この記事は約 3 18 秒で読めます♪

鍛えている女性

「プロテイン」と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持ちますか?筋肉隆々のボディビルダーの人が摂取する食品であるイメージをお持ちの方って結構いるんじゃないでしょうか?そんなムキムキの筋肉を作る必須アイテムともいえるプロテインが、バストアップにも効果が期待できるアイテムにもなるってご存知でしたか?

プロテインはプロテインでも…

ソイプロテイン

ひとくちにプロテインと言っても、大きく分けてプロテインには3つの種類が存在します。

  • ホエイプロテイン(乳清)
  • カゼインプロテイン(乳清)
  • ソイ(大豆)

プロテインの中でもっとも有名で、市販で手に入りやすいものがホエイプロテインで、ヨーグルトの上澄み液に含まれるホエーを原料に作られたプロテインです。カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じく牛乳を原料として作られるプロテインです。ホエイプロテインと異なる点は、製法です。生乳のたんぱく質から作られています。この2つのプロテインは、牛乳から作られることからも分かるように、動物性のたんぱく質です。

そしてもうひとつプロテインには種類があります。植物性たんぱく質を多く含む大豆を原料に作られるソイプロテインです。そして、今回バストアップにも効果が期待できるプロテインとしてご紹介するのがこちらのプロテインです。

そもそも、プロテインとは和訳すると、何度も出てきているたんぱく質です。人間の体の組織を作り、血のもととなるたんぱく質は、人間の体の一部のバストにとっても必要不可欠な栄養素。そして、大豆を原料に作られるソイプロテインには、大豆に含まれる大豆イソフラボンが含まれています。ご存知の方も多いかと思いますが、大豆イソフラボンには、胸を大きくするために必要な女性ホルモンエストロゲンに働きかける作用があるのです。人間の体そしてバストのもととなるたんぱく質に加え、女性ホルモンのように働くイソフラボンの作用があるため、バストアップに効果的とされるのは納得できますよね?

ソイプロテインの効果的な摂取の仕方

まずはソイプロテインの特性を知ろう

大豆

さて、ソイプロテインがバストアップへの効果を期待できる食品として、皆さんの頭にインプットされたうちに、ソイプロテインならではの特性についても触れておきましょう!

大豆のたんぱく質のみを抽出し作られたものなので、効果的にたんぱく質を摂取できるという点で、他の2種類のプロテインと大きな違いはありません。異なる点は、体への吸収速度。多くのスポーツ選手や筋トレに勤しむ人に愛用されることの多いホエイプロテインは、たんぱく質の吸収速度が速いというメリットがあります。筋肉が疲労している運動後の体にスピーディーに取り込まれるという特性が、筋肉を鍛えたい、強い体を作りたい人に愛される理由になっています。同じ牛乳を原料に作られるカゼインプロテインはホエイプロテインと比べると吸収速度が遅くなりますが、満腹感が持続しやすいので、ダイエットにも使えるプロテインです。

では肝心のソイプロテインの特性を見ていきましょう。他のプロテインと違うのは、前述にも書いたように「植物性たんぱく質」であることと「大豆イソフラボン」が含まれていることです。もちろん筋肉を育てるために飲む人もいるのですが、この特性からも、女性のバストにとってうれしい効果が期待できますよね?そしてカゼインプロテイン同様、体への吸収がゆっくりなので、満腹感の持続によるダイエットにも効果があるのです。

ソイプロテインでバストアップを目指すための下準備

発酵食品

では肝心の、ソイプロテインをバストアップにつなげる方法について触れていきましょう。ソイプロテインには、大豆イソフラボンが含まれているため、バストアップに効果はあると考えられます。しかし、体への吸収がゆっくりな性質上、即効性への期待は薄いです。しかも、植物性たんぱく質は動物性たんぱく質に比べ、どうしても、体内での活用率が下がってしまう傾向にあるのです。

つまり、このゆっくりな吸収と、活用率の低さという弱点を少しでも引き上げることで、ソイプロテインの持つバストアップ効果がより高まるのです。その方法とは、体内酵素を増やすことです。食べ物で摂取したたんぱく質は、胃や腸で体内酵素を使って分解され、肝臓や体の各部位でたんぱく質に再合成されながら活躍します。つまり、分解を促す体内酵素を増やすことが、栄養の吸収スピードを上げることにもつながるのです。

