この記事は約 2 46 秒で読めます♪

女性のみなさんなら毎日お世話になっている、ブラジャーなどの下着たち。
毎日身に付けるものですよね!
ここでおひとつ質問です。

あなたは、ブラジャーの正しい洗い方を知っていますか?

ブラジャーを洗うとき、手洗い洗濯機のどちらの方法で洗っていますか?
ブラジャーというのはとてもデリケートなもの。
なので、洗い方ひとつでその後もキレイな状態をキープしたまま保存・長持ちできるか、
すなわちブラジャーの寿命が短くなるか長くなるかが決まってしまうのです!

よく、ブラジャーを長持ちさせるには手洗いじゃないとね〜というのを聞きますが、
・・・面倒くさい。
時間が取れる休日ならまだしも、
忙しい平日は何の迷いもなく洗濯機にポイですけど?という人ももちろんいらっしゃるでしょう。
ご安心ください、筆者もその一人でございます。

そこで今回は、洗濯機を使用してもブラジャーを長持ちさせる方法や、
今一度基本的な正しい手洗いでの洗い方、正しい干し方やたたみ方にいたるまで、
とにかくブラジャーをキレイなまま長持ちさせるお手入れの一連の流れをご紹介したいと思います。

ウキウキな気分で買ったそのお気に入りの可愛いブラジャーを、
1日でも長く着続けたいのなら早速今日から実践するべきです!

ブラジャーを洗うタイミングってどのくらい?

質問
突然ですが、ブラジャーを洗う頻度ってどのくらいですか?
ショーツに比べてそんなに汚れてない気がするし…2〜3日に1回でいっか!

今日までの筆者はそうでした🙄
しかーーーし!これは大きな間違いだったのです…💧

“ブラジャーは1日着けたらその日に洗う”が基本

何が間違いだったのか?
何を隠そう、毎日着るものであるにもかかわらず、毎日洗っていないという点です。
思い出しちゃったんです、毎日履くショーツやTシャツなどはちゃんと毎日洗ってるなーって笑
当然ブラジャーも毎日直接肌に触れているため、毎日洗う必要があるのです!

1日着用したブラジャーには、思っているよりかなりの量の汗や皮脂汚れが付着しています。
ブラジャーの汚れの大半を占めるのは、この皮脂汚れと汗なのです。
皮脂や汗などが付着したブラジャーをそのまま何日も洗わずに使用し続けると、
古くなった皮脂が原因で、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因となってしまいます💧
先ほども言ったように、パッと見た限りでは確かに汚れが確認しづらいですよね。
特に冬場は盲点で、夏に比べて汗もかかないから大丈夫だろうとナメてかかると、
重ね着の影響によるムレや見えない内側にかいた汗で、余計に細菌が増える原因になってしまうので要注意ですよ!

「毎日洗うほうが傷みやすいのでは?」と思われるかもしれませんが、
皮脂汚れや汗がたっぷり染み込んだままにしておくほうが、実は生地が劣化するスピードは早いのです!
そもそも汗が染み込むと、黄ばみや臭いも気になってきますしね。
ブラジャーの劣化を自分で早めてしまう前に、その日のうちにしっかりあらゆる汚れを洗い流しておきましょう♪

ブラジャーを洗う前にやる5つのポイント

口コミ
手洗いをするにしても洗濯機で洗うにしても、
洗う前にこれだけは守ってもらいたいという5つのポイントがあります。
反対に言えばこれさえ押さえておけば大丈夫ということなので、忘れないように毎回チェックしていきましょうね♪

洗う前のポイントその①:洗濯表示のタグを確認

手洗いで洗うにしても洗濯機で洗うにしても、
洗濯表示が書かれているタグを必ず確認するようにしましょう。
洗濯表示には主に、洗い方や干し方が記載されています。
大体のブラジャーは、基本的に洗濯機NGという洗濯表示が多いです。

色落ちや色ムラ、装飾がほつれてしまうなどの生地の傷みの防止のためにも、洗濯表示はしっかり確認しましょう♪

洗う前のポイントその②:ホックは必ずとめる

服を脱ぐときに、ブラジャーを外してそのまま洗濯機にポイ!の人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
実はその行為、改めて考えてみてもシンプルに間違っている行為だと思いませんか?

