この記事は約 5 24 秒で読めます♪


年々暑くなる夏☀️
脂肪のかたまりである胸も例にもれず、暑さから引き起こる汗やベタつきに、不快感を感じる身体の部位ではないでしょうか?
特に1日中ブラジャーを着けていないといけない女性にとっては、夏場の暑い季節になると、毎年「アレ」に悩まされていませんか?

そう、胸の谷間や、ブラジャーのワイヤー部分にできる、かゆくてたまらない、時には痛みすら伴う「あせも」です。

不快でかゆい、その「胸のあせも」のストレスから解放されたい!という皆様の声にお答えし、おすすめの胸の「あせも」改善策をご提案します!

【そもそもあせもって何?あせもができる原因は??】


そもそもあせもはなぜできるのでしょうか?

お肌にできるあせもは、かいた汗をそのままにしておくことが主な原因です!
汗自体はほとんどが水分ですが、その汗を肌に放置しておくと、もともと皮膚についている皮脂や、皮膚に常在している細菌と結びつきます。

その細菌等を含んだ汗が、汗を放出する「汗管」につまることで、その後の汗が体内から上手く発汗できず、皮膚内で炎症を起こしてしまいます。
その炎症が起こった状態のことをあせもというのです☝️

あせもは大きく3種類に分けられる!

あせもにも、いくつか種類があります。

あせも種類
あせもは、大きく分けてこの3つの症状に分けられます🔼

この中で胸にできるあせものほとんどが「紅色汗疹」です。
かゆみと赤みをなんとかしたいですよね⁈😫

【かゆくてかゆくてたまらない!でも…かいちゃダメなんです💧】


あせもができると、とにかくかゆい!かゆくてたまらない!
でも、かいちゃダメなんです!😖

むやみにかきむしってしまうことは逆効果と言われていて、引っ掻いた傷や跡が残って消えにくくなってしまうことも・・・
あせもが発症している患部をかきむしってしまうと、角質層を傷付けさらに強いかゆみを引き起こし、患部の炎症がさらにひどくなってしまいます💧

特にひどい場合は、かきむしった場所からバイ菌が入り込み、感染症にかかってしまったり、
化膿したりジュクジュクした膿のような状態になったりすることもあるので要注意⚠️

どうしてもかゆい時の対処法としては、
冷たいタオルや保冷剤をタオルで包んだものなどで患部を冷やすようにしましょう。
いくらかかゆみを和らげることができます。

※氷など急激に冷やすものよりも、濡れたタオルの方が刺激も少なくじんわり効いてくるので効果的です。
また、爪を短く切っておくというのも、もし無意識の就寝時などにかきむしってしまったときに、少しでも患部への負担が軽減できる対策ですね。

【まずは、胸にあせもができてしまう原因を解明してみる。】


胸のあせもも肌にできるあせもと同様、皮脂や細菌を含んだ汗が汗管を塞ぐことが原因でできますが、女性のあせものできやすい場所の上位に胸が入る理由が、やはりちゃんとあるのです。

それは 「下着が常に密着しているから」です。

胸にあせもができてしまう原因は、あのイヤ〜なムレのせいだった⁇

夏場のブラジャーって胸の大小関係なく不快ですよね?
その不快感こそが、あせもの原因です!

汗をかいても、空気中に発散されず、下着に吸収され、ムレが発生します💦
ムレている下着内は、細菌が増殖する温床になります。

つまり、胸の汗管には細菌を含んだ汗が詰まりやすい環境が整えられているようなものなのです。

したがって、胸にできるあせもの改善には、この下着内の環境を変える必要がありそうですね🤔

【あせも予防策3選♪胸のあせもを早い段階で防ごう】


汗管が悪質な汗で詰まらないようにするために、まずすべきこと、それは「かいた汗はすぐに拭き取ること」です

かいた汗を肌にそのままにしておくことが、汗詰まり環境を整えてしまうのなら、環境の土台を作らないことが重要ですよね?
つまり、皮脂や細菌が繁殖する汗そのものを拭き取るだけで、あせもの原因を断つことができるということなのです‼️

