この記事は約 2 17 秒で読めます♪

左右差のある胸 イメージ

授乳後に起こる“しぼみ”や“左右差”のバストの変化。女性として、見た目的にもとても心配になりますよね。でも実は、前もって工夫をする事でこれらのバストトラブルを回避することは可能なんです。そこで今回は、授乳後のバスト変化が起こる理由とその対策について詳しく調べてみました。

胸の大きさに変化が現れる!その理由とは?

女性の胸は、妊娠または授乳期に乳腺組織が発達し、大きくなります。 「妊娠すると胸が大きくなる!」という言葉の理由がそれに当てはまります。

しかし残念ながら授乳が終わると同時に、バストアップの元となった乳腺は、徐々に萎縮が起こります。その結果、サイズの変化や胸のしぼみが引き起こされ妊娠・授乳期に比べ、小さくなってしまうというわけです。

しぼむだけじゃない…垂れてしまう可能性も

クーパー靭帯を知っていますか?クーパー靭帯は、胸全体に張り巡らされているもので乳腺、大胸筋、皮膚と繋がり、胸の形の維持する役割を持っています。 その為、乳腺組織の衰えはクーパー靭帯の効果を落とし、胸の垂れる原因となります。

また、一度切れてしまったり、伸びきってしまったクーパー靭帯は修復する事が不可能といわれており、垂れるのを防止する為には、それらが起こる前にクーパー靭帯を強化する必要があります。

授乳後でも美しいバストを保つ為に必要な事3選

妊娠、出産、そして授乳と、女性としての働きを終えた体は、徐々に女性ホルモンが低下し、元の姿に戻ろうとします。しかし、完璧な元の姿に戻るケースは少なく、ほとんどの場合がバストに変化が起き、その状態から改善するのは相当な努力をしなければなりません。

バスト維持、そして授乳後のバストトラブルを回避するには、妊娠あるいは出産“前”のトレーニングが大変効果的だといわれています。どのようなものがあるかみていきましょう。

1.バストマッサージを行う

バストマッサージバストマッサージは、血行やリンパの流れを良くし、バストアップが期待できるだけでなくツボを刺激する事で女性ホルモンの分泌を促し、その結果乳腺組織の働きを良くしてくれます。

お風呂でしっかりと体を温めた後、クリームやジェルを使い、腕の付け根から鎖骨の下をとおるように谷間に向かってゆっくり4本の指を使って動かします。小さな円を描くイメージで優しく行いましょう。また、胸の下から脇の下に向かってバストを持ち上げる動作も効果的です。(こちらを参考に♡優しいマッサージで胸は大きくなる!私のマッサージメソッド公開!

2.エクササイズ・筋肉トレーニングを行う

水泳エクササイズと筋肉トレーニングの違いを知っていますか?エクササイズとは一般的な運動のことを指し、集中的に筋肉の強化を目的とするものを筋肉トレーニングといいます。

バストアップまたはバスト維持に効果的と言われる運動には、水泳が有名です。水に浮き体を横にする事で胸にかかる重力の負担を最小限に抑えられ、クロールによる腕の動きは、胸を支える大胸筋を鍛えられるのでその結果、内側にあるクーパー靭帯が守られます。

集中的に筋肉を強化する筋肉トレーニングでは、肘を肩の高さまで上げ、外側に広げていき平行になった位置でキープするという動作が大変効果的です。大胸筋が鍛えられるだけでなく二の腕のたるみ防止にもなりますよ。

3.食事に気をつける

和食女性ホルモンの分泌を促す食事を普段から摂る事で乳腺組織の働きが良くなり、クーパー靭帯も壊れにくくなります。効果のある成分を以下にまとめてみました。

①イソフラボン(豆腐・納豆・豆乳などの豆類に豊富)

女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た性質で、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる様々なトラブルの防止に役立ちます。

②エクオール

イソフラボンの効果は、このエクオールの存在により発揮されます。しかし、イソフラボンを摂取してもエクオールが体内で生成されない体質の方も多いので、サプリメントでの摂取が有効といわれています。

③ビタミン類(マグロ・レバー・ナッツ類・バナナ・カボチャなど)

多くのビタミンの中でも特に、ビタミンB6とビタミンEは、女性ホルモンの代謝や分泌に大きく関係しています。バランスの崩れは生理不順や妊娠中のつわりの原因にもなりますので、積極的に摂るよう心がけましょう。

注意!“やり過ぎ”による危険性

バストマッサージやエクササイズ、筋肉トレーニング、そして食事と、美しいバストの維持とバストトラブルの防止には、様々なやり方があるという事を知っていただけたかと思います。しかし、焦る気持ちで行うと力が入りすぎたり、過剰な筋肉の刺激が起こりその結果、効果の半減もしくは逆効果となってしまう危険性もあります。また、普段の食事に関してもイソフラボンがバストにとっていいからといって、過剰に摂取してしまうとPMS(月経前症候群)や生理不順を悪化させる恐れもあります。

正しいやり方、摂取方法を把握することは効果をより実感できるだけでなく、体を守る役目もあります。十分注意して美しいバストを手に入れるよう心がけましょう。

まとめ|事前の対策で授乳後バストも美しく!

母と子ども

いかがでしょうか?授乳後のバストトラブルを回避するには、前もっての対策が必要不可欠です。日々のマッサージやトレーニング、そして食事で、授乳後が怖くない自信あるバストを手に入れましょう。続ける事で授乳後のアナタの魅力に大きな差がうまれますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です