この記事は約 7 25 秒で読めます♪


女性なら、いくつになってもハリのある美しい形のバストでいたいっと憧れちゃいませんか⁈

しかし、年齢を重ねることで誰にでも訪れる胸の垂れやしぼみ、背中への流れ…。
加齢や出産などの体型変化によって引き起こるそれらのバストの変化を、「仕方がないから」と諦めてはいませんか⁇

でも安心してください◎
胸が垂れる原因やその対策を把握して実践に移すことで、それらの胸の残念な変化を止めることだって可能になるんですよ♪😉

年齢とともに「あれ、なんだか胸が垂れてきたような気がする…」と思ったら、今すぐにでもバストケアを始めていきましょう☝️
早く始めれば始めるほど、回復も早くなりますからねっ!

そこで今回は、垂れた胸を治すための自宅でできる筋トレマッサージ、身近な生活習慣での対策ポイントなどの方法をご紹介していきます🍀

再度お伝えしますが、胸のハリを取り戻してさらにバストアップすることは可能なのですよ♪
今回の記事を参考にしながら、早速今日から垂れ対策を始めてみませんか😊💓

【全ての女性のバストは、同じ順番で垂れていく!?】


数ある下着メーカーの中でも、おそらく最も有名なのがそう、ワコールさん。
そのワコールさんが、女性の身体を研究し尽くして、その上で作られる新製品をたくさん生み出してきたワコール人間科学研究所では、なんと毎年約1000人の女性の人体計測を行っているそう!😵

今までに収集したデータはのべ40000人以上にもなるそうで、その膨大なデータを細かく分析した結果、”女性のバストは誰もが同じ順番で変化していく”ということが分かったそうなんです☝️

その研究結果によると、女性のバストはいきなり下垂するわけではなく、こんな順番で垂れていくらしいですよ🔽

①まずデコルテのボリュームが落ちる(そげる)

②胸の下部がたるんで、乳頭が下向きになる

③胸が外側に向かって流れ、バスト自体の位置が下がる

↑こういう順番で、バストって垂れていくんですねぇ😳

確かに、私の周りで卒乳後のバストのしぼみに悩んでる女友達も、「デコルテからそげていくから気を付けな」ってやけに力強く言っていたような…(´・Д・)

バストが垂れる原因は大きく3つあった


私たち女性のバストは、年齢を重ねるにつれて脂肪が増えていき、柔らかく変化していきます。

胸が垂れてしまうのは、この脂肪の変化もそうですが、走るなどの運動の刺激でバストが揺れることで、乳腺組織を支えるクーパー靭帯に負担がかかることも下垂の原因となるのです☝️

以下が、年齢を重ねるにつれてバストが変化して垂れていく大きな3つの原因と言われています🔽

原因①:ホルモンバランスの変化によって、胸を構成している脂肪と乳腺の割合が変わり、バスト全体が柔らかくなる💧
原因②:胸の皮膚の表面の弾力性や柔軟性が低下し、バストを支える力が弱くなる💧
原因③:バストの重量や揺れが、バストを支えている構造や筋肉に負担をかける💧

また、バストを支える土台となっている大胸筋などの筋肉の衰えも、垂れ乳を作る立派な原因のひとつ。

そこで次の章からは、その大胸筋を鍛えることから胸の下垂問題にアプローチしていく方法をご紹介していきたいと思います!!


最近では、ブラトップを代表とするカップ付きのキャミソールなどが流行していますよね。

休日などに楽さや快適さばかりを優先してきちんと胸を支える機能のあるブラジャーを着けないで、そういったカップ付きインナーばかり着けるクセがついてしまうと、胸は長時間バストの重みで重力がかかっている状態なので、当然ですが下垂をより早めてしまう原因になりますよ?🙄

お風呂上がりなどの短時間だけならいいですが、日中は可能な限り通常のブラジャーを着けたほうが、垂れ防止だけでなく胸の形をキレイに保つためには良いでしょう◎

【垂れてしまった胸にはこれが一番手っ取り早い?バストアップにもつながる筋トレ&マッサージ3選!!】


私たち女性のバストは、年齢を重ねることによる女性ホルモンの分泌量の低下ホルモンバランスの変化で、胸を構成する乳腺と脂肪の割合が大きく変化することによって、胸が垂れたりしぼんでいったりします。

このように、女性のバストのハリを保つには女性ホルモンとの関連が切っても切り離せないのです☝️
その大事な女性ホルモンの分泌を低下させないようにするのに、筋トレが効果的なんですよ💪

筋トレを行って体温を上げ、血流の循環を良くすることで、女性ホルモンの分泌を安定させることができるのです!
その結果、若々しいバストのハリを取り戻して垂れ下がってしまった胸も取り戻せることができるということ!♬


私たちの胸を支えているのは、大胸筋という筋肉。
つまり、その大胸筋を鍛えることが垂れ乳の改善に役立つということ!!

