この記事は約 2 35 秒で読めます♪

ビタミン類は生命の維持に欠かせない栄養素で、その中でもビタミンCが身体に良いというのは広く知られていることです。「よく分からないけど身体に良さそう」というビタミンCのイメージを持っていた方も、それがバストアップにも良いと聞いたらいかがですか?美肌や美白などの美容効果だけではない、ビタミンCの驚くべきパワーに着目してみました。

バストの美しさを決めるのはクーパー靱帯

バスト クーパー靭帯

バストの大きさだけでなく形に大きく関わっているのがクーパー靱帯であることが最近注目されています。確かに、バストアップというのはただ大きくなるだけでは意味がなく、美しく大きくなることが最終的な目的です。その意味でクーパー靱帯が健全な状態に保たれていることは非常に重要なのです。

バストが垂れ下がってくるのはクーパー靱帯が伸びてしまったせいだというのが常識になりつつある中、クーパー靱帯をいかに守るかがバストバップの成否を分けます。

クーパー靱帯の主成分は、コラーゲンです。コラーゲンというと美肌のために摂ったほうが良いとされているものですが、実はクーパー靱帯そのものを守るためにも重要な役割を果たしているのです。

ビタミンCがバストアップに効くワケ

バストアップ ビタミンC コラーゲン

コラーゲンがバストアップにも効果的という言葉だけが一人歩きをすると、コラーゲンを多く含むものを食べれば良いという発想に結びつきがちですが、食べ物から摂取したコラーゲンがクーパー靱帯になる保証はありません。体内にはコラーゲンを必要としているところが他にもたくさんあるのです。

そこで注目したいのが、ビタミンCです。ビタミンCは体内でコラーゲンを生成するために欠かせない栄養素で、いくらコラーゲンだけを大量に摂取しても体内で自分の身につくコラーゲンになってもらうにはビタミンCが必要なのです。しかもクーパー靱帯はとても繊細なコラーゲン組織なので、摂取したものがすぐにそこに付くという単純なものではありません。どちらかというと体内で生成されたものが緩やかに形成されていくというイメージに近いので、ビタミンCを多く摂って体内でのコラーゲン生成を助けてあげるのがバストアップ的には正解なのです。

ビタミンCを多く含む食材

では、コラーゲン生成を助け、クーパー靭帯を守るのに一役買っているビタミンCを豊富に含む食材にはどんなものがあるでしょうか?

野菜編

赤ピーマン 黄ピーマン ビタミンC

100gあたりの含有量が一番多いのが赤ピーマン、ついで黄ピーマンです。スーパーでよく見かける緑のピーマンの熟したものが赤・黄ピーマンです。もちろん緑のピーマンにも含まれてはいますが、赤ピーマンだと緑ピーマンの2倍以上の含有量になります。つまり、いつも食べている緑ピーマンを、たまに赤や黄色に変えるだけでも、ビタミンCの摂取量は上がりますよね?

たとえばチンジャオロース。細切りした牛肉に緑ピーマンが映え、食欲をそそられますよね?この緑ピーマンの量を半分赤ピーマンに変えると、ビタミンCが豊富に取れるだけでなく、色合いも更に鮮やかになります。

果物編

レモン塩

あとは果物でも、酸味の強いものにはビタミンCは多く含まれています。代表格でレモンが思い浮かぶのではないでしょうか?しかし、レモンを積極的に食べようとは思いませんよね?なんせ酸っぱいので。レモンのおいしい食べ方としておすすめしたいのが、「塩レモン」です。一時期話題にもなっていましたが、流行で終わらせるのはもったいないです!

作り方は簡単です。メイソンジャー等の容器に、レモンを輪切りにした物⇒塩⇒レモン⇒塩といったように交互に上に重ねていくだけです。あとは冷蔵庫で1週間~2週間置いて(たまに容器を振って)水気が出てきたら完成!調味料にも使えますし、ドレッシング代わりにも使えます。ヘルシーな上にビタミンCも豊富に摂取できますよ。

ビタミンCを摂る際の注意点

ビタミンC摂取の注意点

バストを綺麗にキープするために一役買っているビタミンCにも弱点があります。「熱・水に弱い」「酸化しやすい」「排出されやすい」の3点です。

熱と水に長時間さらさない調理法で

調理も長時間熱を加えるような調理法は向いていないということです。先ほど紹介したチンジャオロースもささっと炒めなければ、せっかくのビタミンCが摂れないということにも。ゆで料理も水に溶け出す上、熱まで加えるのでビタミンCを保持するには向いていないでしょう。熱を加える調理法であれば、食材は小さめに切って短時間で炒めるか、蒸し料理がいいでしょう。

買ってきたらその日のうちにを心がけて

また、買ってきて長時間冷蔵庫に保管されていませんか?ビタミンCは空気に触れることで酸化しやすい性質も持っています。ですので、買ってきたらできる限り早めに使いましょう

1度にたくさんではなく何回かに分けて

そして、せっかく摂取したビタミンCですが、体内に蓄積できる時間はたった2~3時間といわれています。つまり、1度の食事でたくさん摂取しても、使われなかった分は体外に排出されます。ビタミンCを含むドリンクを飲んだあとの尿がものすごく黄色いと感じたことはありませんか?あれは、ビタミンCが体外に排出された証拠です。ですので、ビタミンCは一度にたくさん取るのではなく、1日3食の各食事に上手く取り入れ、効率的に摂取できるようにしましょう

まとめ|ビタミンCを効率的に取り入れて、美しいバスト作りを

ビタミンC 女性

ビタミンCがどうしてバストアップに効果的なのか、分かっていただけたでしょうか?体内で新しいコラーゲンの生成を手助けをすることで、クーパー靱帯の老化で、バストが垂れ下がったり小さくなるのを防ぐ効果が期待出来ます。先ほども述べましたがビタミンCには美肌効果もあるので、大きくて美しいバストを目指すための強い味方なのです。

とはいえ、ビタミンCって万能なようで弱い一面ももっています。性質をきちんと知っておかなければ、本来摂取できる量のほんの一部しか摂取できないなんてことも・・・。

美肌にもなれて、バストアップの効果も期待できるビタミンCの力を存分に発揮させたいですよね?正しい摂り方を実践して、ハリのある綺麗なバストを目指しませんか?

The following two tabs change content below.
さおりん

さおりん

こんにちは、さおりんと申します。なかなか人に言えない悩みだからこそ、自分で調べたこと、実践したことをしっかりとした情報でお伝えします。少しでもお悩みの解決に役立つためにどんどん書いていきます。私自身も胸は大きい方ではないので大きさに悩む方のお気持ちがよくわかります。でも大きくて悩んでいる方もいるんですよね。どんな悩みも解決できるようにとことん調べていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です