ブラホックをとめずに外したまま洗濯機に入れたりすると、
洗っている最中にホックがブラジャーのレース部分や、他の衣類にも引っかかったりして
せっかくのお気に入りのデザインのものなども破れてしまうことがあるんです。
大体のホック部分は金具でできていますが、ホック自体も変形してしまうことも…💧
また、タイプによってファスナーが付いているものなどもありますね。

とりあえず、金具が付いているものは全て必ずとめてから洗うように気を付けましょう♪

洗う前のポイントその③:取り外し可能なパッドは必ず外す

ブラジャーの内側に入っているパッドは、入れたまま洗うとなかなか汚れが落ちにくいものなのです。
内側にあるパッドには、気付きにくい皮脂汚れや汗が意外と染み付いており、
また、厚めの布で覆ってあるためか洗剤が残りやすいので、取り外しが可能であればぜひとも別洗いにするべきです!

洗剤が残ったまま使用し続けると、肌荒れを引き起こしたり、ブラ全体の汚れや傷みの原因となってしまうので、
きちんと外してから洗うようにしましょう。
そうすれば、ブラジャーの内側に入っているパッドの汚れもちゃんと落ちますよ♪

洗う前のポイントその④:取り外し可能な肩紐は必ず外す

肩紐もパッドと同様、やはり外して別洗いすることをおすすめします。
ストラップの長いものやストラップを付けたまま洗うと、他の衣類などにひっかかったりブラジャーの型を崩す可能性があったり、
ストラップ自体のゴムの伸びなどのダメージを与えてしまう原因にもなってしまいます。

肩紐を取り外せるタイプのブラジャーは、肩紐を別洗いすることをおすすめします♪

洗う前のポイントその⑤:ブラジャー専用の洗濯ネットに入れる

“ブラジャー専用の洗濯ネット”というのがあるのをご存知ですか?

最近では100均などでも手軽に買えて、可愛いデザインや機能性の十分なものなど
種類もたくさん発売されているんです。
作りがデリケートなブラジャーをそのまま洗濯機の中に入れて洗ってしまうと、型崩れを起こしてしまいます。
しかしブラジャー用の洗濯ネットを活用すれば、ネットで形が固定されるため、ブラジャーの型崩れの心配がないのです!
洗濯ネットを選ぶ時のポイントとしては、網目の細かいものを選ぶことと、そこまで大きくないサイズのものを選ぶこと。
そして、「1つの洗濯ネットに1つのブラジャーを入れて洗濯する」というのもポイントですよ♪

これらの5つのポイントの中でも特に、
①洗濯表示の確認②ホックをとめること③パッドを外すのこの3つは、最低限でも必ず守るように注意してください!
できれば全部守ってください笑
少し手間がかかるかもしれませんが、これらをやるのとやらないのとでは、ブラジャーの長持ち具合が何倍も変わってくるのですよ〜😀

さあ、ここまでしっかり準備をしたら、最も重要な洗濯の出番となりました。
“洗濯機で洗うことが悪い”と言っているわけではないのですが、
やはり何度も洗濯機で洗っていると、どうしてもカップが型崩れしたり、毛玉ができたり
何度も耐えてきたワイヤーが歪みやすくなってくるのは事実です💧

ブラジャー特有の繊細な素材や形を崩さないために、
ブラジャーの寿命を縮めてしまう原因を増やさないためにも、
時間に余裕がある日はできる限りブラジャーの手洗いをおすすめします!

ブラジャーの正しい洗い方〜手洗い編〜


▪︎どうしてもレース素材だけは傷めたくない!😣
▪︎貯金して貯金してやっと手に入れたお気に入りの贅沢なこのブラジャーだけは!😫
このようにお思いの人もいらっしゃるのではないでしょうか?
型崩れの心配や、ブラジャーの寿命を少しでも長持ちさせたいのなら、やはり手洗いのほうがベターです。
手洗いのポイントは、とにかく丁寧にブラジャーを扱って丁寧に汚れを落とすこと。
それでは早速、ブラジャーを正しい手洗いの方法で洗ってみましょう♪

でもその前に、ブラジャーを洗う前に確認するポイントがありましたよね?
せっかくなので、ここでもう一度復習しちゃいましょう。
↓↓↓↓
▪︎洗濯表示タグの確認をして
▪︎ブラホックをちゃんととめて
▪︎パッドを外して
▪︎肩紐も外して

はい準備万端です♡

早速手洗いの正しい方法をやっていきましょう!