そこで下記以降では、主にこの大胸筋を鍛えられる筋トレのご紹介をしています🌟

これらの筋トレを諦めずに気長に継続し続けることで、垂れた胸だけでなくたるみがちなお腹も元に戻すことができますよ〜♪😃

その①:大胸筋を鍛える!基本の合掌ポーズ筋トレ法♪


まず最初は、バストアップエクササイズとしても有名な”基本の合掌ポーズ”による大胸筋の筋トレ法🌟

程良く大胸筋を発達させることでバストの下垂を防いで、前に突き出した胸の形を維持してくれるので、テレビを観ながらでも取り組んでみてはいかがでしょうか♡

お腹を引き締めることを意識しながら行うとより効果的ですよ!♬

【合掌ポーズで大胸筋を鍛える筋トレ♪】

①背筋を伸ばして両手を胸の前で合わせる

②両手と胸に力を込めながら10秒かけて息を吐く

③両手に力を込めたまま、顔の前まで上げてそのまま5秒キープ

④両手に力を込めたまま、おへそまで下げてそのまま5秒キープ

⑤ゆっくりペースを保ちながら①〜④の動作を3回繰り返す

Point☝️大胸筋を鍛えすぎるとボディビルダーのようなムキムキな筋肉になってしまうので、柔らかく豊かなバストにするために程よく行うようにしましょう♪

その②:ペットボトルでも代用可◎ダンベルを使った筋トレ法♪


仰向けで寝た状態で、ダンベルを使って大胸筋を鍛えていく方法です!
パッと見なんだか上級者向けに思うかもしれませんが、決して難しいものではありませんのでご安心を🙆

腹式呼吸を意識することでより効果が出ますよ◎

ちなみに、ダンベルがないときは500mlのペットボトルに水を入れたものでも代用できますので、ぜひ試してみてくださいね♪☺️

【ダンベルを活用した大胸筋に効果的な筋トレ♪】

①身体を寝かせられるようなベンチと、ダンベルを用意する
(ベンチがない場合はクッションか枕、ダンベルがない場合は500mlの水を入れたペットボトルでも代用OK!)

②床にしっかりと足を着けた状態で、ベンチに仰向けの状態になる

③ダンベルを両手に持って、まっすぐ上に向かって上げる

④ゆっくと息を吸いながら腕を下ろすと同時にひじを曲げていき、しっかりと胸を開いた状態をキープ

⑤ゆっくりと息を吐きながら、両手をまた上に戻していく(戻すときに上でダンベル同士がぶつからないように注意!)

⑥①〜⑤の動きを15回×3セット行う

Point☝️腕を下ろすとき腕が伸びた状態のままだと大胸筋が全く使えていないので、必ずしっかりとひじを曲げて下ろすようにしてくださいね♪

その③:背中からお肉を集めるイメージで!バストアップ効果マッサージ法♪


全身が温まることで血行が良くなっているお風呂タイムで、特に行ってほしいと思うのがこのマッサージ♪

脇や背中に流れてしまった胸の脂肪を集めて持ってきて、上向きのバストになるようにマッサージしてあげましょう🌟

お風呂の中でももちろん、お風呂上がりにバストアップ効果のあるバストアップクリームなどを使って行うのもGOODですよ🤗

【胸周辺の脂肪を寄せ集めるバストアップマッサージ♪】

①右手を胸の前から左の背中側に回して、背中や脇部分からお肉を集めるように寄せてくる

②集めた胸を鎖骨側に持っていくように持ち上げながら、マッサージしていく

③右側の胸も同様に行う

Point☝️お風呂タイムは主リラックスするための時間でもあるので、あくまでもやりすぎて疲れないようにしてくださいね♪

【垂れたおっぱいを治すには身近なことから始めよう!今日からできる生活習慣5つ!!】


多くの女性を悩ますバストの下垂問題には、睡眠・食生活・毎日身に付けている下着などの、普段の生活習慣が実はかなり影響しています。
そう、あなたの毎日のちょっとしたその習慣の中にも、胸を垂れさせる原因があるかもしれないのですよ!😱

垂れとは無縁の、ハリのあるバストをいくつになってもキープするためには、こういった生活習慣や体内からの改善が不可欠になってきます。

下記では、具体的にどのような習慣に気を付ければ良いのか5つのチェックポイントをご紹介しています🔍
ついついサボりがちな習慣も、この機会に見直してみてはいかがでしょうか🌟

習慣その①:全身の血行を良くする♪


猫背や巻き肩などの前のめりの悪い姿勢で長時間過ごすと、血行やリンパの流れを悪くして、身体や胸が成長するために必要な栄養分を全身へと行き渡らせることができなくなってしまいます💧

