この記事は約 1 32 秒で読めます♪

チーズ

皆さん、チーズはお好きですか?私は、今この写真を見ているだけでも、よだれが出そうなほど大好きです。濃厚で、あのちょっと癖のある匂いがたまらないですよね!あと、そのままでもいいけど、温めてトローンとなったチーズは、見ているだけで幸せになります。すみません、嘘をつきました。食べたいです。昔からの夢は、アルプスの少女が食べてたあのチーズパンを食べることです。

話がそれてしまいました!チーズの話に戻りましょう。食事はもちろん、おやつにおつまみ、なんにでも使える万能食品のチーズがバストアップに効果的と言われているのをご存知でしょうか?今回はバストアップにどうしてチーズがいいのか調べてみました。

どうしてバストアップにいいの?

チーズ

人間を作るための栄養が豊富なチーズですが、なぜ、バストアップにいいといわれているのでしょうか?確かにバストも人の体の一部だから、形成はされるだろうけれども…。大きくなるという理由が見えないですよね?

まずは、「たんぱく質」がバストアップにいいのです。
もちろん、バストの細胞を作るという重大任務があるからというのもあるのですが、たんぱく質には、バストの成長に直接関与している乳腺の発達作用があるのです。女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す働きを持っているので、乳腺を刺激し、胸を大きくするのに間接的に関わっているのです。また、たんぱく質は筋肉などを作るのにも重要な栄養素であり、バストを支える大胸筋を強くしてくれる効能も併せ持つ、まさにバストアップには欠かせない栄養素です。

次に「脂肪」です。
太る=脂肪がつくというイメージがある方が多いですよね?脂肪が体に定着してしまうことで、太ることは確かです。ですが、先ほども述べたように、脂肪は生命維持に欠かせない栄養なので、摂らないわけにはいきません。また、バストを構成する要素の9割が脂肪です。脂肪をうまくバストに蓄積できないと胸は大きくなりません。ですので、太るからという理由だけで脂肪を悪者扱いしては、バストアップができない状況を作っているようなものなのです。脂肪もバストアップには必要不可欠な成分です。

チーズは女性ホルモンの働きを助ける救世主!


たんぱく質には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す働きがあると述べたように、チーズは女性ホルモンとも関連を持っています。

エストロゲンといえば、バストアップに大きな働きを持つ、欠かせない代表的な女性ホルモンでしたよね。(参考:女性ホルモンに影響を与える成分)
私たち女性の身体は、女性ホルモンと密接に関わり合いながら長年付き合っていかなければなりません。
数十年生理と闘って閉経を迎えたあとも、更年期という必ずすべての女性に訪れる時期が待ち構えています。
この更年期という時期は、先ほども述べたエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が急激に減少し始める時期でもあるんです。
女性ホルモンの分泌量の急激な変化により、体調に急激な変化をきたしてしまう人も出てきてしまいます。これが更年期障害というものです。

人によって症状は様々ですが自律神経のバランスの乱れの影響から、食欲不振ストレス疲労が重なったり胃腸の不調が起きやすくなってしまいます。
その際に、やはりすべての生活習慣の基本となる食生活で、どれだけ必要な栄養素を普段から意識して摂取できるか、ということが大事になってくるんですね。
そこで、豊富な栄養素を含んだこのチーズが大いに役立ってくれるのです!

食物の5大栄養素と言われているものがあります。
▪︎たんぱく質
▪︎脂質
▪︎炭水化物
▪︎ビタミン
▪︎ミネラル(カルシウム)
の5つです。そのうち、4つの栄養素をチーズは備えているんです!

特に更年期は、骨の量そのものが減少し骨の中がスカスカになってしまう“骨粗しょう症”を引き起こしやすくなってきます。
そのためには、日頃から骨を形成する働きを持つカルシウムを意識して摂取する必要があるということになります。
チーズには、カルシウムが豊富に含まれている乳製品です。
そして、チーズの主成分であるたんぱく質に含まれるエストロゲンには、骨を守ってくれる働きカルシウムの吸収を助ける働きを併せ持つ、骨や血管に良い影響を与えてくれる女性ホルモンなのです。

将来訪れるであろう女性ホルモンの減少による更年期障害が憂鬱に感じるのならば、豊富な栄養素を持つこのチーズを摂取する他ないでしょう♪
そしてまた、バストアップへつなげたいのならば、エストロゲンの分泌を促す働きを持つたんぱく質を豊富に含んだチーズを摂取する他ないでしょう♪
以降では、チーズにはどのような成分が含まれているのか、具体的に見ていきたいと思います!

チーズにはどんな成分が入っているの?