■手洗いでの正しい洗い方■
①風呂桶などの桶に、30度ぐらいのぬるま湯をためる
(冷たい水や熱すぎるお湯は汚れが落ちにくいです💧)

②ためておいたぬるま湯に、おしゃれ着用洗剤か中性洗剤をよく溶かす

③洗剤がよく溶けたのを確認してから、桶にブラジャーを浸す
(ブラジャーとパッドはもちろん別々で浸す!)

④基本的に押し洗いと振り洗いで優しく洗う
(もみ洗いは、生地を傷めたり型崩れの原因となるのでやらないように!)

⑤汗ジミなどの汚れがひどい場合は、優しくつまみ洗い
(ゴシゴシ洗いなどは厳禁!あくまでも生地を傷めないように注意です)

⑥汚れが落ちたのを確認したら、洗ったときと同様にぬるま湯で3回以上はすすぎ洗いをする。全工程のなかでこのすすぎが最重要です!

⑦桶からブラジャーを取り出し、大きめのタオルを用意する(バスタオルがベスト◎)

⑧タオルの上にブラジャーをのせ、ブラジャーを包み込み、手で軽く叩きながら優しく水分を拭き取る
(洗濯機で言う脱水とはこの工程です)

⑨終わったら、カップと形を優しく整えて、パッド部分とブラジャー本体を別々に干す

※文章だけでは分かりにくいという場合は、コチラの動画を参考にしてみてください♪
キャラ濃いめです

↓↓↓↓

【参考元:ワコール公式サイト「歌う!ブラキッチン」】

★手洗いで洗う場合のPoint★
🔽

▪︎必ずぬるま湯で洗うこと
▪︎もったいないからといって、お風呂の残り湯で代用しないこと
(全身浸かったお湯には雑菌がいっぱいです!お気に入りのブラジャーの繊維に雑菌が入り込んでしまいます…)
▪︎おしゃれ着用洗剤か中性洗剤を使用すること
▪︎もみ洗いやねじって絞ったりすることは、型崩れや生地を傷める原因となるので避けること
▪︎最重要であるすすぎをしっかり行ってください!洗剤が残ってしまうと黄ばみの原因となります…

上記のPointを押さえながら、手洗いで優しく丁寧にブラジャーを洗ってみましょう*
手洗いのほうが、確実に長持ちするのでやはり手洗いのほうをオススメします。

でもなんだかんだ言って手洗いやっぱり面倒だな…と感じる人は、
お風呂に浸かっているあいだの時間に、桶を持ち込んでやってしまうというのもひとつの手ですね。
お風呂なら毎日入るものだし、そのついでならブラジャーも毎日洗うことが出来ますよね?
洗っているあいだに濡れても汚れても洗い流せばいいですしね♪
よし、これなら面倒くさがりの筆者でも、無理せず手洗いを続けられそうだ。

ブラジャーの正しい洗い方〜洗濯機編〜


手洗いする時間や手間がどうしても面倒!という人ももちろんいらっしゃるでしょう。
そんな人にも、今回は洗濯機でも正しく丁寧に洗える方法を教えちゃいます!
しかし、洗濯機の場合は特に、ブラジャーの商品ごとによって洗濯方法は異なります。
そうです、”洗う前のポイント”でも紹介した洗濯タグを必ず確認する必要があるのです!
そして!ブラジャーを洗う前に確認するポイントが、他にもありましたね?
せっかくなので、手洗いのときと同様ここでもう一度全て復習しちゃいましょう。
↓↓↓↓

①洗濯表示タグの確認をして
②ブラホックをちゃんととめて
③パッドを外して
④肩紐も外して
⑤ブラジャーをネットに入れたら、

はい準備万端です♡

では、いよいよ洗濯機で洗っていきましょう!