立っているときも座っているときも、頭のてっぺん(つむじ)から足のつま先まで1本の糸で引っ張られているようなイメージをいつも意識することが、姿勢を良くするひとつの方法ですよ☝️
ぜひひとつの参考例にしてみてはいかがでしょうか⁇😃

また血行という点から考えると、姿勢と同じくらい大事なのが”身体を冷えさせない”ということ☝️
女性は特に冷え性の人が多いですが、身体が冷えていることで当然胸の血行も悪くなるんですよ?👀

暑い季節は特に冷たい飲み物ばかり飲まないようにする、できれば季節関係なく薄着や露出度の高い服を着ないようにするなど、全身の代謝を上げて身体が冷えないような心がけをすることが、血行のためにはとても重要になってきます。

その他にも、血行やリンパの流れを良くする下記のような習慣も同時に並行して行うことでより改善できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

正しい姿勢を心がける!
身体を冷やさないように心がける!
身体を温めてくれるような食品を積極的に摂取するようにする!
✅シャワーだけで済ませるのではなく、お風呂に入る際は湯船に浸かるようにする!
✅平日も休日も適度な運動を取り入れるようにする!
アルコールの摂取量をほどほどにする!
タバコの吸い過ぎに気を付ける!

習慣その②:TPOに合わせて正しいブラを着けよう♪


女性のバストの下垂に少なからず影響を与えるのが、妊娠・出産によるバストラインの変化です。

急激なバストサイズの変化が起こりやすい妊娠中・授乳中・産後の時期には、バストの変化に合わせてその都度適正なサイズのマタニティブラを着用するなど、変化したバストサイズにそぐわないブラジャーを無理に使い続けることは決してしないように気を付けましょう!

また、ランニングなどの激しい運動をするときには、胸が揺れることによってクーパー靭帯が伸びたり切れたりするのを防ぐためにも、専用のスポーツブラを着用するようにしましょうね☝️

また、休日やお風呂上がりなどのリラックスタイムにはノーブラで過ごすという人🙋🙋
そのお気持ちはとっても分かりますし、生理中などは特にどうしても締め付けを感じやすいのは事実なので少しの時間ならいいのですが、ノーブラの時間が長ければ長いほど胸に重力がかかって、下垂を早める原因となってしまうんです…💧

外出時にもずっとノーブラというわけにはいかないので、時々締め付けの少ないノンワイヤータイプのブラジャーを選ぶなどの工夫をするようにするなど、可能な限りは普通のブラジャーを着けたほうが良いでしょう◎

また、睡眠中にはナイトブラを着用することで、バストの貴重な脂肪が脇や背中などの周囲に流れることなくバストラインも保てるので、下垂も防ぐことができますよ😊

習慣その③:夜寝るときにうつ伏せの姿勢で寝ない♪


寝るときにうつ伏せで寝るほうが寝やすいという人もいらっしゃるかもしれませんが、うつ伏せの姿勢は胸にとって実はリスクがいっぱい!⚠️

うつ伏せによって胸の組織が押しつぶされて圧迫されることで、胸を支える大事なクーパー靭帯を傷めてしまう恐れがあるからです💧
また、そのように寝ているあいだ中長時間押しつぶされ続けたバストは、垂れだけでなく形崩れを起こしてしまう恐れもあるのですよ⁇

しかも押しつぶされたバストは、胸の血管をも圧迫して血液の流れを悪くしてしまいます…。

バストにとって最も正しい寝る姿勢は、ズバリ仰向けがGOOD◎
バストが上にくるので、押しつぶされる心配がないですよね♪

また、寝ているときに胸の貴重なお肉が周囲に流れないように、ナイトブラを着用して寝ると美バストラインのキープにはなお良いですよ👍

習慣その④:バストアップに効果的と言われる食事を積極的に摂る♪


バストアアップや胸のハリツヤの維持に欠かせないと言われる女性ホルモンの分泌を促すためには、大豆イソフラボンなどの女性ホルモンと似た働きをする栄養素を積極的に摂りたいので、納豆や豆乳などを代表とする大豆製品をたっぷり食べましょう!♬

それから、いつまでもハリや水分を失わずに胸の垂れを防ぐにはコラーゲンも大事になってきます🌟
いつも胸を支えてくれているクーパー靭帯乳腺は実はコラーゲンからできているので、バストアップのためにはコラーゲンを増やすことも重要なのですよ〜。

また、そのコラーゲンの生成を助けるビタミンCなどの摂取も必須です😃

そこで下記では他にも、女性ホルモンの分泌を促したりサポートしてくれる成分を多く含んだ食材をご紹介しています💓
スーパーでも手に入れやすく、普段の食生活やレシピにも取り入れやすいものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!😃

