この記事は約 1 2 秒で読めます♪

皆さんこんにちは。BustUp Cafeのクリスです。

今回はバストアップレシピ記事スピンオフといえば大げさですが、レシピ記事のひとつでちょっと紹介ではもったいない!是非作っていただきたいと思ったので、あえて単体で記事にしました。

一時期ブームにもなりましたが、今回ご紹介するのは「鶏ハム」のつくりかたです。しかも使用するのは「なんかパサパサしてる・・・」でお馴染みの鶏むね肉です。実はこの鶏ハム、鶏むね肉とは思えないほどのお肉の柔らかさで、そのまま食べてももちろん、スープやサラダにもちょい足しできる万能メニューなのです!!!

では早速作り方をご紹介します!

鶏むね肉の柔らか鶏ハムの作り方

鶏むね肉は皮を剥ぐ①鶏むね肉についている皮は剥がす

鶏むね肉を観音開きにする②皮を剥いだ鶏むね肉に切り込みをいれ、平べったくする

2つに切り分ける③平べったくした鶏むね肉の真ん中を切って2つに分ける

鶏むね肉にハーブ塩をかける④ハーブ塩をかける

鶏むね肉をくるっと巻く⑤ハーブ塩のついたほうを内側にくるくると鶏むね肉を巻く

ラップで包む⑥巻いた鶏むね肉をできる限り空気が入らないようにラップで包み、1~2日冷蔵庫に寝かす

鶏むね肉をビニール袋に入れる⑦鶏むね肉をビニール袋に入れる

※ラップのまま茹でてもいいのですが、どうしても途中でラップがほどける等して、せっかくのエキスが水に流れ出てしまうため、私はラップの上に密閉式のビニール袋に入れています。

水から鶏を茹でる⑧鍋に水を張り、鶏むね肉の入ったビニールを入れ、火にかける<中火>

湯が沸騰したら火を止める⑨水がぶくぶくと沸騰したら火を止める

余熱で肉に熱を通す⑩余熱で肉の内側まで火を通す

※余熱で火を通している間は、鍋のフタは絶対あけない!

最大のポイントは、水から茹でること余熱で肉の内側まで火を通すことです。この方法で、あのパサつきがちな鶏むね肉が驚くほどにジューシーで柔らかく仕上がります。

オススメの食べ方

味はハーブ塩をまぶしているのでそのままでもやさしい味わいではありますが、マスタード等のアクセントをつけても美味しいですよ。またサラダのトッピングにもオススメで、普通のサラダがちょっとゴージャスになります。ちなみに10日目のバストアップレシピではこの鶏むね肉のハムを使ったレシピを紹介しています。

成功者多数!?鶏肉が胸を大きくする理由とは?でもご紹介したように、鶏肉は胸を大きくするお手伝いもしてくれる女性の味方です。その上ちょっとしたおもてなしにも、普段使いにもあらゆるシーンで使える鶏ハム。是非ご賞味ください!

The following two tabs change content below.
クリス

クリス

こんにちは!態度はでかいが、胸は謙虚。THE 貧乳のクリスです。どうにかして貧乳をバカにするおっぱい星人たちをやっつけてやりたいですね。いややっつけてやりますよーっ!そしてバストアップして見返したいです。胸に関することを調べまくって正しい情報をみなさんにお届けしますねっ( ´ ▽ ` )ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です