チーズって、牛乳からできているから、カルシウムはいっぱいなんだろうな~くらいにしか考えてこなかったんですが、実は栄養たっぷりの食品なんです。
しかも、牛乳を濃縮して作る分、牛乳よりも、効率よく栄養を摂れると聞いて、牛乳嫌いの私にとってこんなにうれしい事実はありませんでした。
早速どんな成分が含まれているか見てみましょう!

チーズの成分その1:カルシウム(ミネラル)

カルシウム

牛乳を原料として作られるチーズには、カルシウムもたっぷり入っています。
カルシウムは骨を形成し血圧の調整を司る、身体の機能を維持するうえで必要不可欠なミネラル分です。
日本人はカルシウム不足だと言われているので、将来”骨粗しょう症”にならないために、子どもから大人まで、毎日意識してカルシウムを摂るように心がけましょう!

チーズの成分その2:たんぱく質

たんぱく質

骨や筋肉などの人の細胞を作るために必要不可欠なたんぱく質も、チーズにたっぷり含まれています。
なんと、チーズの成分の20%~30%がたんぱく質でできているんです。
たんぱく質は高血圧の予防にも効果的だと言われています。
さらにたんぱく質には、身体に必要な必須アミノ酸をバランス良く含んでおり、このアミノ酸は肝臓の機能改善に効果的とも言われています。

チーズの成分その3:ビタミン

ビタミン

健康維持や美容のために必要なビタミン類も、意外や意外、豊富に含まれているのです。
特に、チーズにはビタミンAビタミンB2が多く含まれています。
ビタミンAには、皮膚や粘膜を保護したり、視力を良くしたり身体の免疫力を高めてくれる働きがあります。
ビタミンB2には、体内の脂肪燃焼効果や、身体疲労を回復させる働きも持ち併せています。
ただし注意点としてビタミンCは入っていないので、ほかの食品で補う必要があります。

チーズの成分その4:脂肪

脂肪

チーズの25%~30%を構成する脂肪も、生命を維持する上で欠かせない栄養です。
体温を保ったり、内臓を守ったり、動くエネルギーになったりと、ダイエットの邪魔だと言われがちですが、人間が生きる上で必要な成分なんです。
チーズに含まれる脂肪分は、消化過程では分解されやすく、エネルギーへと素早く変化させるため、脂肪分と言っても実は太りにくいものなのです。

バストアップだけじゃない!豊富な美容効果


チーズには豊富な栄養素がたっぷり含まれているんですね♪
チーズを摂取することで得られる効果は、実はバストアップだけに限らないんです。
私たちにとって他にも様々な、嬉しい美容効果をもたらしてくれるんです!

チーズの美容効果その1:美肌効果

チーズには、美容に嬉しいビタミンA・ビタミンB2が多く含まれています。ビタミンAには肌や粘膜を健康に保ったり、動脈硬化を予防してくれる働きを持っています。ビタミンB2にはイキイキとした健康的な肌を作り、肌の代謝を高めてくれる作用があることでアンチエイジング効果も期待できます。

チーズの美容効果その2:整腸効果

美容と健康に大敵であり、多くの女性の悩みでもある便秘。そこで、腸内環境にとって重要になってくる栄養素が乳酸菌なのです。チーズには、善玉菌である乳酸菌が豊富に含まれており、悪玉菌をやっつけて便秘を改善し腸内環境を整えてくれる働きを持っています。

チーズの美容効果その3:美髪効果

美容に効果のある栄養素を多く持つチーズ。そのなかでも髪の毛に最も効果的なのはたんぱく質とビタミンB2です。強く美しい髪の毛の生成を育てる手助けをしてくれます。さらにカルシウムは、ストレスによる薄毛から髪の毛を保護してくれる役割を持っています。

バストアップ効果を高める上手な取り入れ方

チーズ料理

チーズの「たんぱく質」「脂肪」が、胸を大きくするのに貢献してくれることはわかっていただけたと思うのですが、ただ食べるだけではもったいないんです。

オススメのチーズの種類

最もオススメ♪ クリームチーズ

チーズの選び方も重要ですね。
スーパーでの陳列を見ていてもチーズには多くの種類があると思うのですが、中でもクリームチーズが、バストアップにはいいです。チーズの中で脂肪分が最も多く含まれているので、脂肪の多いバストを補ってくれます。脂肪分が多いといっても、カロリーは他のチーズと比べても低いのでそこも嬉しい点ですね♪
クリームチーズは柔らかいので、パンに塗ってもよし、野菜にディップしてもよしといったように食べ方の工夫が様々です。自分の好きな食べ方を発見するのも楽しいですよ。

栄養素たっぷり♪ ハードチーズ

ハードチーズと呼ばれている、硬めのチーズもバストアップにはオススメ。
代表的なものだと、パルメザンチーズチェダーチーズなどになります。
水分が他のチーズの種類よりも少ないので、脂肪分も豊富に含まれており、栄養素がギュッとつまっています。
パルメザンチーズに至っては、1位のクリームチーズよりもたんぱく質が多く含まれています!

