この記事は約 1 40 秒で読めます♪


高温多湿になる夏場なんかでは特に、大量にかいた汗を放置した結果、かゆみやあせもなどの肌トラブルに悩む人が増えますよね。
そのかゆみに我慢できずに、ついついかきむしって悪化させてしまう人も少なくないのでは…。

肌トラブルは、間違ったケアをしてしまうと余計に症状を悪化させる場合もあります⚠️

また、あせも(汗疹)というと子供の症状だとよくイメージしがちですが、最近では大人でもその症状に悩む人が結構いらっしゃるのです!
特に女性は、ブラジャーの密着による汗やムレで胸のあせもに発展した…というケースが少なくないようです💧

そこで今回は、すでにできてしまった胸のあせも(汗疹)に効果的な、正しい治し方応急処置改善法などをご紹介していきたいと思います。

大事なポイントさえしっかり押さえられれば、かゆみによる不快感や寝苦しさからもきっと解放されることでしょう😉✨

【あせも(汗疹)ってどういう症状なの?】


あせも(汗疹)は簡単に言うと、たくさんかいた汗をそのまま放置しておくことでできる炎症です。

大量の汗をかき続けてもそのまま放置しておく💧

汗に含まれる塩分やほこりなどで、汗管という汗の通り道がふさがれる💧

汗の出口がふさがれて、汗が皮膚の外に出られなくなる💧

汗が皮膚のなかに溜まって炎症を起こす💧

この経緯が、あせも(汗疹)となる変遷です。

ここ近年、大人のあせも(汗疹)が急増している…⁈


あせも(汗疹)というと幼い子供によく見られるイメージがありますが、ここ近年の猛暑や節電ブームの影響で、大人でもあせもに悩む人が急増しています。

しかも女性は特に、ブラジャーやインナーという下着類が一日中常に密着していますよね?
つまり下着を着けていることで、汗をかいても空気中に発散されずムレが発生して汗を吸収した下着内は、細菌をより増殖させる温床にもなりやすいんです…😓

大人になって発症する場合は特に症状がひどく治りも遅くなる場合がありますので、たかがあせもでしょと油断せずに、下記の記事を参考にしてもらってそもそもあせもを作らないような生活を心がけましょう!

【できてしまった胸のあせも(汗疹)の治し方とは?】


とはいえ、どんなに日頃から予防をしていても、季節関係なく汗は出てくるもの。
夏場なんて特に、胸のあせもができやすい環境であることに変わりはありません…( ; ; )
お手入れだって、常にできるわけではありませんしね…😓

でも大丈夫、もし胸のあせもができてしまったら、、、

✔️肌を刺激しない!
✔️薬を塗る!

この2つの方法で徹底的に対処していきましょう💪

方法①:肌を刺激しない


あせもができてしまったら、お風呂で身体を洗う際のボディーソープも刺激になりますので、なるべく控えましょう!
清潔なタオルをぬるめのお湯で濡らし、優しく幹部を拭くようにしましょう。

また熱いシャワーのお湯をかけたり、熱いタオルを使用すると、細菌は拭き取れても肌が乾燥してあせもを悪化させてしまう可能性もあるので、ぬるめ(人肌程度)というのが大事です‼️

それから普段の紫外線対策も、あせも悪化防止に有効的ですよ🍀
日焼け止めクリームをこまめに塗り直して、”紫外線の刺激から皮膚を守る”という意識を忘れないようにしましょうね♪

方法②:薬を塗る


やはり、なんと言っても薬に頼るというのが手軽だし即効性もあるかと思います。

ただ、市販品には実にいろんな種類のものが販売されていますよね。
そこで下記では、あせもに効く市販治療薬のおすすめ商品をいくつかご紹介したいと思います😃

おすすめ市販薬①:メンソレータムADソフト

肌のかゆみを抑えて、乾燥などによるかゆみが起きにくい肌へと改善してくれるクリームです。

ステロイド非配合・無香料・無着色なのも嬉しいポイントですね🌟

メンソールが含まれているので、塗るとスーっとひんやりして気持ち良いです◎
塗ったあとも白くなりにくいし、伸びのいいテクスチャーなので使いやすいですよ〜♪

おすすめ市販薬②:タクトホワイトL

こちらもステロイド非配合なので安心して使える市販薬です!

患部を乾かして治りを早める成分を配合しているので、あせもだけでなく虫刺されにも最適なんですよ🍀

値段がお手頃なのもありがたいですね(^ ^)

おすすめ市販薬③:GRANGE ハーバルハピネスバーム

上記2つの商品よりも少々値が張りますが、オーガニック製品に興味がある方はこちらの商品なんかはいかがでしょうか?

