この記事は約 5 1 秒で読めます♪


高校生!青春真っ盛り!
しかし楽しい学校生活の中にも、若者には若者の葛藤だってあるはず。
思春期の真っただ中で、きっと色んな悩みや想いを抱えながら毎日をお過ごしのことでしょう。
その数ある悩みの中のひとつとして、自分のバストについて悩んでいる女子もいらっしゃるのではないでしょうか?

高校だけに限らず中学時代から筆者もそうでしたね、周りの女子たちが色々と可愛いデザインのブラジャーを着けているのに、
自分だけいつまでたってもスポーツブラ…。
まあスポーツもやってましたからね!(←サラッと言い訳)
当時は、なんだか置いてきぼりのような気がしていました…。
もう10年以上前の話ですけど

そんな思春期・成長期とも言われる、悩み多き中学・高校生の時期というのは、
実は女性の一生においても“バストアップの最大成長期”と言われているほど、バストが大きくなる可能性を最大限に秘めている時期なのです!
今回ご紹介する高校生ならではのバストアップ法を実践すれば、
アナタの心がけ次第で、華麗なるバストアップへの道が開くこと間違いナシ!✨

【事実】成長期の過ごし方で、アナタのバストサイズは決まるのです。

人生最大の成長期を見さないで!
中・高校生は最も胸が大きくなりやすい時期

多くの女子たちが、10歳頃以降から思春期を迎え、女性ホルモンの分泌量が盛んになり始めます。
初めての初潮を迎えたり、胸が膨らんできたりして、急に身体つきが女性らしくなって、
大人の階段へと昇ることに身体と心のバランスが追いつかずに、戸惑う人も少なくないのでは…?

筆者は、成長というよりか、あの赤飯文化にはやっぱり驚きを隠せませんでしたね😶
斬新だなって当時思ってました。

初潮を迎え、生理が始まると、さらに女性ホルモンの分泌量は増え、女子たちのバストはどんどん成長していきます。
つまり、小学校4年生頃から高校生にかけての成長期で、大人の身体に近づく準備を体内で始めるので、
この10代の時期が最もバストが大きくなりやすい時期と言われているのです!

バストの成長に最も役割を果たすのは、やはり女性ホルモン

バストの成長に必要不可欠なのは、数ある女性ホルモンのうちのひとつである「エストロゲン」というホルモンです。
このエストロゲンこそが、私たち女性のバストを大きくしてくれるという重要な役割を果たしてくれています。
女性ホルモン分泌量
エストロゲンの分泌量が最も上昇し始める時期が、他でもない10代であるこの中・高校生の時期なのです!
バストが確実に成長し始めるのを実感する中学生頃から、バストを大きく成長させるのにとても重要な時期だと言えるのです🌟

女性らしい身体つきを作ろうと、10代の頃から急激にその分泌量が増えるエストロゲンが分泌されることによって、女子たちのバストやお尻は、大人の女性と同じように成長していくのです。
体育の授業での体操服や、プールの授業の水着の着用などでも、目に見えて変化が分かるようになりますよね👀

また、このエストロゲンの分泌が盛んな時期に、睡眠時間や食事などの基本的な生活習慣に気を付けることで、さらなるバストアップの効果に期待しやすいと言われています。
バストアップへとつなげていけるような生活習慣=「近道習慣」
反対に、バストアップの妨げとなるような生活習慣=「NG習慣」
と称して、詳しくは次の章以降で紹介していきたいと思いますね♪

おっぱいを大きくしたい!
高校生のバストアップへの近道習慣6選

さあ、ここからはいよいよ、高校生の女子であるアナタの、
具体的なバストアップ方法をご紹介しちゃいます!

どの方法も、10代の子たちの最大の武器である、
その成長期ならではのメリットに合わせた適切な方法ばかりなので、
ゆっくりできる休みの日はもちろん、学校の休み時間にお友達と一緒にチェックしてみたり、
通学中の電車やバスの中でヒマ潰しながらに読んでいただいても良いかもですね😉

近道習慣その①:栄養バランスの良い食生活♡


まだまだ食べ盛りの高校生。
ラーメン+チャーハンなんて余裕ですよね🍜
異性の目も気になるお年頃でしょうが、無理なダイエットは絶対にNG!(←ダイエットについては、また後ほど詳しく説明しますね!)
バストの90%は脂肪で出来ています。
栄養分の不足した痩せすぎの身体は、バストアップを妨げるだけでなく、ホルモンバランスも乱れて生理不順などになってしまう可能性も💧