家の中でできる対策といえば、清潔なタオルでこまめに汗を拭き取ったり、シャワーで汗を洗い流したりすることがいつでも可能です。
しかし、家の中ならまだしも、外出先で、堂々と着替えたり、下着の中に手を突っ込んで汗を拭くことはできませんよね…😳

そこで、家の中でも外出先でも、どんな状況でもバタバタしなくていいように普段からの生活習慣で予防できることはしっかり取り組んでみませんか?♡

予防策①:汗はすぐに拭くなどして常に肌を清潔に保つ♪


これが最も基本の予防策ですが、汗をかいたら、すぐにシャワーを浴びたりこまめに拭き取るようにしましょう!
ちなみに汗を拭くときは、乾いたタオルよりも水で濡らしたタオルのほうが、汗の成分を拭き取れるんですよ〜。

夏が暑いのは当たり前。
気温を下げるのは難しいのですが、一時的に自分の皮膚温度を下げるのは可能ですよね🌟

少々めんどくさいと思われるかもしれませんが、お手洗いの場面では制汗シートで汗を拭き取ってください!
特にメンズものの「クール」という表記がされているものがオススメです!
汗を拭き取るだけでなく、ひんやりと涼しい感覚を味わえますよ😄

予防策②:通気性の良い服を着る♪


汗をかいたらこまめに着替えることが大切ですが、仕事中や外出時などはそうそう着替えられない場面も多くあると思います。

またいくらムレるとはいえ、下着を着けないわけにはいきませんよね…?
ですので、少しでもムレを防止する素材の下着、つまり通気性の良いものを着用するようにしましょう!

下着メーカーからはもちろん、最近は吸水性や速乾性に優れた素材を使用したインナーや、各アパレルメーカーでもドライ生地のカップ付きインナーなどを販売していますよね?
通気性の高い素材を身につけるだけでも、発汗後のムレは軽減されるのですよ🎵

下着だけではなく、服に関しても同様のことが言えます。
特に夏場のナイロン・レーヨン素材の服は避けたほうがよいでしょう🙅

予防策③:外部の刺激から肌を守る♪


胸の肌が弱まったり傷ついたりしていると、細菌を含んだ汗で汗管が詰まった後、汗が皮膚内に染み渡る範囲が広がりやすくなり、「あせも」ができやすい環境を整えたり、「あせも」を悪化させる温床になります。

夏場はどうしても紫外線という外敵に身をさらす機会が多くなってしまいますよね?
ですが、極力紫外線を浴びないようにして、全身の肌の劣化が胸の肌の劣化につながる予防をしましょう!
炎天下に出るなら日焼け止めは必須です😐

体を洗う際も、よく泡立てた泡で、やさしく包み込むように洗うようにし、タオルで拭く際もゴシゴシとではなくポンポンとやさしくなでるように水分を拭き取りましょう。

また、肌の状態がいいときこそ、保湿が大事です。
保湿をすることで、より肌が健康的になります。

健康な肌の状態を保つことで、胸のあせもは予防できます◎

心地よい素材を身につけ、清潔でさらさら、健康な肌を保つことで胸のあせもは、確実に予防できるんでしたよね🙂

【胸のあせもに立ち向かえ!7つのあせも対策がこれだ】


汗をかいたあと、そのまま放置しておくことがあせもを発症させ、さらに悪化させる原因であることは先程も説明しましたね。

外出先でシャワーを浴びたり、汗をかく度にトイレに入ってわざわざ服を脱いでタオルで拭き取って…ということはとても手間がかかるし、そこまで現実的な方法ではありません🙅

そこで、ここでは普段から、胸の谷間になるべく汗をかかなくする習慣や、
日頃から意識して行うと効果的な対策法をご紹介したいと思います。

対策①:身体を洗う際はお肌に優しい成分の石鹸とタオルを使う!


最近は、香りのいいものやボトルのデザインが可愛いものなど多様な種類のボディソープが発売されていますね💓
プッシュするだけで泡の状態で出てくるものまであったりするので、とってもお手軽な気がします。

ですが手軽なために必要以上の量をプッシュしてしまったり、汚れを洗浄する力が高いものや香料などで肌に刺激を与える成分が意外と多く含まれていることも多いんです!