■洗濯機での正しい洗い方■
①おしゃれ着用洗剤か中性洗剤を使用する
(冷たい水や熱すぎるお湯は汚れが落ちにくいです💧)

②「手洗いコース」「ドライコース」「ランジェリーコース」などの、水流が弱く、脱水の短いコースを選ぶ

③ネットに入れたブラジャーのみを洗濯機に入れる
(ワイヤーやホックなどの金具で他の衣類を傷付けたり、他の衣類でつぶれてしまう恐れがあるため、他の衣類と一緒に洗うのはあまりオススメしません!)

④弱水流で5〜10分程洗う
(生地を傷める可能性があるので、あまり長く洗いすぎないように注意!)

⑤短時間で脱水を終わらせ、干す

★洗濯機を使用する場合のPoint★
🔽

▪︎必ずネットを使用し、ブラジャーのみを洗うようにする!
▪︎弱水流のコースを使用する
▪︎乾燥機は絶対に使用しない!

上記のPointを押さえながら、洗濯機を上手く活用してブラジャーを洗ってみましょう*
しつこいぐらいに何度も言いますが、洗濯機を使用する場合は洗濯ネットは必須です!

ちなみに、上記で「ブラジャーのみを洗うようにする」とは書きましたが、
ブラジャー1枚だけを洗濯機にかけるのはあまりにも水道代がもったいないですよね?
何より手間を優先して洗濯機を選んだのに、他の洗濯物と別に洗わなきゃいけないとなるとより面倒に感じてしまいますよね💧
この場合は、ショーツやインナーやキャミなど、他の下着類や肌着類はもう一緒に洗ってしまいましょう。
同じようにおしゃれ着用洗剤を使用し、弱水流で、短時間で洗濯と脱水を済ませるならそこまで生地を傷めることはありません♪
忙しい現代人の味方・洗濯機を使用した正しい洗濯方法で、ブラジャーを丁寧に洗ってあげましょう!

ブラジャーの正しい干し方の4つのポイント


ここまで、せっかく正しい洗い方でお手入れしてきたのですから、
干すときも気を抜かずに丁寧にいきましょう!
ブラジャーを干すときも、いくつかポイントがあるので押さえておきましょう。

干すときのポイントその①:干す前にブラジャーの形を整える


普通の衣類の洗濯のときと同じように、洗い終えたあとのブラジャーをそのまま干せばシワだらけになってしまいます。
なので、洗濯ネットから取り出したあと、カップ部分や装飾部分、ワイヤー部分に至るまで手で形を整えてあげる必要があります。

ベストなのは、できるだけ“着用時と同じような状態に戻して干す”ということです。
なので、干すときもホックはとめたままにしましょう!
シワや形のクセがすぐつきやすいカップ部分は、まだ湿っているうちに優しく伸ばして整えてあげましょう。
また、型を整えることは装飾部分のレースなどが縮むのを防ぐ効果もあるんですよ♪

干すときのポイントその②:
アンダー部分をはさんで吊った状態で干す


これは、2つの場合があります。

◆ハンガーで干す場合◆

ハンガーで干す場合は、洗濯バサミが元々付いているピンチタイプのものが便利かもしれません♪

ゴムが伸びにくいアンダーの部分の、カップの下部分2ヶ所を洗濯バサミでとめて干すようにします。
この形は着用時の状態と近い形で干せるので、理想的です。
注意点としては、肩紐やホック部分では干さないようにしてください!
ゴムが伸びたり、洗濯時に含んだ水分が全て下に流れてしまい、
その水分の重みでブラジャーの型崩れが起きてしまう可能性があります。

◆靴下などを吊るすタイプのハンガーで干す場合◆

この、”靴下などを吊るすタイプのハンガー”の名称ってご存知ですか?
靴下とかショーツを吊るす、何個も洗濯バサミが付いているタイプのやつです。
「ピンチハンガー」って言うらしいですよ、調べていて初めて知りました😃
ブラジャーを干すときは、これが最も向いています。

ハンガーの時と同様、アンダーの部分のカップの下部分2ヶ所と、
ピンチタイプではホック部分のところも合わせて3ヶ所を洗濯バサミでとめて吊るして干す
ようにします。
どちらの場合でも逆さ吊りの状態で、着用時の状態と近い形で干せるので理想的ですが、
できれば吊るす場所が3点あったほうが、かかる重力を分散できるのでこちらの干し方のほうがベストですね♪