赤ワイン+チーズの組み合わせ


お酒好きの方には朗報かもしれません!
バーなどでもよく見かけられる光景ですが、チーズをおつまみに赤ワインを飲む、という方もいらっしゃるでしょう。
実はこの赤ワインとチーズという組み合わせ、バストアップにはとても効果的なのです!赤ワインには、ポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールには新陳代謝を活発にさせたり、血行を促進してくれる作用があるためホルモンバランスを整えてくれます。そうして活性化された女性ホルモンの分泌を、チーズのたんぱく質が促してくれることで乳腺が刺激され、バストアップにつながるという相乗効果が生まれるのです!

その他のバストアップに効果のある食べ物

チーズって本当に美味しいですよね。
しかし、脂肪分が多くてカロリーも高めなチーズばかり食べていると、栄養が偏ってしまい、食事のバランスが取れなくなってしまいます・・・
そこで、より効果的にバストアップにつなげるなら、チーズだけでなく他の食品と組み合わせて摂取した方がバランスが取れそうではないですか?
さらに!チーズ以外のバストアップに効果的な食品と一緒に摂取すれば、飽きることなく効率的にバストアップ出来ると思いません!?

当サイトでは、過去にも「バストアップに効果的な食事」として様々な食品を取り上げてきました♪
代表的なものを挙げていくと・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓

チーズ以外のバストアップに効果的な食品
・アボカド
・大豆製品(豆腐、納豆、豆乳など)
・キャベツ
・鶏肉
・トマト
・マグロ
・ナッツ

そこで今回は!!!
「チーズ×バストアップに効果的な食品」で組み合わせた簡単なレシピを紹介したいと思います♪
本当に簡単な調理法なので、お料理が得意な方はどんどん勝手にアレンジしちゃってください!

お手軽レシピその1:アボカドのチーズオーブン焼き


女性人気の高いアボカド
「畑のバター」とも言われ、豊富な栄養素を含んでいます。
バストアップに効果的なたんぱく質ビタミン類までバランスよく含まれているので、組み合わせとして最適です。

材料例 1人分
アボカド 1/2個
スライスチーズ 1枚
胡椒 お好きなだけ
半熟玉子(お好みで) 1個

【作り方】
①アボカドを縦半分に切って、種を外す
②アボカドの実の部分を皮からはずし、食べやすい大きさに切る
(皮は容器代わりに使えるので取っておく!)
③取っておいた皮のなかに、切ったアボカドの実とお好みで半熟玉子を入れる
④上にスライスチーズをのせて胡椒をお好みの量かける
⑤オーブンやトースターでチーズに焼き目が付くぐらいまで焼く!
  
完成♪

お手軽レシピその2:鶏肉とキャベツのトマト煮込チーズ入り


はい、そうです。
鶏肉キャベツトマト全てバストアップに効果的な食品なのです!
このレシピを思い付いた時、珍しく自分を褒めてあげようと思いました。
トマトには豊富なビタミン類、鶏肉には良質なたんぱく質とこれまたビタミン類、キャベツにはおなじみボロンが豊富に含まれています。
お野菜をもっと摂りたい方は、他にもお好みで入れてあげるとさらにヘルシーで栄養バランスが取れるでしょう。

材料例 1人分
鶏肉 100グラム
トマト缶 1/2缶
キャベツ お好きなだけ
お好きなチーズ 30グラム程度
固形コンソメ 1/2個
塩・胡椒 適量
ウスターソース 適量

【作り方】
①各材料を食べやすい大きさに切る
②鍋で鶏肉を焼き目が付くまでしっかり炒める
③トマト缶を投入
④少し煮込んだらキャベツも投入
⑤コンソメ、塩・胡椒、ウスターソースで味付け
⑥味がついてまた少し煮込んだら、溶けていい感じになるように食べる直前にチーズを入れる

完成♪

お手軽レシピその3:調理の手間一切必要ナシ!お手軽おやつ


バストアップ効果が期待出来る食材として鉄板の豆乳
大豆イソフラボンだけでなく、ビタミンEマグネシウムも含まれており、これらはバストアップだけでなく美乳効果にも期待出来るんですよ♪
これに組み合わせるのが、子供から大人まで幅広く親しまれているkiriのクリームチーズ
これもクリームチーズですので、やはりたんぱく質脂質が豊富に含まれています。

材料例 1人分
kiriクリームチーズ 1〜2個程度
豆乳 200~300ml程度

【作り方】
①kiriクリームチーズと豆乳を用意する
②召し上がる

完成♪

ね、手抜きお手軽でしょ♪
最後のおやつなんてレシピですらないですからね。
ちなみに他にも当サイトでは、バストアップレシピと称して、
バストアップに効果的と言われる食材を使ったオリジナルレシピもご紹介していますので、
よろしければ参考にしてみてくださいね! 

