうのです…😢

原因⑤:クーパー靭帯が伸びてしまっている💧


乳腺と脂肪をつなぐコラーゲン繊維のクーパー靭帯が伸びてしまうことも、垂れ乳や離れ乳の原因となります。

運動などの激しい動きや長時間ノーブラでいることなどの影響で、このクーパー靭帯は伸びたり切れやすくなってしまうのです💧

しかも!
そのように一度伸びたり切れてしまったクーパー靭帯は二度と再生できないため、日頃からなるべく守ってあげる必要があるんですよ!!

クーパー靭帯が切れてしまうと乳腺と脂肪のつながりがなくなってしまうので、重力に簡単に負けてしまって、結果たるんだブサイクバストに…😭😭

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️自然修復出来ないの?クーパー靭帯を守ってハリバストの維持を

原因⑥:楽だからと日中ノーブラで過ごしている💧

  • 休日はもっぱら日中ノーブラで過ごす
  • 家に帰ったらソッコーでホックを外す
  • その日の夜にお風呂上がってから翌日朝起きて出かけるまではずっとノーブラ

↑上記に当てはまるような、こんな女性は特に要注意です⚠️

たとえ家でゴロゴロしているだけと言えど、胸には常に重力がかかっている状態です。
長時間胸が固定されていないノーブラの状態って、クーパー靭帯が伸びやすくなることで胸の下垂やたるみを引き起こす原因にもなってしまいますよ😢

そんな残念な事態にならないためにも、ノーブラでいる時間をできるだけ短くするようにしましょう!!

一日中家にいるときのルームブラの代用として、補正効果にも期待できるようなワイヤレスブラがおすすめですよ💓

【あの頃の美バストを取り戻せ!すでに離れてしまったおっぱいにも使える離れ乳改善法4選♪】


それでは、離れ乳を改善する方法としては具体的にどのような方法が効果的なのでしょうか⁇

もともと離れ気味の胸の人もいますが、離れ乳の原因のほとんどが生活習慣加齢出産の影響によるもの。
日頃から間違ったブラジャーの着け方をしていたり姿勢が悪いことで、離れ乳の原因になってしまうんですよ😳

そんな残念おっぱいの離れ乳を改善するために効果的な4つの改善法を、下記でご紹介していきたいと思います!すでに垂れてしまったおっぱいにも有効なので、遅すぎる対策では決してありませんよ♪

改善法①:あなたに合った正しいサイズのブラを着ける


離れ乳を改善する最も手っ取り早い方法は、なんといってもやはりあなたの胸のサイズにしっかり合ったブラを着けることです。
ブラが合っていないことで、離れ乳や垂れ乳を招くだけでなく、バストアップどころか胸が小さくなってしまうこともあるんですよ!😱

女性のバストは加齢や出産の影響によって胸の形が変わるとともに、バストの上部の脂肪が徐々にそげていきます。
そうすると胸の位置がどうしても下がりやすくなるために、ブラジャーでしっかりと胸を支えてあげることが大切になってくるのです☝️

では具体的に、正しいサイズのブラの選び方ってどのような点に気を付ければいいのでしょうか?

下記ではブラの正しい選び方をご紹介しています。
ぜひ、試着するときのご参考にしてみてくださいね!♬

⭐️あなたのサイズに合ったブラの選び方のポイント⭐️

✅アンダーサイズがぴったりのものを選ぶ!
✅胸を張ったり息を吸ったときに、息苦しくなかったりきつくないものを選ぶ!
✅2つ気に入ったものがあってどっちのサイズが良いか分からなかったら、大きいほうを選ぶ!
✅買ったときにカップが少し浮いていても、のちのちジャストサイズになればOK!
✅ストラップは、細いものよりも太めで、胸の重量をしっかりと支えることができるものを選ぶ!
✅胸が成長したときのために、段や列を細かく調整することができるタイプのホックのものを選ぶ!

簡単にいうと、”胸がカップ内にキレイに収まっているかどうか”をチェックしてみましょう!

