この記事は約 3 20 秒で読めます♪

ナッツ

バストアップを目指す女性にとって、1日3食のバランスの取れた食事をとることは非常に大切なことです。とはいえ、おやつの時間って犠牲にしたくない…。小腹すくしという方も少なくないはず!

バストアップ生活を邪魔せず、かつ小腹も満たすおススメおやつにナッツがあります。

今回は、ナッツがバストにいいと言われる理由と、数あるナッツの中から自分に合ったものを選ぶコツもご紹介します。

ナッツをおやつにして、やわらかふんわり美乳をつくっちゃいましょう!

ナッツは女性を磨く

バストアップのお手伝いをするボロン

ミネラルナッツがバストアップにいいと言われる理由に、バストアップに効果的とされるボロンが含まれていることが挙げられます。バストアップに効果的な栄養素ボロンとは?でもご紹介したように、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするので、バストアップに欠かせない乳腺の刺激と増加に貢献します。ナッツは熱を通さず食べられるので、熱に弱いボロンを効果的に摂取できる食べ物だと言えます。

女性ホルモンバランスを整えるビタミンE

ナッツには、ボロンだけではなく、若返りのビタミンと言われるビタミンEも含まれています。体の中の老化の原因を取り除くことで、女性ホルモンの分泌を促すので、女性ホルモンのバランスを整えてくれるのです。また、血行を良くするので体の冷えの予防にももってこいなのです。

ビタミンEで女性ホルモンのバランスをとり、ボロンで乳腺の増殖のサポートをするので、バストアップへの期待も大いに持てるというわけです。

ナッツの脂肪は女性の味方

「ナッツは脂肪分が多くてあんまり食べない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ナッツは脂が多く太りやすいと言われているのは、脂肪酸が含まれているからですが、ナッツに含まれる脂肪酸は不飽和脂肪酸。体の中には溜まりにくく太りにくいものなのです。脂肪燃焼を助ける働きもするので、ダイエット効果も期待が持てます!女性の味方すぎる~!!!

脂肪なのにサラサラ?

血流なぜ、この不飽和脂肪酸が体に溜まりにくいものなのかというと、固まる温度が高いからです。お肉に多く含まれる飽和脂肪酸は、原料となっている牛や豚等が私たち人間よりも高い体温の中で血液中に流れています。なので、人間の体内だと、エネルギー源にはなるものの、低い体温のため、固まりやすくなり食べ過ぎることで血液の流れを滞らせてしまうのです。
その点不飽和脂肪酸は、固まる温度が高いので、体の中で固まることなくサラサラと流れていくのです。また、不飽和脂肪酸は、体に必要な必須脂肪酸。体の健康を保つために必要な栄養が、各部位にスムーズに運ばれることで、元気な体作りにも貢献してくれているのです。

脂肪酸さらに不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。腸を刺激して「便秘の改善」「腸内環境」を整え、血行を良くし、オリーブオイル等に多く含まれる一価不飽和脂肪酸と、体調を整え健康維持に働き、青魚やほうれん草等に含まれる多価不飽和脂肪酸があります。

ナッツならどれでもいいの?

さて、ここまで、ナッツが女性を磨く成分を含んでいることをおさえてきましたね。とはいえ、ナッツといってもたくさんありすぎて、どれを食べればいいのかわかりません。それぞれの特性を知って、なりたい自分づくりのサポートナッツを選びましょう!

アーモンドの効能

アーモンドアーモンドは万能ナッツと言っても過言ではないと思います。アーモンドの70%は一価不飽和脂肪酸の中のオレイン酸で構成されており、便秘解消・アンチエイジングの役割があります。また、女性ホルモンの分泌を促すアルギニンバストのハリを作る手助けをするマグネシウムも含まれているので、バストにハリが欲しい人は、アーモンドがおすすめです。

マカダミアの効能

マカダミアマカダミアナッツにはバストアップに必要なタンパク質・脂質・炭水化物と、3つの栄養を吸収しやすくするマンガンが含まれています。また、オレイン酸も豊富に含まれています。
マカダミアナッツには皮脂の分泌を促し、肌の乾燥を防ぎ、コスメにも使われているパルミトレイン酸が含まれています。食べる美容液とも言えますね。バストをふんわりと大きくしたいならマカダミアナッツがおすすめ!また、オレイン酸も含まれており、腸を刺激し便秘の解消に繋がります。