体重を気にするあまり、栄養の偏った食生活を送ることで、バストダウンを招いてしまう可能性も!
健康的なバストアップのためには、
一日三食・規則正しくバランスの整った食生活を送ることが大切です🌟
ちなみに高校生の育乳に効果的な食べ物は、大きく分けて3種類です。
↓↓

高たんぱく質の食品…魚、鶏肉、赤身のお肉、チーズ、牛乳など。

大豆製品…味噌、豆腐、納豆、醤油、油揚げ、豆乳などの大豆製品全般。

身体の代謝を上げてくれる食品…ジャガイモ・カボチャ・人参などの根菜類、しょうが、ネギ、唐辛子や豆板醤などの香辛料など。

この機会にぜひ、上記のバストアップに効果的な食べ物を取り入れて、
より健康的なメリハリボディを目指しちゃいましょう😄

ちなみに、当サイトではバストアップに効果的な食品を使った、バストアップレシピなるものもご紹介しています。
料理が苦手なズボラさんでも簡単に出来るレシピばかりなので、よろしければご参考に♪

近道習慣その②:たっぷりの睡眠をとる♡


「寝不足は美容の大敵」とはよく言われるものですが、なんと「バストアップの大敵」でもあるのです😱

バストを構成する要素のひとつである乳腺
乳腺には、ラクトゲン受容体という受容体があります。
このラクトゲン受容体と成長ホルモンが合わさることで乳腺が刺激され、バストアップにつながります。
そう、成長期にバストが大きくなる仕組みはこれだったんです!

このラクトゲン受容体も、成長ホルモンのように、10歳前後から20代後半頃までと比較的若い年齢で形成されると言われています。
なので、成長ホルモンをどんどん分泌させるためにも、
しっかりと睡眠を取ることが大切
ということが言えるんですね♪

しかしたっぷりの睡眠が必要だからといって、授業中に寝てはだめですよ…

近道習慣その③:適度な運動をする♡


毎日部活などのスポーツに励んでいる女子、徒歩通学を長年続けている女子、朗報です🌟
高校生などの学生のうちは、通学時間や体育の授業で、ある程度は定期的に体を動かしていることと思います。

運動をすると、身体の基礎代謝が上がります⤴️
基礎代謝が上がることで、血行やリンパの流れが良くなり、体内に溜まった老廃物を排出しやすくなったり、血液の循環が良くなることでバストに必要な栄養が届きやすくなるので、
バストアップ効果に期待できるのです!

なお、運動部のように激しい運動をする女子は、スポーツブラの着用をオススメします。
上下に大きく揺れるバストをしっかり支えていないと、バストを吊り上げている「クーパー靭帯」が伸びたり切れてしまうため、バストが型崩れしてしまう可能性があるのです!
ちなみにこのクーパー靭帯、一度切れたり伸びてしまうと二度と元には戻らないので要注意ですよ🙅

しかし反対に、部活も何もやってないうえにそれらもサボりがちだなっていう女子には、残念なお知らせです💧
運動不足だと、脂肪が付きやすい身体になったり、身体を動かしていないために筋肉が衰えて姿勢が悪くなったりと、バストアップの妨げとなってしまう原因につながる恐れもあります…

そんな、運動不足気味の女子には、意識して軽い有酸素運動を習慣づけることをオススメします!
“有酸素運動”っていうと走ったり、激しく動くようなスポーツをイメージしがちだけど、そんなことないんですよ〜。
ウォーキングも十分、有酸素運動の類に入るんです。
それこそ普段、いつもの通学電車で通ってるひと駅分を歩いてみる、なんていうのも良いですよ◎
運動不足気味の高校生は、バストアップや健康のためにも適度な運動を取り入れてみましょう♪

近道習慣その④:お風呂に浸かって全身もポカポカ♡


高校生のアナタは、毎日きちんとお風呂の湯船に浸かっているでしょうか?
え?シャワーだけで済ませてるって?
ノンノンノンですね〜そのバスタイム習慣。
おっぱいを大きくしたい人にとっては、実は湯船に浸かることで得られるメリットって、計り知れないほどあるんですよ!