そのため、お肌を守るためには必要な角質や皮脂を洗いすぎてしまうのを防ぐためにも、
固形石鹸をしっかり泡立てて、綿素材などのお肌に優しい生地のタオルにその泡を含ませて、体を洗う方法が有効的です。

身体を洗う際は、ゴシゴシこすったりせずに、たっぷり泡立てた泡で撫でるように洗ってあげるようにしましょう!

対策②:お風呂やシャワーの温度は38度前後にキープ!


熱すぎるお湯やシャワーは、お肌に厳禁です❌

熱いお湯は、皮膚そのもののバリア機能を低下させたり、皮膚を保護してくれる皮脂すら落としてしまいます!
また、熱いお湯で体を洗いすぎたり、そのために体温が上がってしまうと、肌にとって刺激となるだけでなく、かゆみも増して、ますますあせもが悪化してしまいます。

あせもができているときは特に、お風呂やシャワーの際の温度に注意しましょう⚠️

対策③:毛穴を塞いでしまう制汗剤や臭い止めクリームはしっかり洗い流す!


夏場のふきだす汗や臭い対策として、制汗剤やワキガ用などの臭い止めクリームを活用している人もたくさんいらっしゃることでしょう☝️

基本的にこれらの商品の仕組みとしては、菌が繁殖しないように汗腺そのものを防いで、汗が出ること自体を抑えるようになっています。
これは穴を塞いでいる状態なので、汗がきちんと排出されずに毛穴が詰まってしまうことがあるんです。
この毛穴詰まりから、あせもが発症してしまう可能性があるんですね。

けれども、職場やデートや交友関係のエチケットとして使用自体をなくすというのはなかなか難しいですよね⁇👀
そのためには、お風呂に入った際には、シャワーだけで済ませるよりかは、
きちんと湯船に浸かることで体が温まり毛穴が開いてくれるので、毛穴詰まりを改善しやすいです。

毛穴詰まりの改善のためにも、湯船に浸かる習慣を身に付けましょう!

対策④:保湿の習慣を大切に!


一年のなかでも特に夏場は、エアコンや外の強い紫外線などの影響により、お肌が乾燥しやすい状況になっています。
実はこのとき、お肌の内部でも乾燥が起きている状態なのです!

乾燥からお肌を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されて皮脂が詰まってしまい、先程も述べたような汗菅詰まりを誘発してしまうんですね😥

そのため、汗菅詰まりを防ぐためには、シャワーを浴びたあとのお風呂上がりの清潔なお肌に、クリームやオイルなどで油分を補い、しっかり保湿してあげて体を乾燥から守る必要があるのです!

対策⑤:エアコンや除湿機などで上手に室温や湿度を調整する!


現在のほとんどの家庭では、手軽に温度調整湿度調整が可能なエアコンや扇風機や除湿機が備え付けられているかと思われます。
年々温度が上がり、猛暑が続く夏の時期はエアコンなどを活用しなければ、熱中症などで倒れてしまうなど危険な状態になってしまうことも😰

汗をかいているにも関わらず、暑い室内の温度調整や湿度調整を適切に行わなければ、体温調節が上手く機能しないことにもつながり、あせもの原因となってしまうことがあります。

理想的な室内の温度の目安として夏場は25〜27度冬場は18度湿度は50〜60%が適切だと言われています!

対策⑥:辛い食べ物を極端に食べ過ぎない!


食欲がなくなりやすい夏の時期、辛いものを食べたくなるときありますよね〜⚡️

ですが、辛い食べ物に含まれているカプサイシンという成分には、発汗作用がとても強くかゆみの神経をより活発化させてしまう働きがあります。
あせもができてしまっているときは、なるべく汗自体をかかないようにすることも大事です。

極端に辛い食べ物を食べ過ぎないこと、どうしても食べ過ぎてしまった後は、汗をかいたらなるべく早くシャワーを浴びて汗を洗い流したり、清潔なタオルなどで汗を拭き取ることを心がけましょう!

対策⑦:ベビーパウダーを活用してみる!