ウォーキングなどの軽い運動にも対応できてるかどうか、またそのようなちょっとした動きでもブラがズレてしまっているのなら、そのブラは胸を支えることができていないということです。

あなたがお手持ちのブラでもし普段ズレやすいものがあるのなら、それはもう買い替えどきのサインなのかもしれません😳

改善法②:運動時→スポブラ、就寝時→ナイトブラなどのTPOに合わせてブラを着ける


運動時は身体全身が動いて大きく揺れるために、バストを支えるクーパー靭帯に常に大きな負荷がかかっています。

クーパー靱帯ってとても繊細なので、ウォーキング・ヨガ・サイクリングなどの比較的軽い運動のようなものでも身体を動かすときには運動量の激しさに関わらず、専用のスポーツブラを着けるようにしましょう!

そうそう、スポーツブラは通常のブラジャーに比べてバストの揺れを抑えてしっかり支えてくれる作りになっているので、離れ乳だけでなく垂れ乳の対策にも最適なんですよ♪😉

また、就寝時にはバストを優しく包んでくれるナイトブラを着けることを心がけましょう!

「寝てるときまでブラなんて…( ; ; )」と思うかもしれませんが、最近ではノンワイヤータイプの快適なナイトブラがたくさん販売されているので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか💓

改善法③:姿勢に気をつける


離れ乳を改善する方法は、普段から姿勢を良くすることも大切になってきます!

姿勢が悪いと胸周辺のリンパや血行が悪くなって、美乳やバストアップのために必要な栄養素や女性ホルモンが行き届かなくなります💧
特に常に前のめり気味になる猫背は、胸を支える大胸筋が衰える原因にもなってしまいます!

姿勢が悪いというだけで、胸が左右に流れやすくなったりバストトップの位置自体も下向きに下がってしまうので、あなたが目指している美バストからはどんどん遠ざかっていくんですよ…🙄
普段から血の巡りを良くしようという意識を持って姿勢を改善することで、着実に胸を育てていきましょう♪

⭐️日常生活の中で取り入れられるおすすめの姿勢改善法⭐️

✅立っているときも座っているときも、常に1本の糸で吊るされた状態を意識する
✅歩くときは腰から歩くように意識する
✅デスクワーク中は、座骨(ざこつ)をしっかり椅子につけて座るようにする
✅座っているときに脚を組まないようにする
✅スマホを操作するときは画面を目の高さまで持ってくるようにして、背筋を伸ばした状態をキープするようにする
✅寝るときの姿勢は、背筋がまっすぐになりやすい仰向けで寝るように意識する
✅軽いストレッチなどを活用して、肩甲骨を意識して動かすようにする

改善法④:胸を寄せられるマッサージを行う


バストマッサージは離れ乳の改善だけでなく、あなたのバストをキレイにするためにとっても良い手段なのですよ🌟

そこで今回は、離れ乳というお悩みならではの”胸を寄せる”効果のあるマッサージ方法をご紹介しますねっ♪入浴中やお風呂上がりに毎日続けることで、血行が良くなってより栄養が届きやすくなりますよ〜。

ただしバストマッサージを行うときは、バスト周りを優しく撫でるようにして必ず強くこすり過ぎないように行いましょう!
滞ったリンパを流すイメージで、脇からバストの中心に向かってゆっくりとマッサージをしていきます。

💡胸寄せ効果のあるバストマッサージの方法💡

①左手で左胸の下を支える。
②右手で脇から胸を寄せるように脂肪を集めていく。
③あまり力を入れずにスーっと撫でる程度でOK!
④反対も同様に行う。

また、クリームを用いてバストマッサージすることでより高いバストアップ効果を得られますよ◎
日々の習慣的なケアで、憧れのバストを手に入れちゃいましょう😍❤️

【まとめ|美バストになるには、離れ乳はNGです❌身近にできる改善法から始めてみましょう♪】


今回は、数あるバストのお悩みでも上位に食い込む”離れ乳”の原因やそのお手軽な改善法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

確かに妊娠・授乳などの影響も避けられませんが、離れ乳になる大半の原因は、普段私たちが日常生活を送るうえで何気なく取っている行動やクセによって引き起こされているということが分かりましたね。

そしてそれらの行動や習慣をほんの少し変えるだけで簡単に改善できることも、お分かりいただけたのではないでしょうか?😃

いくらバストのサイズが大きくてふっくらとしていても、下垂気味の胸や今回ご紹介したような離れ乳だと、最悪コンプレックスにも発展していってしまいますよね…💧

あなたにとって理想的な美しいバストを手に入れるためにも、日頃からバストを丁寧に扱ってあげるようなバストケアや習慣を欠かさないことが大切なんです💕

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です