バストアップしたい女子にとって最も効果的な入浴法は…、
ズバリ、半身浴です◎
半身浴は、リラックス効果を高めてくれる効果が高いことから、女性ホルモンの分泌にとても効果的です。
さらに、女子には嬉しすぎるダイエット効果や美肌効果まで!
まさに、女子の味方を詰め合わせにした宝庫のようなものなんですよ〜✨

ちなみに、半身浴に浸かることで得られる身体の主なメリットはコチラ
↓↓

  • リラックス効果
  • 血行促進
  • 代謝が上がる→ダイエット効果も♡
  • 水圧により心臓への負担が少ない
  • 老廃物を取り除いてくれる

目安として、大体37〜39度ぐらいの人肌に近いぬるめの温度で、15〜20分以上ゆっくり浸かるようにしましょう♪

毎日はムリ…という人は、比較的時間が取れやすい週末やお休みの日の夜だけでも入浴してみませんか?
湯船に浸かって、血行促進・新陳代謝を活性化させて女性ホルモンを安定・分泌させまくって、
ポカポカ健康ボディでバストアップ
に励んじゃいましょうー😍

近道習慣その⑤:自分に合ったブラジャーを着ける♡


自分のバストに合った、正しいカップサイズのブラジャーを着用することも、バストアップに重要になってきます。

大きすぎるブラを着用していると、バストの脂肪が脇や背中部分へと横に流れていってしまって、もったいないことに…。
また、自分のバストよりも大きなカップを着けることでカップの中でバストが揺れてしまい、
日々せっせとバストを美しい形に保ってくれている「クーパー靭帯」が傷ついてしまい、バストの型崩れにつながる恐れもあります💧
反対に、小さすぎるブラを着用することも、バストを強く圧迫して締め付けてしまい、血流を悪くする原因になってしまいます。

高校生頃までの時期って、バストも成長期の途中であるため、若干張りがちで硬めのバストなんですよね。
そんな硬めのバストに対して、頑丈なワイヤーが入った大人向けの補正ブラや、谷間メイク目的の厚いパッドが入ったブラで固定してしまうと、そのカチカチのバストは圧迫されてしまい、
バストの成長を妨げられたり、ひどい場合は痛みに発展してしまう可能性もあります!

高校生のブラ選びは、サイズやデザインだけでなく、ブラジャーの機能にも注目して選んでみましょう♪

近道習慣その⑥:恋をする♡


ひょっとすると、高校生の女子たちには、これが最も関心が高くてなおかつ手っ取り早い方法なのかもしれませんね。
だって…学生の青春ライフに恋愛は外せないもの。笑
あーーうらやましいこと!

すいませんつい感情的になっちゃいました。
実際のところ、「恋愛は最強のバストアップ法」と言われるくらい、恋をすることはバストアップに大きなメリットをもたらしてくれるんですよ。
前半部分でも述べたように、この章でもバストアップには欠かせない女性ホルモンのエストロゲンが、やはりキーワードとなってきます。

よく、「恋をすると女性はキレイになって、バストも大きくなる」という話聞いたことないですか😍
あれ、あながち間違ってないんですよ。
恋の”ドキドキ”や”ワクワク”といった感情が、女性ホルモンを通常の状態よりも多く分泌させて、
これらの女性ホルモンによって女性の体内が幸福感で満たされ、恋の刺激によってエストロゲンの分泌が増え、乳腺も刺激されることで、結果バストアップの効果が期待できるというわけですね〜。

なので、パートナーがいるよという女子たちは、どうぞ存分に彼氏とイチャイチャしちゃいましょう!
バストを触られたり揉まれたりする行為も、バストへの立派な刺激となるだけでなくマッサージ効果もありますので、さらなるバストアップ効果が期待できますよ♡

彼氏なんぞおらんわという女子たちにも朗報です、なんと妄想でもいいんです!
大好きなアイドルや芸能人を好きなだけ選び放題、どうぞ色んなデートプランを立てて頭の中で実行しちゃいましょう。
妄想によるドキドキも、女性ホルモンの活発化に役立っていますからね♪

バストが大きくならない!高校生のNG習慣5選

では反対に、胸を大きくするうえで、絶賛成長期の高校生がやってはいけない、
つまり、バストアップの妨げとなるような生活習慣はどんなものがあるのでしょうか?

毎日を過ごしている中で、以下に挙げるような習慣に少しでも当てはまるものがあれば要注意!
本気でバストアップを目指すなら、以下のような5つの悪習慣を見直して、
身体もバストも健康に過ごせる毎日を送りましょう♪

さて、アナタはいくつ当てはまりますか?

