この記事は約 2 41 秒で読めます♪

陥没乳頭 陥没乳首 悩み

実は女性の約10人に1人は悩んでいるという「陥没乳頭(乳首)」。それだけ悩んでいる女性が多いということなのです。

異常なのでは?と不安に思っている人も多いはず。そんな方の参考になればと調べてみました。不安の解消のお手伝いになると嬉しいです。

陥没乳頭とは?

通常、隆起し外側に出ている乳頭(乳首)が内側に入ってしまっている状態です。実は男性にも起こりうる症状なんですよ。

なぜ起こるのか

なぜ、陥没乳頭(乳首)という症状があるのでしょうか?まずは生まれつきの人。原因は判明していないのですが、乳腺や乳管の未発達から生まれつき乳頭(乳首)が陥没しているようです。また後天的なものとして、成長期に乳腺と乳管の発育のアンバランスさから起こることもあるのです。バストの成長に乳管の成長が追い付かずに、乳管の長さが短くなり、先端にある乳首を内側に引き込んでしまうのです。

仮性と真性

仮性は刺激を与えると乳頭(乳首)が出てきますが、真性の場合は刺激を与えても出てきません。仮性でも真性でも悩んでいる女性は多く、悩みの上位にあるのです。女性の約10人に1人ということは、約10パーセントの人が悩んでいるのです。しかも、10代なら5人に1人は「陥没乳頭(乳首)」とも言われています。悩んでいる人は数多くいて、あなた一人ではないので安心してくださいね。

陥没乳頭(乳首)の弱点

陥没乳頭 陥没乳首 授乳

安心してくださいね、とはいえ、何事も弱点はあります。

汚れが溜まりやすい

陥没乳頭(乳首)の弱点として挙げられるのは、汚れがつきやすく溜まりやすいことです。しかも普段はブラジャーで覆われているため、擦れたりして傷つきやすいのです。陥没しへこんでいるところに汚れが溜まらないよう、気をつける必要がありますね。

汚れが炎症を引き起こす「乳腺炎」

乳頭(乳首)部分に汚れが溜まることで、母乳の出口である乳管を通って、炎症を起こすことがあります。これが乳腺炎です。乳房が赤みを帯び、腫れ・発熱・痛みと胸だけではなく体にも負担がかかる炎症です。ひどくなると膿がたまることもあるので清潔に保つことが大事です。

もちろん、陥没乳頭(乳首)でない人も汚れをそのままにしておくことで乳腺炎にかかる可能性はあります。

授乳への支障の可能性

赤ちゃんを育てる上で必要となる「授乳」。この授乳の際に陥没乳頭だと、赤ちゃんが乳頭(乳首)を吸いにくくなり、授乳がしにくいといわれています。でも仮性で刺激さえあれば陥没乳頭(乳首)が改善する人であればさほど問題ではないでしょう。ここで問題となるのは真性の方です。刺激をしても外に乳首が出てこない場合、やはり、直接の授乳が難しくなる場合があります。

陥没乳頭(乳首)のケアの仕方

陥没乳頭 陥没乳首 専門機関へ相談

仮性と真性では変わってきますが、治りますといいきれないのが陥没乳頭(乳首)なのです。だからと言って諦める必要はありません。ケアの仕方があるので安心してくださいね。

乳首への刺激

陥没乳頭(乳首)と検索をすると、多くのケア方法の中からマッサージを見つけることができます。実際にマッサージでのセルフケアが功を奏したという方もいらっしゃるようです。自宅で使える吸引器なんかもあるそうですよ。

とはいえ、正しくない情報でマッサージをして結果乳腺炎になってしまった・・・という可能性もあるので、やはり、専門家や医者のアドバイスをもらって始めたほうが安心です。また、妊娠中の乳首へのマッサージを含む刺激は子宮の収縮に繋がるので、避けたほうがよいでしょう。正しい知識を持って、日ごろからマッサージをしてみましょう。

外科的手法

陥没乳頭のケア、克服の方法として手術も挙げられます。実は、出産・授乳をこれから先に待っている方や、授乳に障害・困難な場合には、40歳未満という年齢制限はあるものの、保険が適用されるってご存知でしたか?自分の状況に応じて制度も活用できるので、即手術と判断するのではなく専門機関にまずは相談することをオススメします。

肝心な手術の手法ですが、局部麻酔で傷はほとんど残らず、日帰りで出来ます。ただし、その人の乳頭(乳首)の陥没の状況によって手術の仕方は違うので、色々なクリニックのHPを見て、納得した機関にいくことが大切です。相談のしやすさや、サポートの充実などしっかり自分で判断材料を持っておきましょう。また様々なHPをみると分かりますが、再発の可能性もあるということで、手術をしたら完全に治るものと確証されてはいないようです。

なぜ自己流ケアはオススメできないの?

自己流ケアの危険性 陥没乳頭

ネット上にもバストの悩みに関する情報はあふれ、色々試してみる価値があるものが豊富なのは事実です。しかし、陥没乳頭(乳首)はデリケートな部分に触れ、自己流だと症状を悪化させてしまう可能性が・・・。なので、この記事でお伝えしたいのは「専門家からアドバイスをもらうことが必要」だということです。マッサージにしろ吸引機にしろ、専門家のアドバイスの下、正しいやり方を実際に見て、試して、学ぶことで、乳腺炎などのリスクはグッと下がるはずです。何より1人で抱え込まずに解決方法を見つけ出せるのも、こういった機関を使うことの良さです。

最初の相談は少し恥ずかしさもあるかもしれませんが、何度もいいますが、「正しいやり方」で陥没乳頭(乳首)と向き合っていきませんか?

まとめ|デリケートで大事な部分だからこその安心を

陥没乳首 陥没乳頭 ケア

陥没乳頭(乳首)は、多くの女性の悩みでもありコンプレックスだということが分かっていただけましたでしょうか?

しかし、コンプレックスは解消したいものですよね。ネットでも雑誌でも、情報を収集できるし見ていると自己ケアが出来そうな気がしてきます。しかし、ケアの仕方が間違っていると傷つけてしまったり、炎症を起こしたりする可能性もあることはこの記事にも書きました。そういうことが起こらないように、新たな別の悩みが増えないようにしてほしいのです。

自分のコンプレックスを解消するための大事なケアです。しかも、女性の体の仕組み上重要になってくるデリケートな部分の悩みだからこそ、安心のサポートを受けてコンプレックスの解消へと進んでほしいのです。陥没乳頭(乳首)に関しても正しい専門的な知識を受け、正しいケアの仕方を手に入れることが、陥没乳頭(乳首)の改善とコンプレックスの解消に繋がる一歩なのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.
rose

rose

食べることが大好きなローズです。常に何か食べています(笑)。胸に良い食べ物とか、飲み物とかはお任せください♬リサーチ済みです!でも最新情報もきちんと入手してみなさんの力になれる記事を書いていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です