この記事は約 2 16 秒で読めます♪

「ボロン」はバストアップにいいと聞くけれど、いったい「ボロン」って何?あまり知られていないボロンを紹介しながら、摂るタイミングもご紹介しちゃいます。

ボロンとはいったい何?

ボロン 体内ミネラル バストアップ

ボロンとは、体の中にある微量のミネラル成分で、女性ホルモンのエストロゲンを増加させます。ボロンを摂ると、血液中に入っているエストロゲンが約2倍になり、乳腺を刺激して発達します。乳腺が発達すると、乳腺を守るように脂肪が増えてバストアップへと繋がるので、ボロンがバストアップに効果的とされているのです。(こちらも参考:質より量?脂肪をバストに蓄積するためのコツとは?

胸を大きくするエストロゲンに直接働きかけるボロン。女性にとって、胸にとって万能なように感じますが、実は「熱に弱い」という弱点もあるのです。ですので、調理などで加熱をしてしまうと、せっかくの栄養が損なわれてしまうというのです!加熱調理には向いていないということですね。

ボロンを摂るのに最適な食材とは?

ボロン 果物

ボロンは熱に弱いので、過熱せずに摂ることが大切です。加熱せずにおいしく摂取できる食べ物として果物が挙げられます。

ボロンが含まれている果物

バナナ・リンゴ・ぶどう・梨・桃・プルーン・ナツメヤシ・アボカドと手に取りやすい果物に含まれているのです。

そして、ボロンは一日に3ミリグラム摂るのがベストで、これはキャベツだと1玉も必要ですが、リンゴだと中1個と無理なく食べられる量で十分なのです。

果物でボロンを摂取する際に気を付けることは、食べる時間です。果物には糖分が含まれているので、夜に食べると糖分が代謝されにくく太る原因になってしまいます。ですので、朝に食べると一日の消費カロリーとして使われてボロンもしっかりと摂れるので、オススメです。また、果物のジュースでもいいのかというと、市販されているジュースは熱を加えているので、ボロンは含まれていません。ただし、自分で作る場合は別です。フレッシュジュース・スムージーなら熱を加えていないので、ボロンがしっかりと含まれています。

どうしても夜はダメなの?

果物が苦手な人も、朝に果物を食べる時間がないという人もご安心ください。夜でも安心して食べることが出来て、ボロンもしっかりと摂れる食べ物もありますよ。

とろろ昆布・わかめ・めかぶ・アーモンド・ピーナッツ・ハチミツ・大豆・豆乳製品・納豆、これならどうでしょうか?無理なくボロンが摂れそうですよね。

ボロンを摂るタイミング

女性ホルモン分泌のタイミング ボロン

ボロンがどういうものか、含まれている食べ物が分かったら、次はタイミングです。ボロンを積極的に摂ったほうがいいときと、摂らないほうがいいときがあるのです。決め手は女性ホルモンです。(こちらも参考:生理前に胸が張る?女性ホルモンと胸の密接な関係とは?

エストロゲン

月経期から排卵期まで分泌され、乳腺を刺激し発達させます。バストアップに必要な刺激が分泌されているこの時期に、ボロンを積極的に摂ることでエストロゲンの効果を高め、バストアップが期待出来るのです。

プロゲステロン

生理周期には排卵期が終わってから生理が始まるまでの約二週間の黄体期という期間があります。この期間に、子宮内が妊娠しやすい状態を作るため分泌されるホルモンのことをいいます。プロゲステロンは、乳腺を形成するホルモンです。エストロゲンが分泌されて乳腺を刺激したあとに、それを胸にとどまらせてバストラインを綺麗に大きくするのが、プロゲステロンなのです。プロゲステロンは不足しやすく、体のバランスを崩すこともありますが、きちんと分泌されていると精神的にリラックスできる効果がある心地のいいホルモンなのです。

エストロゲンがプロゲステロンより多いとどうなるの?

黄体期にボロンを積極的に摂ってしまうと、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れてしまい、せっかくのボロンも活躍できなくなってしまうのです。体にももちろん影響が出ます。脂肪の増加・むくみ・子宮の動きを鈍くし病気にかかりやすい状態になる・生理前のイライラなどのPMS、アレルギーなど、いろいろとありますが、一番は「老化の促進」。バストを守るために、バストアップのためにとボロンを摂っていたのに、体に悪く働いてしまっては元も子もないですよね。

黄体期にボロンを積極的に摂るのは控えましょう。

まとめ|体と生活のサイクルにボロンを上手く取り入れバストを育てよう

ボロン 女性ホルモン

バストアップに効果的とされる「ボロン」という栄養素についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

エストロゲンに作用することからも、かなりバストアップに期待が持てますよね?でも、記事にも書いたように摂る時期を間違うと、体に悪い影響が出ることも。ですので、自分の体のサイクルと相談しながらボロンを摂取するようにしましょう。また、生活のサイクルに上手く取り入れるのも習慣がなければ難しいものですよね?私は、毎朝のバナナを欠かさないようにしています。もちろんすぐにバストに効果が出ているわけではありませんが、毎朝の果物の習慣で肌の調子が上がったように感じます。何より、朝食がパンだけだったときに比べると、腹持ちがよく、昼食前の無駄な間食が減って、結果良いダイエットにもなっています。

自分の体と生活のサイクルに合わせて、上手にボロンを取り入れてバストアップしちゃいましょう!

 

 

The following two tabs change content below.
rose

rose

食べることが大好きなローズです。常に何か食べています(笑)。胸に良い食べ物とか、飲み物とかはお任せください♬リサーチ済みです!でも最新情報もきちんと入手してみなさんの力になれる記事を書いていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です