NG習慣その①:ジャンクフードやインスタント食品ばかり食べちゃう!栄養の偏った食生活💧


毎日口にする食事で、私たちの身体は出来ている、と言っても過言ではありません。
そんな大事な食事を、手軽だからといってインスタント食品やファストフードにばかり頼っていたら、
当然栄養が偏るばかりか体調を壊したり、肌荒れを引き起こしたり、ホルモンバランスさえ崩れてきてしまいます…😓

また、スナック菓子やハンバーガーといったジャンクフードは、塩分や脂肪分が多いだけでなく、
身体に必要な栄養素であるビタミンやミネラル、食物繊維が少なくて、ヒジョ〜に栄養が偏っています!

これでは胸が大きくなる以前に、ムダな脂肪ばかり付いて全体的に太ってしまうだけになっちゃいますよ😱
バストを大きくした、メリハリのあるナイスバディを目指すなら、まずは規則的な食生活を心がけて、
もっと健康的な食生活を意識して、さらに胸を大きくする効果のある食べ物を取り入れましょう♪

NG習慣その②:◯◯抜きやってない?無理なダイエット💧


なかなか胸が大きくならない…と悩んでいる女子たちの傾向として、
実は、高校生でもハードな食事制限をしている人がとても多いんですって。
注意してください!
無理なダイエットは、身体だけでなく胸の成長に必要な栄養分を十分に補うことができません!⚠️

特に、絶賛成長期である中学生や高校生は、栄養がたくさん必要な時期ですよね。
雑誌で見るようなスレンダーボディに憧れる気持ちは分かるけど、
炭水化物抜きや断食ダイエットなどを代表するような、
素人が自己判断でやるような、無理な食事制限はやめたほうがいいでしょう。

食べない系のような過度なダイエットは、脂肪よりも先に筋肉が衰えてしまいます。
筋肉そのものが痩せてしまうと、生きるうえでとても大切な消費エネルギーも減ってしまったり、
その痩せてしまった筋肉の動きや少なくなった筋肉量が原因で、全身の血流までも悪くなってしまいます!
そうなれば、バストアップの大敵となる「冷え」につながり、余計バストに栄養が届かなくなってしまいます。

バストまで栄養が届かないということは、バストも成長できませんよね?
バストアップだけでなく成長期の大事な身体の体調のことも考えると、無理なダイエットはやめておきましょうね😞

NG習慣その③:授業中すごくねむい…睡眠不足💧


中学生・高校生などの学生さんって、ほんと忙しいですよね。
毎日夜遅くまで、勉強に部活の練習、それに流行に敏感な時期でもあるでしょうから、
寝る直前までスマホやテレビに夢中になって、情報収集をしている女子だって少なくないかもしれませんね。

しかーし!
毎日色んな理由で夜更かしをしてしまっているそこのアナタ!
バストアップにとって、睡眠ってとても大切なんですよ。
成長期の今だからこそ必要な、成長ホルモンや女性ホルモンが、
睡眠中のあいだに最も分泌されている
と言われているのです。

睡眠中の質や量によって、それらのホルモンの分泌量も変わってくると言われています。
この一番大事な成長期の時期にしっかり睡眠を取っておかないと、
バストを成長させてくれる十分な女性ホルモンの分泌量が少なくなって、
バストが育ちにくくなってしまいますよ!

NG習慣その④:高校生だって大変なんです…
ストレス・イライラ💧


イライラなどのストレスも、冷えと同じくバストアップには大敵と言われています。
受験や勉強についての悩み、学校の友達関係、失恋などの思春期特有の悩みが毎日尽きないことでしょう。

そんな、ストレスを抱えたままよくイライラしてばかりいると、血行が悪くなったり、
ホルモンバランスも崩れてしまったりと、バストアップには逆効果です!
なるべくストレスやイライラが溜まらないように心がけたいけど、学生さんにとっても今の世の中ってストレス溜まることだらけですよね…。

ここで、アナタに知っておいてほしいのがイライラを爆発させないこんな方法♡
あ、ストレス感じちゃってるなって思ったら、その場で”ゆっくり6秒間深呼吸”してみましょう。
怒りなどの人間の爆発的な感情は、6秒程度しかもたないと言われているので、そこだけ冷静に乗り切るのです☹️