・たんぱく質
…肉類(特に鶏肉豚肉)、魚介類、大豆製品(豆腐・納豆味噌豆乳きな粉など)、卵、乳製品(牛乳、ヨーグルトチーズなど)、枝豆など

ビタミンC
トマト、パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリー、さつまいも、イチゴ、レモン、キウイ、柿、グレープフルーツなど

・コラーゲン
…鶏皮、豚肉、豚骨ラーメンのスープ、すっぽん、うなぎ、くらげ、なまこ、ゼリー、杏仁豆腐など

・ビタミンE
…かぼちゃ、アボカド、オリーブオイル、くるみなど

・ミネラル
…海藻類(ひじき・わかめ)、豆腐、アーモンド、スルメなど

習慣その⑤:女性ホルモンバランスを整える♪


年齢を重ねることによって徐々に女性ホルモンの分泌量が減ってくると、バストのハリやツヤが失われて胸が垂れる原因となります。
そうならないためには、女性ホルモンのバランスを乱さないということがとても大切になってくるのですよ💓

栄養バランスのとれた食事をとる!
質の良い睡眠をとる!
ストレスを溜めない!
適度に運動する!


↑これらの上記のような、自分を労わってあげることで女性ホルモンバランスを整えるような生活習慣を心がけていきましょう!♬

この中でも、特にストレスは女性ホルモンのバランスに与える影響がとても大きいです。
ストレスを全く感じさせないことはおそらく難しいでしょうが、溜めないようにするというその意識が大事になってきます☝️

お友達と思いっきりおしゃべりを楽しんだり、自分の好きな趣味に没頭したり、アロマハーブなどの自然由来の力を借りてリラックスしたりと、ストレス解消の方法ってたくさんあるはず♪
その日のストレスは、その日のうちに解消できるようにするととても良いですね😌

【垂れやすい!産後のママさんたちのバストの下垂に立ち向かう方法とは?】


妊娠・出産という女性の人生にとって最大ともいえるビッグイベントには、女性の身体にも当然大きな影響を及ぼします。

妊娠・出産のそれぞれの前後でバストの形やサイズは大きく変化しますし、母乳をあげていたら胸が垂れたりしぼんできた…💧という声もよく聞きますよね??

下記では、それらを防ぐための方法をご紹介していきますね!

授乳時は、左右バランス良く行うようにしましょう♪


左右のお乳でどうしても母乳の出やすさというものもあると思いますが、授乳の際には、左右のおっぱい両方とも同じような時間配分ずつお乳をあげることを心がけてください!

母乳の出が悪いと赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうからと、ついつい出の良いほうのおっぱいばかりあげたくなるその気持ちは分かります。。

ですが、一方だけのお乳に偏った授乳のクセがついてしまうと、出の良いほうのおっぱいばかりが大きくなって垂れやすくなってしまったり、ひどい場合にはその一方だけの乳房に母乳が溜まって乳腺炎などの症状につながってしまう恐れも😰😰

このように、バストサイズに左右差が出ると大きいほうの片胸だけ垂れやすくなってしまいます…💧
それを防ぐためにも、授乳時は左右バランス良く行うようにしましょうね♬

そこで、毎日必死に頑張るそんなママさんたちにおすすめしたいアプリがあるのです!
その名も、「授乳ノート」🔽


(画像引用元:https://itunes.apple.com/us/app/)

授乳の間隔・所要時間についての記録、他にもオムツ交換や離乳食などの育児に関するいろんな育児記録ができるアプリです!
片方ずつの授乳時間を交互に測ってくれる授乳タイマー機能も、もちろん付いていますよ✨

【まとめ|”胸垂れてる”なんて彼氏にはもう言わせない。毎日のケアでハリツヤバストを取り戻せ!】


妊娠・出産での影響や、年齢とともに女性のバストが垂れていくのは避けられないこと。

ですが、今回ご紹介したような身近な生活習慣でのポイントをまずは意識できるようになれば、バストラインが今以上に大きく崩れてしまうのを防いだり、下垂のスピードを遅らせたりすることが可能なのですよ✨

また、下垂を予防するだけでなくバストアップにもつながる筋トレマッサージも、美バストを目指すには効果的でしたよねっ!!
これらのトレーニングや毎日の習慣は継続的に取り組むことが大切なので、あまり無理せずに楽しみながら実践するようにしましょうね♪

垂れ乳予備軍の胸、またすでに垂れてしまった胸を治すには、それなりの時間がかかるかもしれません。

しかし今回ご紹介した筋トレや生活習慣の見直しによって、理想のハリのあるバストを取り戻すことができれば、より自分に自信を持って毎日を楽しく過ごせるようになるでしょう😍❤️

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です