この記事は約 2 31 秒で読めます♪

 

体重計

ダイエットには成功!したものの…胸まで小さくなってしまったという経験はありますか?できることなら胸のふくらみはそのままに、スタイルアップに励みたいものですよね。

今回は、ダイエットはしたい!けれども胸の形や大きさは変えたくない…。そんな女性に向けて、避けるべきダイエットを理由つきでまとめてみました。あなたのしているダイエット、実はバストにとってNG行動かも…。

バストキープに不適切なダイエットが存在する理由とは?

下垂バスト

ダイエットによるバストの変化には、一番の原因としてクーパー靭帯の損傷があげられます。クーパー靭帯は、上向きでハリのあるバストであるには欠かせないもので、加齢や栄養不足による女性ホルモンの減少により衰えるほか、ある運動や動作によってクーパー靭帯が切断され、たるみを引き起こします。デコルテ部分のふくらみがなくなり、下向きになってしまった胸は、ボリュームを感じられず、小さく見えてしまうというわけですね。

バランスの良い食事はダイエットの第一歩

食事制限ダイエット

ダイエットを望む方の多くが、まず食事制限を行いがち。しかし、食事による栄養摂取は、健康な体を保つには欠かせないものであり、必要な栄養素が不足する事で、様々な病気やトラブルへと繋がります。

また、ダイエットには欠かせない脂肪の代謝を上げるには、肉や野菜に含まれるビタミンの摂取が必要なほか、バストキープには女性ホルモンに関係のある成分を摂らなければ効果は半減、あるいは逆に悪化する危険性もあります。先ほど触れた、クーパー靱帯の形成、維持にはビタミンCやコラーゲンが必要なので、胸をキープさせたいのなら、偏りなく、きちんと食べるが基本になります。

炭水化物や脂質にもしっかりとした健康維持に繋がる役目があるので、無理な制限をし偏った食事を摂るのではなく、バランスの良い食事をし、他の方法でダイエットを成功させましょう。

バストを落としたくない!避けるべきダイエット

食事制限以外でのダイエット法となると、代謝を促進する運動やストレッチがありますね。しかし、バストを維持しながらダイエットを成功させるには、避けなければいけない動作があるのを知っていますか?それは、上下運動です。胸を上下に揺らす動作は、胸を支えるクーパー靭帯の切断の原因となります。では、その恐れがある運動にはどのようなものがあるのでしょうか?

ジョギング

食事制限と同じく、ダイエットとしてジョギングを行う方は大変多いと思います。ジョギングは腕や脚を動かすことによる代謝促進効果が高いほか、姿勢を正し行う事で、背中や腰周りの筋肉強化にも繋がり、全身を引き締めるには大変効果的な方法です。しかし、足を動かす度、胸は上へと浮き、重力によって下へと落ちます。その瞬間、痛みは感じませんが、クーパー靭帯の切断が発生し、それが繰り返されることによって、胸のたるみへと繋がります。愛犬の散歩などで普段からジョギングをされる方は、締め付け効果のある下着を着るなどして、出来るだけバストの揺れを防ぐよう心がけましょう。

縄跳び

縄跳び

縄跳びも、クーパー靭帯の切断が起こりやすい運動の1つです。ジャンプする幅が高ければ高いほど、その危険性は強くなり、バストへの負担は大きくなります。よって、バストキープを望むのであれば、最も避けるべき運動ともいえ、バストのサイズが大きい人程オススメできません。体重の増加は脂肪がつくことで発生しますが、せっかくついた胸の脂肪を台無しにしないよう、縄跳びは控えるようにしましょう。

ダンス

ダンス

ダンスは、大変激しいものから、そうでないものまで様々です。その為、全てのダンスがバストキープの妨げになるわけではありません。楽しみながら汗をかくダンスはダイエットには大変効果的なので、スポーツブラを着用して取り組みましょう。バストが出来るだけ揺れない、自分のバストに合ったものを選ぶようにすることで、胸を守る行動にもなります。お好きなダンスが激しいものであるならば、ジョギングと同じように下着を工夫などして対策をとることをおすすめします。

その他のバストダウンの危険性がある行動

避けるべきダイエット法をご紹介しましたが、実はバストの変化には、日常生活も大きく関係しています。それに当てはまるものとして、姿勢があります。人前では正しい姿勢を保っていても、家に帰るとつい力が抜けて猫背になってしまうという方も少なくないのではないでしょうか。また、デスクワークや携帯を見るときの体勢のほとんどが猫背といわれていることから、普段の生活では正しい姿勢を保っている時間の方が短いということがいわれています。

肩が内側に寄り、力の抜けた姿勢を続けていると、胸を支える大胸筋が衰え、重力に逆らう力がなくなっていきます。その結果、胸は徐々に下がり、クーパー靭帯が伸びる原因にも繋がります。つい力が抜けて猫背になってしまう…という方は、猫背矯正を目的としたグッズの活用を検討してみては?
座るだけで背筋が伸び猫背を解消「姿整快適クッション」

バストダウンを避ける為には“意識”する事が大切

正しい姿勢

ダイエットをする上でもっとも大切な事は“意識”する事です。しかし、それは筋肉の強化だけでなく、胸の動きに気をつけたり、姿勢を正す等、自分の動作にも当てはまります。

繰り返し意識しながら行動する事で、結果には大きな差ができ、より高い達成感を得られるほか、体にとっても良い効果として繋がります。「美しい体を手に入れる!」その目標を忘れずに、頑張りましょう

まとめ|胸を守る意識がきれいなボディラインを作る

食事制限は勿論のこと、クーパー靱帯にダメージを与えてしまうダイエットは、バストを落とすだけでなく、美容や体にとっても悪影響を及ぼしかねません。正しい知識をもち、胸はしっかり残せるダイエットを心がけましょう。意識する事で、女性らしい美しいボディラインを手にいれる事が可能になりますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です