この記事は約 1 24 秒で読めます♪

テレビや雑誌、モデルさんなど多くの女性が「鶏肉」を食べるとバストアップする!と注目し昔から話題になっているこの「鶏肉」とバストアップの関係。有名人やグラビアアイドルが「昔から鶏肉食べています!」と言われたことが発端だとも言われますが、今回は、その鶏肉の栄養素とバストアップに繋がる要因について徹底リサーチしてみました。

なぜ鶏肉がバストアップによいとされるのか?

バストアップに効果的な鶏肉

鶏肉には良質な「たんぱく質」が含まれています。特にたんぱく質の中でも「動物性たんぱく質」が豊富です。たんぱく質はバストアップだけに限らず、人間の体をつくると言っても過言ではなく、、血液や筋肉をつくり、さらにホルモンの分泌を促します。また鶏肉を摂取し大胸筋を鍛えるといった点でもこのたんぱく質が作用しバストアップに繋がるとされています。タンパク質の血液をつくる性質が、女性ホルモンの分泌にも繋がり、一番重要な効果となっているのです。血液の循環がよくなり、よりよい栄養をバストまで運び女性ホルモンが胸に届きやすくなると、バストアップに直結する乳腺を刺激し発達させます。

そして、実は鶏肉にはたんぱく質のほかに、バストアップに良いとされる栄養素が含まれています。鶏肉にはたんぱく質の他に「ビタミンA」「ビタミンB」があります。ビタミンAは新陳代謝を上げ肌のツヤやハリを保つ効果があり、ビタミンBはホルモンのバランスを整え基礎代謝を上げる効果で基礎体温を高くし、冷えにくい体を作ります。新陳代謝がよくなるとバストに栄養がいきわたりハリツヤのある若々しいバスト、そして冷えにくい体によってふくよかなバストを保つことができます。鶏肉はたんぱく質だけでなくこのような相乗効果が期待できるのです。

まとめ|鶏肉で胸を大きくするコツ

バストアップには鶏ささみ

スタイルの良い芸能人の言うことなので、バストアップ成功のイメージも湧きやすい鶏肉。ですが、ただ鶏肉を食べればいいわけではありません。

鶏肉の部位によっては、脂肪が多く高カロリーな鶏皮や手羽先、鶏もも肉もあります。これらの部位をバストアップのためだと食べ続けていたらどうなるでしょう?バストアップに体重増というオプションが加わってしまうかもしれません。体型の維持をしながらバストアップを目指す人などは注意が必要です。

鶏肉の中でも特にささみやむね肉が高タンパク、低カロリーでダイエット中など体重が気になる女性でも摂取しやすいのではないでしょうか?色々なレシピで簡単に取り入れやすいですし。

また、鶏肉に含まれるたんぱく質も適量摂取が重要です。たんぱく質の過剰な摂取は、たんぱく質がアミノ酸に分解された後、余ってしまったアミノ酸がアンモニアに変化することで、排尿の必要が高くなり、腎臓への負荷がかかりすぎることになります。成人男性であれば60g、女性であれば50gの摂取を推奨されています。(出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」より) 鶏ささみの100gあたりのたんぱく質含有量は23gです。植物性たんぱく質との組み合わせで日々の推奨量を摂取し、鶏肉で胸を大きくしてみませんか?

おススメのレシピはこちら
大豆ごろごろ スープカレー(鶏ささみが使用しています)
ちょっぴりヘルシー 揚げない油淋鶏(鶏もも肉を使用しています)

 

The following two tabs change content below.
kizu23

kizu23

こんにちは、kizu23です。私自身も胸の大きさに満足していないわけではないのですが老いが襲ってきて困っています↓垂れをどうにかしたいです。もし、私と同じ悩みをお持ちであるなら一緒に解決できたら良いなって思います。年齢を重ねてもきっと、ケアさえすればどうにでもなると私は思っています♬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です