この記事は約 2 7 秒で読めます♪

胸に手を当てる女性

せっせとバストアップサプリを飲んだり、いろいろなバストアップ法を試してたり、努力しているのになかなか効果が出ずに悩んでいる方いらっしゃいませんか?

実はそれ、ラクトゲン受容体が関係しているのかもしれません。っていわれても「ラクトゲン受容体?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?ラクトゲン受容体は、バストアップと深い関係のある器官。成長期のバストの大きさは、その量で決まるといっても過言ではありません。

ではその量はどうやって増やすの?無い人は作り出せるの?という疑問や、活性化する方法にお答えするべく、詳しく調べてみました!

ラクトゲン受容体はバストアップに必須?!

乳腺の中に存在する器官

ラクトゲン

ラクトゲン受容体とは、バストアップに関連するホルモンの受け皿です。乳腺の中に存在し、成長ホルモンや女性ホルモン等と合わさり、乳腺を刺激してバストの脂肪を作るという働きをしています。つまりは、ホルモンと合体してバストを作り出してくれるありがたい器官であり、バストアップには必須と言える存在なのです。

・ラクトゲン受容体が多いほど胸は大きくなる?

成長ホルモン

青が成長ホルモン ピンクが女性ホルモン

ラクトゲン受容体の分泌量が多くなるほど、バストアップできる可能性は高くなります。これは、ラクトゲン受容体と成長ホルモンがより多くタッグを組み、バストの膨らみを作り出したり、そのチャンスが増えたりするからです。

またラクトゲン受容体の多くは、10~30歳までの間に分泌時期を迎えるそうです。このことから、ラクトゲン受容体の理想の発生時期は、成長ホルモンの分泌が盛んになる成長期(10歳前後~18歳頃)と言えるでしょう。思春期に大幅にバストアップした!という人は、おそらくこれらの条件がタイミング良く合わさった結果なのだと思われます。

しかし思春期を過ぎると、成長ホルモンの分泌量はドーンと激減すると言われています。思春期と比べると、20代半ばでは5割、30代では2.5割まで減ってしまうんですね。そのためラクトゲン受容体の発生時期にギリギリカブる30歳頃には、量は半分以下に。せっかく20歳を過ぎてラクトゲン受容体が作られるようになっても、成長ホルモンとのタイミング次第でバストの大きさに差が出てしまうんですね。

量は個人差アリ!

ラクトゲン受容体の分泌量に関しても、個人差が大きいと言われています。

「自分は胸が小さい、思春期に大きくならなかった」という方の場合、ラクトゲン受容体の量が少ないか、無い、もしくは成長ホルモン分泌時期とのタイミングがズレており、効率的にバストアップできなかったのではと思われます。

ラクトゲン受容体が有るかどうかの確かめ方としては、バストアップサプリが適しています。バストアップサプリの多くは女性ホルモンの分泌を促すためのもの。飲み始めても胸にハリを感じたなどの効果が見られない場合は、女性ホルモンと結び付けるラクトゲン受容体が少ない可能性が考えられます。

ラクトゲン受容体の増やし方・作り出し方を教えて

基本的にはできない

×札を上げる女性

ラクトゲン受容体を増やせば、「バストアップチャンスがアップするんじゃない?!」と思いますよね?

しかし現在、ラクトゲン受容体がバストアップに関連した重要な存在であることはわかっていますが、まだまだ詳しい事は研究中。今の技術では、ラクトゲン受容体を作ったり、増やしたりすることはできないと言われています。

まだあきらめないで!食べ物で活性化できる

増やすことはできなくても、あきらめてはいけません!ラクトゲン受容体を持っている人には、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌を促し、ラクトゲン受容体の働きを「活性化」してあげることで、バストアップ効果を高められる可能性があります。

成長ホルモンにはアミノ酸の摂取が良いとされており、効果の高い成分と食べ物は以下の通りです♪

成分成分を含む食べ物
ギャバトマト
ジャガイモ
温州ミカン(貯蔵したもの)
ぶどう
Lーオルチニンしじみ
キハダマグロ
ヒラメ
チーズ
Lーアルギニン納豆
味噌
高野豆腐
きな粉

またこれらの成分が全て含まれているサプリも売り出されています。


イチオシは、エミシアの「アミノ酸パーフェクトワン」です。LーオルチニンやLーアルギニンも含まれるアミノ酸6種類+コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンなどの美容成分、ファーマギャバ、食物繊維というたくさんの成分がギュッとつまっています。バストアップに加えてお肌のケアやストレスの軽減、便秘への効果も期待できるという贅沢なサプリなんです!

手軽に摂取できるので、苦もなく続けられるでしょう。

エミシア アミノ酸パーフェクトワン

まとめ|今からでもラクトゲン受容体でバストアップを♪

ラクトゲン受容体。普段聞きなれない言葉ですが、バストアップに大きく貢献している器官であることがわかりましたね。成長ホルモンと結び付くことで効果を発揮することから、もっと早く知っていれば!と思った方も多いことでしょう。

しかし、今からでも活性化できる可能性もあります。ぜひ普段の食生活にアミノ酸を取り入れてみませんか♪

 

The following two tabs change content below.
ぺぎー

ぺぎー

ぺぎーと申します。女性向け記事のライターとして日々記事を書いています。綺麗になるための情報アンテナを常に張っているので気づいたことはどんどん書いていこうと思います。ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。美意識を高めて一緒に頑張りましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です