あとは、趣味などの時間に没頭したり、日記に思いのたけをぶちまけたり、もう思い切って大声で叫んだり泣いたりするのも良いですね!
また、ストレス解消にはリラックス効果をもたらすことが効果的と言われています。
リラックス効果で最適なのが、アロマの香りで気持ちを和らげること◎
ストレス解消にオススメとされているのは、カモミール、ラベンダー、ローズ、オレンジなどが効果的と言われています👍

このようなストレス解消法を活用して、なるべく上手にストレス発散をして、
体内からストレスを排除してバストアップにつなげていけたら良いですよね♪

NG習慣その⑤:背中曲がってない?姿勢の悪さ💧


高校生などの学生さんって、一日の大半を授業時間として過ごしますし、家に帰ったあとも宿題などで机に向かう時間が多いために、どうしても長時間同じ姿勢で座りっぱなしという状態が続きがちになりますよね。
ここで、ご自分の座っている姿勢を思い出してみましょうか。
“猫背”になってしまっていませんか?

猫背状態の前かがみの姿勢は、胸を支えてくれている大胸筋という筋肉が衰えてきてしまうんです。
また、前かがみの姿勢はバストを圧迫してしまって血流が悪くなるため、
バストアップに必要な女性ホルモンや栄養素も、バストまで届きにくくなってしまいます!

また、大胸筋が衰えることで、支えているその筋肉自体が弱るのですから、
バストのハリを失ったり、ひどい場合は垂れ乳につながってしまう恐れもあります。

自由に身動きしづらい授業中は特に猫背になりがちだと思いますが、
休憩時間や休み時間に意識してストレッチを取り入れるなど、
長時間悪い姿勢が続かないように、自分なりに工夫してみましょう♪

私、カップのサイズで悩んでるんです…💧
高校生のカップ別対処法とは?


バストアップにかかる期間は、バストサイズによって変わってきます。
また、それぞれのもとのバストの大きさによっても、期間は変わってきます。

基本的には、どのような方法でも1カップ上げるのには、約2カ月〜3ヶ月はかかると言われています!
2カップ上げたい!となると、約半年は見ておいた方が良さそうです。

しかし、どのカップ別においても、毎日のバストアップ法をしっかり維持して持続させれば、
“時間はかかろうが確実に効果を得られる”ということは共通して言えるようです。
まさに「継続は力なり」ですね〜🙄

AAカップ以下の場合

もとの大きさがAAカップ以下の人は、バストアップにも時間がかかるようです💧
AAカップ以下の人の場合は、まずはバストそのものの”土台作り”が大切と言えるでしょう!

バストの9割は脂肪で出来ているので、まずは適度な脂肪を付けることが必要になりますし、
バストを支える大胸筋小胸筋などの筋肉づくりから、バストを発達させる乳腺の発達まで、欠かさずやっていきましょう。
生活習慣や、食生活を健康的に変えていくことから始めるのも良いですね◎

Aカップの場合

Aカップの人の場合は、バストアップのための土台ができていれば、
早くて1ヶ月経った頃から、1カップ〜2カップほど上がることもあります!
さらに早く効果を出すためには、毎日の継続的なバストアップに効果的なマッサージやストレッチ、
効果的な食品を取り入れた食生活を続けたりすることが大切です♪

Bカップの場合

実は、日本人はこのBカップの割合が一番多いと言われているんですね〜☝️
正しいマッサージや、規則的な食生活などを継続的に続けていれば、
比較的早く効果を実感し始めると思います♪

Cカップの場合

もともとがCカップある人の場合は、バストアップの土台となる適度な脂肪や健康な身体が出来上がっていると言えるので、マッサージだけでなく、
バストアップサプリの併用をすることで短期間でバストアップが出来るでしょう!
せっかくバストの土台が出来ているので、バストの脂肪が脇や背中に流れないように、
就寝時においてもナイトブラを着けるなどして万全の対策
をしましょう♪

高校生のバストアップサプリの服用は要注意!


現在では、バストアップを切に願う女子たちのために、バストアップサプリも様々な種類が販売されています。
高校生でもスマホを持っているのはもう当たり前の時代なので、いつでもどこでもボタンを押せばどんな商品も手に入れることができますね。
高校生の女子のみなさんも、手軽に手に入って続けられるバストアップサプリを検討している人もいらっしゃるかもしれませんね!

