この記事は約 1 43 秒で読めます♪

泳ぐマグロ

古くから日本人が親しんできたマグロは、寿司ネタとしても不動の定番です。マグロを食べる文化を昔から持っている日本は世界的に見ても世界トップクラスのマグロ消費国です。

そのマグロがバストアップに効果的であることは、バストアップ業界では半ば常識のようになっています。その最大の理由にはビタミンEの存在がありますが、その他にもマグロにはバストアップに効果的な栄養がいっぱい。

それでは、マグロがバストアップに効果的な理由を全て解説しましょう。

マグロは食べるバストアップサプリ?

マグロを食べる

女性のバストを構成しているのは、筋肉と脂肪分です。脂肪分がバストに集まってくることでふっくらとした形を作り、筋肉がその形を維持します。

筋肉の成長に直接必要なのはタンパク質とアミノ酸ですが、マグロにはこの両方が豊富に含まれています。さらに、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌を活性化させる成分としてビタミンEも豊富に含まれているので、まさにマグロは天然のバストアップサプリです。

しかも古くから日本の食卓に合う食材なので食べ方もさまざま。マグロを美味しく食べることに長けている私たち日本人は、バストアップをするには、実に恵まれた環境にあるのです。

バストの成長に欠かせない2大栄養素をマグロで摂取

マグロステーキ

マグロには赤身から中トロ、トロなどさまざまな部位があります。トロは脂肪分がとても多く、赤身はその逆です。中トロは名前の通り、その中間です。

ふっくらとしたバストを作るには良質な脂肪分が欠かせませんが、マグロに含まれる脂肪分はこの条件を満たした良質な脂肪分です。また、魚由来の脂肪は生活習慣病の原因になりにくく、健康的にバストを成長させてくれる働きを持ちます。

また、先ほど解説したようにマグロに含まれるタンパク質とアミノ酸は筋肉の成長に欠かせない栄養素で、バストを支えて形を維持してくれる大胸筋の栄養源となります。

このため、良質な脂肪分を摂るという意味では中トロやトロを食べるのも効果的なのですが、こうした脂肪の多い部位はたまに食べる程度で十分です。日常的に食べるのであれば赤身のほうが、筋肉のもととなるので、バストアップにも効果的です。

トロよりも赤身で長く続けよう

マグロ

マグロはとても高タンパクで低カロリーの食材として、ダイエット食としても優等生として紹介されています。ただしこれは赤身の話であって、トロや中トロは脂肪分が多くカロリーも高くなるので、ダイエット食というカテゴリーには入りません。

あまり頻繁に食べる必要はなく、むしろ赤身を日常的に食べるべきと述べたのは、そのためです。マグロの赤身は高タンパク低カロリーなので、バストアップだけでなくダイエットにも最適というわけです。

また、マグロの赤身は、トロと比べると価格も比較的安価です。毎日は難しくても、定期的にバランスの取れた食事の一環として取り入れやすいという経済的なメリットも。いくらバストアップに良い食材だからと言っても、家計を圧迫するほどの贅沢なものだと、続けるのが難しくなりますよね?

マグロの赤身を普段の食卓に採り入れるだけで、バストアップに必要な栄養価が劇的に変わります。

まとめ|普段の食事でサプリメントに頼らないバストアップを

マグロ丼

バストアップサプリには色々な成分が配合されていますが、その中にはタンパク質やアミノ酸、ビタミンEなどマグロを食べるだけで摂取できる栄養素も多く含まれています。サプリメントに頼ることなくバストアップを目指すのであれば、マグロは理想的な食材だと言えますね!

近年、マグロの漁獲量に制限がかかっている影響により、赤身であっても少々値が張ることもあるマグロ。でも、回転ずしでは100円で食べられるお店もまだまだありますし、特売で安く手に入れることができる日だってあります。天然のバストアップサプリであるマグロを、胸を大きく・きれいにしたいのに活用しない手はありません。可能な範囲で、普段の食卓に加えてみてはいかがでしょうか?

 

The following two tabs change content below.
さおりん

さおりん

こんにちは、さおりんと申します。なかなか人に言えない悩みだからこそ、自分で調べたこと、実践したことをしっかりとした情報でお伝えします。少しでもお悩みの解決に役立つためにどんどん書いていきます。私自身も胸は大きい方ではないので大きさに悩む方のお気持ちがよくわかります。でも大きくて悩んでいる方もいるんですよね。どんな悩みも解決できるようにとことん調べていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です