体内酵素を増やすためには、胃腸内環境を整えることが大切です。では具体的にどんなことをすればいいかというと「発酵食品を食べる」ことです。発酵食品は体内酵素の働きを補ってくれるため、消化、吸収を効率的に進めるサポーターになってくれるのです。

また、「バランスのいい食事をとる」ことも大切です。腸内環境を整えると聞いて真っ先に浮かぶのが、食物繊維という人も多いと思うのですが、食物繊維だけだと水分が足りず硬い便になり、便秘につながりやすくなります。便秘は腸内に毒素をため込むNG行為なので、やはり、食物繊維だけでなく、お肉も炭水化物も野菜も水分も、バランスの取れた食事をとることが、体の循環を良くする最善策といえます。

常に循環が整い、酵素が充実した体に、ソイプロテインを入れることが、吸収率を高め、ただ何も意識せず飲むよりもバストアップにつながる方法になると言えます。

飲むのにおススメのタイミングは?

寝る前にソイプロテインを飲む

プロテインって、トレーニングとセットで飲むイメージありますよね?ですが、バストアップのためにソイプロテインに挑戦する人で、激しいトレーニングをしようとする人はそんなにいないと思います。ですので、バストアップをする視点で考えたときのおススメのタイミングは、寝る前です。寝ている間に成長ホルモンの分泌が高まるというのはBust Up Cafeでも何度も触れてきましたが、この成長ホルモンにはたんぱく質同化作用というたんぱく質による体細胞の増殖や肥大を助ける働きがあるのです。つまり、寝ている間にたんぱく質の分解・吸収・合成が始まれば、そこに成長ホルモンの力が加わり、細胞の成長につながるのです。

体細胞の成長が促されれば、バストの組織の成長にもつながり、それに加え大豆イソフラボンの持つエストロゲンへの働きかけもあるので、寝ている間のバストアップが可能になるのです。ただし、寝る前にプロテインを飲む際の注意点として、夕食は早め、もしくは控えめにすることが挙げられます。ソイプロテインは大豆のたんぱく質が濃縮された良質なたんぱく質なので、食事の栄養吸収が終わっていない段階で摂取してしまうと胃腸に負担をかけてしまいます。ソイプロテインをメインに考えるのではなく、食事とのバランスで考え、食事でたんぱく質が十分に摂れた時にはプロテインは控える等、自分で調整することも重要になってきます。

まとめ|ソイプロテインは食事の一部と捉えて

綺麗なボディラインの女性

ソイプロテインで胸を大きくするのは、ダイエットの効果も期待できるし、ぜひ挑戦してほしいバストアップ法ではありますが、良質なたんぱく質である以上、摂りすぎてしまうと、分解・吸収・合成をする各臓器に負担をかけ、結果不健康な体を作り出してしまうことにも。なにより、摂りすぎたところで、過剰分は不必要なものとして排出されてしまうので、言ってしまえば、せっかくお金を払って手に入れたソイプロテインを無駄にしていることにもなります。

1日のたんぱく質摂取の推奨量は、女性だと50gです。プロテイン以外の食事からもたんぱく質を摂取することを加味して考えても、1日1杯までくらいにとどめておいた方がいいでしょう。

バストアップは、健康な体があってこそ。せっかくのソイプロテインの効果が、自分の不健康な体のせいで薄まることのないよう、食事とのバランスを考えてうまく生活に取り入れてみませんか?

The following two tabs change content below.
BustUp Cafe編集部

BustUp Cafe編集部

こんにちは♡BustUp Cafe編集部です。みなさんのバストに関するお悩みを解決する手助けができたら良いなと思い、しっかりとした情報を発信していきたいと考えております。胸の大きさや下着、サプリなどとにかくバストにまつわるどんな情報もみなさんの力になれそうなものを嘘偽りなく書いていきます。バストについてはお任せください!みなさんが飽きない素敵なサイトを目指して頑張ります☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です