あせもにとどまらず、肌荒れ、ニキビ、虫刺され、日焼け跡、オムツによるかぶれなど、赤ちゃんの肌トラブルから大人の肌トラブルまで家族で安心して使えるマルチ軟膏クリーム◎

10種類以上の薬草とエッセンシャルオイルを配合した、完全無添加オーガニック製品です💓
乾燥肌敏感肌に悩む方にも安心しておすすめできる万能クリームですよ😊

【ど〜〜してもかゆいときの応急処置は、ズバリ”冷やす”こと!】


かゆみには忍耐が大切だと分かっていても、かかないようにするのはとても耐えがたいときありますよね…。
そこで、ど〜〜してもかゆくてたまらないときの応急処置を押さえておきましょう☝️


あせもがかゆくて仕方がないときは、その患部を冷やしてみてください!!

保冷剤(アイスノン)氷水に浸したタオルで患部を冷やすと、かゆみの原因となるヒスタミンという物質の分泌を抑えられるので、かゆみを落ち着かせることができるのです。

ちなみに保冷剤を使う場合は、固いタイプよりも柔らかいものを使ったほうが患部に密着しやすいので使いやすいですよ😉

なお、患部を冷やすときは冷やし過ぎに要注意です⚠️

凍傷の恐れがあるので、もし氷や保冷剤を使用するときは念のため氷枕やタオルに巻いてから使用するようにしましょうね。

【就寝中は要注意⚠️6つの方法であせも(汗疹)の炎症の悪化を防ごう】


普段どんなに気を付けていても、寝ているあいだに無意識にかきむしってしまうことがあるようです!
そこで就寝中に患部をかかないように、寝る前に下記のような工夫をしておくことで無意識のかきむしり対策をしましょう🔽

  • 患部にガーゼや包帯を巻いておく
  • ひっかき防止のために爪を切っておく
  • 患部は、クリームなどで十分に保湿対策をしておく
  • 室内を乾燥させないように夏場はクーラーを、冬場は暖房を消して加湿器は一年中常備しておく
  • なるべく通気性の良い寝巻きを着用するようにする
  • 入浴後は、身体の熱が冷めてしまってから寝るようにする

最後のチェック項目については私も知らなかったんですが、体温が上がって血行が良くなるとかゆみって出やすくなるそうなんです☝️

また入浴直後で身体が温まったまま睡眠するのは、基礎代謝が活発になりすぎて寝つきが悪くなり睡眠の質も落ちるとされているので、どちらにしろ入浴直後の睡眠は避けたほうが良さそうですね◎

【症状が悪化したら、迷わずすぐに皮膚科を受診しましょう🏥】


あせもは多くの場合、1週間ほどで治るようです。

しかし、市販薬などを使っても改善しなかったりもしくは悪化するような場合は、細菌による感染症が起こっていたり、他の皮膚病に発展している可能性があります⚠️

また、最近急増している大人のあせもには、あせもと思っていたのに、実は汗に含まれる塩分やアンモニアなどが皮膚を刺激して起こる接触性皮膚炎という皮膚の炎症だった、というケースもあるようです。。。

したがって、あせもがなかなか治らなかったり症状が悪化するような場合は、何よりも正しい早めの対処が必要なので、自己判断や間違ったケアをせずにすぐに皮膚科を受診するようにしましょう💊

【まとめ|あせも(汗疹)の正しい治し方やケアをマスターして、キレイな胸元をキープしよう!】


なんなんでしょう、かゆいのってど〜〜しても我慢できないですよね⁈
「食欲・睡眠欲・性欲」という人間の三大欲求に、「痒欲」もひとつ加えて四代欲求にしてほしいくらいです🙄

あせもが発症する直接の原因は、やはり汗💦です。
特に夏場の外出時や高温多湿の環境では、日頃から発汗への対策を行うことであせもをそもそも作らないようにしたいですね!

大人は子供よりも治りが遅いし胸は皮膚も薄いので傷痕も残りやすいですので、あせもをかきむしって重症化させたり、色素沈着などの肌トラブルにつながらないように気を付けてほしいと思います。

また、すでにできてしまったあせもには早めの正しい対処が重要になってくるので、重症化する前になるべく早く皮膚科を受診するようにしましょう🏥

下記の記事では、日常生活でできるあせも予防や対策をご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね!♬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です