この記事は約 1 30 秒で読めます♪

妊娠と出産という女性にとって最大のライフイベントには、女性の体にも大きな影響を及ぼします。小さなバストに悩んでいる女性の多くが妊娠と出産を経験すると一時的に大きなバストになるのを実感しますが、授乳が終わるとまた元通りになってしまうことも同時に体験しています。

しかも、以前のように戻るわけではなく垂れたりしぼんだりと小さくなるだけでなく形が悪くなってしまうというお悩みを持っている方は数えきれません。放置しているとバストの大きさや形にどうしても影響が出てしまう出産後という大切な時期に、美しいバストを維持するケア方法を解説します。

出産後のバストには、何が起きているのか

出産後 バストケア

出産直後のバストは、乳腺が発達しているのでほとんどの人がとても大きくなっています。母乳がたっぷりと詰まっているので、授乳直前のバストを水風船が膨らんだ状態のように感じるという人もいます。この状態がずっと続くのであれば自然な形でバストアップが出来るかも知れませんが、やがて授乳が終わると乳腺も役割を終えたと判断して元の状態に戻っていきます。

これだけなら元の大きさに戻るという以外に悩みはないのですが、問題は一時的に大きくなったバストが及ぼした影響が残ってしまうことです。一度膨らんだ風船から空気を抜くとしぼんた状態になって、一度も膨らませていない風船のようには戻りません。一度のびたゴムが縮んでシワになったり、どことなくブヨブヨとした感じになりますね。

一度大きくなったバストが元の大きさに戻ると、この風船に起きていることと同じことが起きるのです。また、バストの中にはクーパー靱帯というバストを引力から守ってくれている組織があるのですが、一時的にバストが大きくなったことでクーパー靱帯も伸びてしまい、今度は垂れ下がってしまうこともあるのです。(こちらも参考:自然修復出来ないの?クーパー靭帯を守ってハリバストの維持を

出産後のバストを守るマッサージとエクササイズ

出産後のバストに起きていることを知った上で考えられることは、減ってしまったバストの脂肪を増やすことと、クーパー靱帯だけに頼らずにバストを引力から守るというケアです。具体的には以下でご紹介しているマッサージとエクササイズをオススメします。

マッサージ

出産後 バストマッサージ

出産後のバストマッサージで心がけたいのは、上からバストをしっかり引っ張ってあげることです。バストの上を首に向けて引っ張り上げるようにマッサージを数回繰り返していると、バストに向かう血管やリンパ管の働きも良くなり、またバスト自体の形が垂れ下がるのを防ぐことが出来ます。

エクササイズ

お祈りポーズ 出産後 バストケア

最初に両手の手のひらを祈るポーズのようにバストの前で合わせて力一杯押して、力を抜くという動作を10回程度繰り返します。次に両腕を組んで、今度は外側に向けて引っ張り合うように力を入れます。これも10回ほど繰り返します。このエクササイズはバスト周辺の筋肉を引き締める効果があるので、クーパー靱帯だけに頼らずバストの形を維持する効果が期待出来ます。

授乳を終えた時期だから、効果も出やすい

出産後 バストケア

出産後はバストの状態もまだ柔らかく、この時期に適切なケアをしておけばしぼみや形の崩れを防ぐことも出来ます。時間が経ってしまうとだんだん効果が出にくくなるので、授乳を終えた時期から始めるのが理想的です。

マッサージとエクササイズ、どちらも何も購入する必要がなく今すぐ出来ることばかりです。5年後、10年後のバストを大きく美しく保つために、今できることを始めてみましょう!

 

The following two tabs change content below.
さおりん

さおりん

こんにちは、さおりんと申します。なかなか人に言えない悩みだからこそ、自分で調べたこと、実践したことをしっかりとした情報でお伝えします。少しでもお悩みの解決に役立つためにどんどん書いていきます。私自身も胸は大きい方ではないので大きさに悩む方のお気持ちがよくわかります。でも大きくて悩んでいる方もいるんですよね。どんな悩みも解決できるようにとことん調べていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です