この記事は約 1 54 秒で読めます♪

授乳

卒乳後、育児後のおっぱいが小さくしぼんだような形になってしまったという話はよく聞きます。誰でもそうなっちゃうの?とご心配のあなた、心配ご無用です!

正しい卒乳方法とおっぱい体操を実践すれば授乳の影響を最小限に抑えて美しいバストを保つ、もしくは授乳前よりも美しいバストを手に入れることができるのです。

体操には何も特別なものを用意する必要はないので、いざ実践といきましょう!

まずは、正しい卒乳から

卒乳

卒乳後のバストを美しく保つためには、まずは正しい卒乳を心がけることから始めましょう。正しい卒乳の基本は、「突然やめないこと」です。人間の身体はいきなり何かを変えることに順応するのが苦手なので、卒乳も段階を踏んで徐々に行うのがコツです。そうすることでバストの形や大きさに与える影響を最小限にすることができます。

段階を踏んだ正しい卒乳とは、まず朝だけを断乳して、次に朝昼、そして完全に断乳という流れです。赤ちゃんにとってもいきなり全くなくなるのと違ってストレスが少なく、ママさんのバストにとっても変化が急ではないので順応しやすいという一石二鳥のメリットがあります。

なお、以下に解説するおっぱい体操は、この段階的な卒乳と並行して同じ時期に始めるのが効果的です。

道具いらずで簡単!おっぱい体操をしてみよう!

おっぱい体操の目的は2つあります。

  1. 腕の筋肉によってバストの下垂を防ぐ
  2. バスト周辺に流れてしまっている脂肪をバストというひとつの「山」に集める

この2点を、しっかり意識し、体操に取り組みましょう!

腕をパタパタ ねじねじ

まずは腕の筋力低下を防いで、バストの下垂を防ぐおっぱい体操の前半から解説します!

腕を上下 ねじり①片腕を真横に伸ばして、上下に10往復動かす
②片方の腕を横に伸ばして思いっきり前後にねじる

もちろん可動域いっぱいまで動かしてもOKですが、この体操は繰り返すことで自然と可動域が広がってくるので身体能力が高まるというメリットもあります。

また②のねじる動作では、親指が上に来ている時に息を吸って、下にねじる時に吐くというように呼吸を合わせると、酸素をいっぱい取り込めるのでより効果的です。

片方の腕が終わったら、次はもう片方の腕で同じ動作と呼吸を行います。これを左右5回ずつ繰り返します。

両腕を思いっきり伸ばすストレッチ

肘を引っ張る①両腕をバンザイの形に思いっきり伸ばし、片方の腕でもう片方の肘を持って、矢印の方向に引っ張る

左右3回ずつ繰り返すと、バストを引っ張る役割を持っている周辺の筋肉にしっかりと酸素が供給され、筋細胞が活性化されます。

腕を伸ばす①バンザイの形で、片方の腕や肘を持たずに腕と肩の動作だけで片方の腕をさらに伸ばす

両腕の長さが見た目にも違うのが分かるくらいに差を持たせるのがコツです。これも左右3回ずつ行いましょう。

この動作の時も大切なのは呼吸で、腕を伸ばす時に息を吸って、力を抜く時に吐くようにするとリラックス効果も♡

バストを集めて盛り上げるイメージ

バストそのものに作用するおっぱい体操の仕上げです。上記のストレッチを十分に行って筋肉に酸素が行きわたっている状態で行うとベストです!

バスト持ち上げ①片方の腕でもう片方のバストをつかみ、それを引きはがすようなイメージで中心と上に向かって引っ張る
②アンダーバストからバストと周辺の脂肪を丸ごと持ち上げる

周辺の脂肪をかき集め、持ち上げるというイメージも持って、これを左右10回ずつ行います。また引きはがす、持ち上げるのはイメージなので強い力を与えないよう気を付けましょう!

 

まとめ|頑張ったバストに体操でご褒美を♡

育児

卒乳後のバストが下垂してしまうのは、生物学的には仕方のないことです。女性にとっての妊娠・出産・授乳というのは、パンパンに膨らんだ風船から空気が抜ける一連の流れのようなもの。常に緊張していたバストが緊張から解き放たれるようなものなのです。それだけおっぱいが頑張ってくれた証しとも言えますね!ここで解説しているおっぱい体操は、頑張ってくれたおっぱいに対するご褒美のようなものです。

緊張から解き放たれたバストに、おっぱい体操で、筋力の維持と良質な栄養が行き届くようにすることが、いつまでも張りのある美しいバストを手に入れる第一歩になりますよ!リラックス効果もあるので、子育てに忙しい日々の中のちょっとした休憩がてら取り組んでみませんか?

 

The following two tabs change content below.
さおりん

さおりん

こんにちは、さおりんと申します。なかなか人に言えない悩みだからこそ、自分で調べたこと、実践したことをしっかりとした情報でお伝えします。少しでもお悩みの解決に役立つためにどんどん書いていきます。私自身も胸は大きい方ではないので大きさに悩む方のお気持ちがよくわかります。でも大きくて悩んでいる方もいるんですよね。どんな悩みも解決できるようにとことん調べていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です