この干し方なら、重力が均一にかかって負担も少ないし、
型崩れや装飾のレースが破けてしまったりすることも防げますね♪

干すときのポイントその③:
直射日光はNG!基本は風通しの良い陰干し


ブラジャーを干すときは、干す環境にも気を配るようにしましょう。

直射日光による紫外線は、黄ばみや色あせ、生地を傷めやすい原因となる可能性があるので、
直射日光は避けて、なるべく風通しの良い日陰で干すようにしましょう!
雨の日などでどうしても外に干せない日は、部屋干しにしましょう。
室内の風通しの良い場所に干したり、扇風機の風を上手く活用すれば臭いも気にならず早く乾きやすいですよ♪

干すときのポイントその④:乾燥機の使用は避ける


ブラジャーの乾燥機による使用は基本的にNGだと思ってください!

乾燥機を使用することにより、型崩れはもちろん、
素材によっては生地が傷んだり縮んだりする原因となるので使用は避けるようにしてください。
乾燥機を使わずとも、自然乾燥でも部屋干しでも、風通しの良い環境があれば意外とすぐ乾くものですよ♪

またまた、文章だけでは分かりにくいという人は、コチラの動画を参考にしてみてください♪
もうおなじみのお二人ですね

↓↓↓↓

【参考元:ワコール公式サイト「歌う!ブラキッチン」】

ブラジャーの正しいたたみ方・収納方法


せっかく正しくキレイに洗って、干すときにも細心の注意を払って干したのに、
メチャクチャにたたんで適当に収納して、そのせいで形が崩れてしまったら今までの一連の流れが台無しですよね💧
「遠足は、家に帰るまでが遠足です」まちがえた
「ブラジャーの洗濯は、きちんとたたんで収納するまでが正しい洗濯です」。

ブラジャーのタイプによって、たたみ方が変わってきます。
主にこの2つのタイプに分けて説明します!

◼︎ワイヤー入りブラジャー・シームレスタイプ◼︎

※ワイヤーが入っているタイプは、カップの形を崩さないようにするために2つ折りは避けましょう

①ホックをしっかりとめる
②ストラップをカップの中に入れ込む
③着用時と同じような状態で収納する

◼︎ノンワイヤータイプ◼︎

※ちなみにノンワイヤータイプは、カップの2つ折りをしても大丈夫です

①ブラジャーの中央で半分に折りたたむ
②ストラップと背中のホック部分をカップの中に織り込むようにまとめて折りたたむ
③収納する

★たたむ&収納するときのPoint★

  • たたむときにブラジャーのカップの形をきちんと整える
  • →型崩れ防止と丸く膨らんだカップの状態をキープするためにも、形をきちんと整えましょう♪

  • ホックをとめて収納する
  • →他の衣類等にひっかかるのを防ぐためです♪

  • きちんと乾かしてから収納する
  • →ブラジャーに少しでも水気や湿気が残っていると、カビや変色の原因となってしまうのでよく乾かしましょう♪

  • スペースに余裕のある引き出しにしまう
  • →詰めこみすぎると、カップの変形やシワの原因になってしまいます。ゆったり収納するように心がけましょう♪

まとめ|正しい洗い方を守ってブラジャーをキレイに長持ちさせよう


真面目に働いた給料で買ったお気に入りのブラジャー
恋人や旦那さんにプレゼントしてもらった大切なブラジャー
それぞれのブラジャーにきっと思い出があるはずです。

そんな自分の愛しいブラジャーたちを、キレイなまま長持ちさせることができるかどうかは、
毎日の正しい洗い方や、洗ったあとの干し方や収納などのお手入れ方法にかかっています!
手洗いをする時間がなかったり面倒でも、洗濯機でも正しく洗える方法があることも今日学びましたよね。

それぞれに合った方法で、正しい洗い方やお手入れ方法を守って、
いつまでも長く着られるようにするには、毎日ちょっぴりの手間を加えるだけでいいんです!
「毎日お世話になるブラジャーを丁寧に扱う」という心がけを忘れずに、
日々お手入れして長持ちさせていきましょう😊

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です