赤ちゃんによく使われるベビーパウダーは、実は大人のあせも予防にも使えるんですよ◎

ベビーパウダーには、汗を吸着して皮膚を乾燥させる働きがあるので、お風呂上がりなど清潔な状態のお肌に軽くはたいておくと良いでしょう♪

また、普段から肌をサラサラに保つためにもこのベビーパウダーはおすすめ👍
パフを使って優しくぽんぽんと馴染ませていくだけで、サラ〜〜ッとした肌に早変わりします✨

ただ、厚塗りは厳禁❌
結局汗管を塞ぐ結果にもなりかねないので、うす塗りで馴染ませる、コレがコツです!

【胸の谷間の汗対策に!お助けアイテム「胸の谷間用汗取りパッド」のご紹介♪】


たくさん汗をかく夏・・・。
もちろん胸の谷間も例外ではないですよね?

ちょっと歩いただけでもじわぁーっと胸の中央に汗が溢れ出し、特に生地の薄いシャツやTシャツなんかだと、汗の水分がそのまましみ出てきてしまって、汗ジミになり恥ずかしい思いをすることも・・・💦

しかもブラジャーは一日中着けていないといけないから、ムレてムレて仕方ない。。。
何とかならないの?!と思っていた矢先、画期的な商品を見つけちゃいました!😁

その名も、「汗取り胸パッド 胸の谷間用」!

この商品、なんといっても取り付けが楽チンなんです♪

汗が溜まりやすい胸の谷間にセットするだけで、谷間のムレかゆみ衣類への汗ジミも防げるスグレモノ。
汗を吸って早く乾かす素材を使用しているので、ベタつくことなくサラサラの状態で谷間の汗をしっかり吸収してくれるのです!

デザイン的にも横幅に余裕があるし、色味もベージュなのでアウターに響きにくいですよね♪

これなら、汗をかく度にわざわざ化粧室にこもってタオルなどでいちいち拭き取る手間も省けちゃいます😃
お手入れも、洗濯機の使用(※ただしネットを使用してくださいね♪)がOKらしく、面倒な手洗いをしなくても良いんですよ〜👍

毎年の猛暑を手間なく乗り切るために!
谷間の汗対策用に!

この「汗取り胸パッド 胸の谷間用」を活用して、ムレ知らずのサラサラ谷間になっちゃいましょうー!♬

【まとめ|健康なお肌をキープして、”胸のあせも”なんかとはオサラバだっ!!】

あせも 改善
女性は誰しも、キレイでいたい✨と思うものですよね?

しかし、目に見えるところのケアばかり集中しがちで、目に触れない部分はなかなか怠りがちです。
”胸”もそうではないでしょうか、そういう弱点にこそ身体って敏感になるのです…💧

今回ご紹介した胸のあせもも、肌がストレスを感じているときのSOSのひとつなのです!
SOS信号が出される前に、胸も保湿をしたり、ムレを予防するための対策をしたりして、肌を健康に保つことであんなに悩んでいた「胸のあせも」を気にしなくて良くなるかもしれませんよ⁇👀

筆者は、もとから肌が弱いということもあり、胸はもちろん、全身にあせもができやすかったんです。
ですが、低刺激のボディーソープや化粧水、さらには下着も刺激の少ないコットンなどを選ぶようにして、肌にストレスをかけないようにしたところ、あせもが完全にできなくなったわけではありませんが、改善できました‼️

何より、あんなに不快だった夏場の胸の不快感が激減したので、快適に過ごせるようになりましたよ🌟

胸を不快感やストレスから開放し、健康的な肌をキープして、胸のあせもとサヨナラしませんか😍❤️

The following two tabs change content below.
BustUp Cafe編集部

BustUp Cafe編集部

こんにちは♡BustUp Cafe編集部です。みなさんのバストに関するお悩みを解決する手助けができたら良いなと思い、しっかりとした情報を発信していきたいと考えております。胸の大きさや下着、サプリなどとにかくバストにまつわるどんな情報もみなさんの力になれそうなものを嘘偽りなく書いていきます。バストについてはお任せください!みなさんが飽きない素敵なサイトを目指して頑張ります☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です