カシューナッツの効能

カシューナッツカシューナッツにはオレイン酸・食物繊維・タンパク質・糖質・ビタミンB1・マグネシウム・鉄・亜鉛が含まれており、別名デトックスナッツとも言われています。腸内環境を整えることはもちろん、髪や爪、皮膚の代謝を促し、栄養を与える力があります。貧血気味だったり、冷えに悩んでいたり、体のだるさに悩んでいたりする方は、カシューナッツでデトックスをして、体の調子を整えながらバストアップをしましょう!

くるみの効能

くるみくるみカルシウムが豊富で、バストアップの大敵ストレスの緩和に働きます。くるみは他のナッツとは異なり、女性ホルモンを増やす働きに優れた多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸を多く含んでいます。
さらに眠りの質を上げるトリプトファンが含まれてます。トリプトファンは心と体の緊張をほぐし、血行・ストレス改善にも繋がるのでバストアップにも効果があるとされています。睡眠に関する悩みや精神的に疲れている方におすすめです。

 

ナッツと言っても種類も効能もそれぞれ違います。自分に合ったナッツをおやつに取り入れると、バストアップだけでなく、お悩み改善にもつながるかも!

ナッツをおやつにするときに気を付けたいポイント

今の自分に合ったナッツが分かったから、今すぐ買いに行こうと思っている方に、少しだけ気を付けるポイントをお伝えします。

塩分にはご注意を

塩分不使用

市販のナッツには、塩分がふりかけてあるおつまみ向きのものが多くあります。おいしいですよね。でも、バストアップや美容のためには、ローストされた食塩不使用のものを選びましょう。塩分の摂りすぎはむくみや高血圧に繋がるため、おやつとしてナッツを食べるなら、食事のことを考えてナッツの素材の味を楽しみましょう。

また、食べるときには、よく噛みましょう!満腹中枢が刺激されて、小腹を満たすことが出来て少しの量でも満足感を得ることができます。ついついおやつを食べすぎちゃう・・・という方も、ナッツの満足感で食べ過ぎをセーブすることが出来ますよ。

食べる量はどれくらい?

体にいいと言っても食べ過ぎは、体に毒です。

アーモンドは25粒・くるみは手のひら1杯・カシューナッツは手のひら1杯半が1日の目安量です。もちろん組み合わせて食べるときは、各目安量を減らして食べるようにしましょう。

また、お酒が好きな方には、ピスタチオがおすすめです。ピスタチオはカリウムが豊富でむくみ防止にもなります。目安としては43粒で、アルコールがバストに悪さをしないようにしてくれますよ。

まとめ|小腹を満たして美しくなるナッツを今日のおやつに

ナッツ

ナッツは、バストアップにつながる、心と体のデトックスをしてくれるものやアンチエイジングをしてくれるものがあったりと、女性にはうれしい食べ物です。これは食べなきゃ損です!

脂肪燃焼を助け、女性ホルモンを整えるビタミンEと女性ホルモンの働きを助けるボロンによるバストアップに効果を発揮するナッツなら、罪悪感を感じてしまうおやつタイムも有効活用できる!おやつタイムさえも有効に使って、こっそりメリハリボディになっちゃいましょう。

実は私も、最近アーモンド・くるみ・ピスタチオをそれぞれ少しずつ、ポリポリと食べています。まだ、目に見えるような効果はありませんが、ついつい仕事中に手が伸びて、だらだら食べてしまっていたおやつがなくなったおかげか、体重が減りました。少しずつの変化を、おいしいナッツを食べながら楽しんでいけたらと思っています!

The following two tabs change content below.
rose

rose

食べることが大好きなローズです。常に何か食べています(笑)。胸に良い食べ物とか、飲み物とかはお任せください♬リサーチ済みです!でも最新情報もきちんと入手してみなさんの力になれる記事を書いていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です