しかし、高校生の身体はまだまだ若いゆえに成長期の真っただ中にいるので、
女性としての今後の身体の成熟に必要不可欠な、ホルモンバランスが十分に整っていない状態なのです。
バストアップサプリには、バストアップに欠かせないと言われる女性ホルモンの分泌を促そうとして、
女性ホルモンに似せた成分を配合させて、女性ホルモンを活発に働かせるような作用を持つものがたくさん販売されています。
発展途上の高校生の女子の身体に、女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれているサプリを摂取してしまうことで、まだ成長中で未熟な身体は、
強制的に過剰なホルモン分泌をしてしまったり、反対に減らしてしまったりする可能性があります💦
ひどい人は強い副作用が出たりして、体調そのものに問題が出てしまうことも!

一般に、バストアップサプリを服用する上で、
この”副作用”に悩む一大要因なのが、「プエラリア」という成分なのです。
つまり、副作用の事態を避けるためには、プエラリア未配合のものを選べばいいのですね。
そこで当サイトでは、プエラリア未配合で、どんな年代でも副作用の心配が少ないと言われている、
「ピンキープラス」というバストアップサプリをオススメします🙌

このバストアップサプリの特徴はというと…
↓↓

  • プエラリア未配合なので副作用の心配がない♡
  • 高校生でも買えるお手頃な値段設定♡
  • 自然由来の成分♡
  • ベースサプリメントとしての活用も可能で、体調不良の改善にも効果的♡

ピンキープラスは、一般的なバストアップサプリというより、
“バストアップを妨げる原因を取り除くサプリ”というモットーで、
バストを大きくするためのプエラリアが入っていなくても、身体が持っている本来の力を引き出すことに重点を置いた、体質の改善を促す働きをしてくれるサプリなんです!
では、実際に、このピンキープラスを服用している人の口コミを見て見ましょう🌟

【30代・Nさん】
お手頃な価格から試してみようと思い、ピンキープラスを購入しました。
飲み始めて2週間になりますが、胸がふっくらしてきたことを実感しました!
これからの効果にさらに期待が高まります!
【20代・Hさん】
以前使っていたものに比べると、すぐに変化を感じることはできませんが、きちんとバストアップ効果を実感できました。
サプリメントは長期戦なので、安心して飲めるものに限ります。
【30代・Mさん】
現在、使用して2ヶ月経ちますが、垂れ気味だったバストが上向きになってきたように思います。
ハリが出てきただけでも嬉しかったので、ここまでの効果は驚きです!

(※全ての口コミはバストアップ美学より引用→https://bust-bigaku.com/pinky-plus-kutikomi/)

この口コミの他にもバストアップ以外に、ニキビが治って肌がキレイになった、という口コミもよく見られましたよ😀
何より、お手頃な値段設定というのが、高校生ならではの購入の決め手になっているみたいですね。

中・高校生の成長期のあいだは、バストアップのためならと、副作用を我慢してでもプエラリアが配合されているサプリを試す女子もいるようですが、
成熟に向かっている敏感な身体に、そのような無茶な行動は避けましょう⚠️
何より身体に安全なサプリを使いながら、正しいバストアップ方法で、楽しく育乳づくりに励んでいきましょう♪

まとめ|絶賛成長期の今のタイミングを最大限に活かして、健康的なバストアップにつなげよう♪


記事の中でも何度もお伝えしたように、高校生の時期というのは、女性の一生の中でも、
身体の成長期にともなって、非常にバストが成長しやすい時期です。
今!まさに今のこのタイミングで、正しい生活習慣に気を付けるだけでも、
高校生のアナタは、これからどんどんバストアップできる可能性が大いにある
ということなのです!

細身の可愛いモデルさんや芸能人に憧れて、無理なダイエットに励む高校生も少なくないかもしれませんが、栄養の偏った食生活や過剰なダイエットは、
バストアップへの妨げになると今回学ぶことができましたね。

それから、現状はAカップで悩んでいる人でも、正しい方法でバストアップのための努力を維持すれば、
バストアップだけでなく健康的な美乳にもつながって、より魅力的な女性になれるかもしれませんよ😍

バストアップに最も大切なことは、“毎日続ける強い意志”です。
「諦めないで」と、あの真矢◯キさんもおっしゃってます。
若いアナタの負担にならずに、それでいて無理することなく、楽しみながらバストアップにつなげていけたら良いですね❤️

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です