チーズを摂取する際の注意点

新たな発見
チーズにはバストアップや美容に効果的な栄養素が豊富に含まれていることが分かりましたが、
いくらチーズが好きで、バストアップにいいと知ったからといってチーズばかりを食べていたら、太っていた…なんてことにも。
チーズの過剰摂取をしてしまうと、これらの悪影響が出てしまうことも!

体臭がきつくなる

チーズに豊富に含まれている脂質は、摂りすぎると腸内にある絨毛(じゅうもう)という突起物の間に詰まってしまいます。
絨毛が詰まったままにしておくと、当然腸内が汚れて酸化してしまいます。
その酸化が腐敗臭を招き、体臭が強くなってしまうおそれがあるのです💧

頭痛や吐き気

チーズには、たんぱく質が分解されてできるチラミンという成分が多く含まれています。
チラミンには血管を収縮させる働きがあり、このチラミンが体内に蓄積されると急激に血圧を上げるおそれがあるのです。
次第に時間が経つにつれチラミンが減少してくると、収縮していた血管が戻ろうとして血管が今度は拡張しようとする働きをします。
その際に頭痛や吐き気を引き起こしてしまうことがあるのです💧

動脈硬化のおそれ

チーズには飽和脂肪酸という脂質が豊富に含まれています。
この飽和脂肪酸を摂取しすぎてしまうと、血中の悪玉コレステロールが増えてしまうので、
動脈硬化につながるおそれがあります💧

まず、大きなポイントとしてチーズには脂肪成分が豊富であることを忘れないでください。
いくらバストアップに脂肪が必要であっても、過剰に摂取してしまうと、ふつうに不必要な脂肪が体についてしまって、太る原因になります。
1日の目安量としては40〜50グラム前後です。(スライスチーズ:2~3枚カットチーズ:2個程度
あと、ビタミンは豊富ではありますが、ビタミンCは入っていません
ですので、ほかの食品とうまく組み合わせてとる必要があります。ビタミンCは肌をきれいに保つ役割をもち、この役割もまた美乳をキープするのに必要な力になります。
ですので、チーズは出来るだけトマト等の野菜と一緒に食べるようにしましょう。

様々な栄養素を豊富に含むチーズ。
それぞれの栄養素どれもが私たちの身体に必要であるからこそ、バランスの悪い過剰な摂取は身体への負担を招いてしまい、逆効果になってしまう可能性も秘めていることは事実です。
他の食品と上手く組み合わせてバランス良く取り入れていきましょう♪

まとめ|おいしいチーズで楽しくバストアップを

チーズフォンデュ

たくさんの種類があって、食べ方もいろいろあって、飽きずに続けられるのがチーズバストアップの魅力です。だって、牛乳をたくさん飲むより少ない量で効率的に栄養を摂ることができますから。

前述までにも触れましたが食べ過ぎにさえ気を付ければ、1日の食事や間食に取り入れて、バランスのとれた食事として摂取が可能ですよね?

私はというと・・・
○アイコンサラダに粉末チーズをかける
○アイコン固形チーズを細かく切ってスープに入れて飲む
○アイコン朝食代わりにトーストに乗せてチーズトーストにする
などなど、チーズをとるぞ!と意識しないで、本当に普段の食事のアクセントとして使っています☆
バランスのいい食事に自然な形でチーズを取り入れて、バストアップを目指しませんか?

バストアップレシピおススメのチーズメニューはコチラ
鶏肉のチーズピカタ
鶏肉とほうれん草のフライパングラタン
The following two tabs change content below.
BustUp Cafe編集部

BustUp Cafe編集部

こんにちは♡BustUp Cafe編集部です。みなさんのバストに関するお悩みを解決する手助けができたら良いなと思い、しっかりとした情報を発信していきたいと考えております。胸の大きさや下着、サプリなどとにかくバストにまつわるどんな情報もみなさんの力になれそうなものを嘘偽りなく書いていきます。バストについてはお任せください!みなさんが飽きない素敵なサイトを目指して頑張ります☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です