この記事は約 5 4 秒で読めます♪

10代

10代。小学4年生から迎える10年間。人それぞれではありますが、多くの人が10代の頃に、身長が伸びたり、体重が増えたり等、目に見える身体的な成長を遂げる傾向にあります。

そして、女性の体にも大きな変化が起こるのも、10代というこの時期です。体が「子ども」から「大人」へ向かおうとするこの時期だからこそ、成長のチャンスはいくつも眠っているのです。身長はもちろんですが、この時期にふくらみを持ち始める、バストも漏れず、成長するチャンスを持っているのです。

今回は、10代だからこそできるバストアップの方法をご紹介します!

10代で胸がふくらみ始める理由

女の子

10代においての変化で代表的なもので言えば、生理(月経)が挙げられますよね?保健の授業で学習はするものの、「一体何事か!?」という戸惑いもあった方も多いのではないかと思います。そしてなぜ、その日の晩御飯が赤飯なのか、理解に苦しんだなんて経験、ございませんか?

そして、もう一つ、体の大きな変化として挙げられるのが、冒頭でも触れた「胸のふくらみ」でしょう。なぜ、胸がこの10代という時期にふくらみ始めるのかというと、「初経」を始め、女性ホルモンの変化によるものです。

胸がふくらみ始めるのが、この初経の1年以上前からと言われています。このころに、女性ホルモンのエストロゲンが、脳の視床下部から分泌され始めます。エストロゲンの働きによって、胸や子宮の発育が促され、子宮内膜が厚みを増し始めます。そして、通常の生理(月経)同様、受精卵の着床がなかった子宮内膜が体外に出ることで、初経になるのです。つまり、初経を迎えた女性の体は、「妊娠できる体づくり」の準備を始めた証になるのです。胸のふくらみも、この妊娠できる体づくりに伴うものなのです。

10代バストの成長過程

初経から数年は、無排卵月経と言われる、卵巣の中で育つはずの卵胞が十分に育たず、排卵のない生理(月経)のことがほとんどです。徐々に排卵のリズムが整ってくることで、生理周期が安定し、女性ホルモンのバランスもとれるようになります。

女性ホルモンが安定するまでに、10代女性の胸もその波に合わせて徐々に成長していきます。まず、初経1年前くらいに、乳頭付近が少しふくらみ始めます。その後、初経を迎えるあたりで、さらに広範囲でふくらみを見せ始めます。初経後数年をかけて少し丸みを帯びながら、デコルテ部分も含め、丸く膨らんだ立体的な形になっていきます。もちろん人それぞれ、バストの最終形態も、成長のペースも異なりますが、生理(月経)周期に伴う女性ホルモンの安定とバストの成長は、密接な関係にあります。

10代だからこそできるバストアップの方法

さて、遅くなりましたが本題に入りましょう。10代だからこそできるバストアップの方法とは、いったいどのような方法があるでしょうか?それは「成長する体に寄り添う」ことです。

「成長する体に寄り添う」とは、具体的にどういうことかというと、「成長ホルモン及び女性ホルモンの分泌を安定させる」ということです。女性ホルモンの安定した分泌が、大人になってからのバストケアにも必要なように、胸の発育の土台には「女性ホルモンの安定」がなければなりません。女性ホルモンの安定とは、エストロゲンとプロゲステロンが、本来多く分泌される時期にきちんと分泌されることを言います。

また、この時期は第二次性徴期ともいわれ、妊娠に必要な生殖器の発育期です。生殖器が大人になろうとぐんぐん成長する時期なので、この成長を活かせるのは10代のこの時期だけと言っても過言ではないのです。ですので、体全体が大人に向かっていこうとするこの時期に、女性ホルモンが安定して分泌されるサイクルを整えれば、胸も健やかに成長することに繋がるのです。

では、女性ホルモンを安定させるためには何をすればいいのでしょうか?大人のバストアップには、サプリメントマッサージ等様々な方法をご紹介していますが、10代女性の女性ホルモンがまだ不安定な時期にすべき行動は、よく食べ、よく動き、よく寝るというごくごく当たり前のことを当たり前にするということです。

バランスよく食べて女性ホルモンの分泌を促そう

バランスのとれた食事

10代って、雑誌等のメディアで、スレンダーなモデル等をみて憧れませんでしたか?憧れて、少しでも細くなりたいと、無理なダイエットに走りがちなんですが、このダイエットが、女性ホルモンの分泌を阻害してしまうのです。特に極端な食事制限や、バランスのとれていない食事は、危険!無理なダイエットは女性ホルモンの分泌を減少させたり、最悪止めてしまうことにもつながりかねないため、胸の発育はもちろん、生理(月経)周期が乱れる等のトラブルにもなります。

食事制限などの無理なダイエットは、女性ホルモンを安定させ、大人になろうとしている体を邪魔しているようなものなので、どんなにスレンダーなモデルに憧れていたとしても、やめましょう。バランスのとれた食事は、体を作るとよく言いますが、大人になる上で必要不可欠な条件なんです。偏った食事ももちろん女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼすので、女性ホルモンの分泌やバストアップに効果的な栄養を知った上で、バランスよく食事に取り入れるよう心がけましょう。

適度な運動が女性ホルモンの運搬を手伝ってくれる

運動

皆さんは、部活を始め、日常的に何か運動をしていますか?運動もバストの成長はもちろん、女性ホルモンの安定には欠かせない条件です。

なぜ運動もかかせないのかというと、女性ホルモンを体の各部位に運搬するのが血液で、その流れをよくするのに効果的なのが運動だからです。もちろん、マッサージ等で血行を良くすることは可能ですが、10代は生殖器だけでなく体全体の成長を迎える時期でもあるので、この時期に適度な運動をすることが、血管のポンプ機能を高めることに繋がり、マッサージをせずとも循環しやすい環境を作り出すことができるのです。10代の頃に運動で血管を鍛えることで、血液の運搬能力もあがり、血液に乗って運ばれる女性ホルモンがバストに届きやすくなることは、想像できるかと思います。

また、運動で血行をよくしても、冷房の効きすぎた環境で体を冷やしたり、姿勢の悪化で血管を圧迫しては、せっかくの運動が無意味になってしまうことも。冷房の効いた部屋は、ここ数年の酷暑のオアシスではありますが、温度差のある環境に身を置く場合は、その温度差を少しでも埋めるよう、一枚羽織ものを着るなどして、体を守ってあげましょう。また勉強を頑張ることはとてもいいことですが、つい集中しすぎて猫背が習慣化している人は要注意!血管が血液をうまく流せず、悲鳴を上げています。適度に休憩を挟みながら、背伸び等をして、血流をよくする習慣もつけましょう!

よく寝ることがホルモン分泌につながる

よく寝る少女

寝る子は育つ!?睡眠時間とバストアップのベストな関係でも触れましたが、成長ホルモンが最も分泌される時間と言われるゴールデンタイムが夜の10時から2時までの間と言われています。つまりこの時間にいかによく寝たか、ということが人間の発育に大きく関わってくることになります。

大人にとっても重要なこのゴールデンタイムが、成長期である10代女性にどれだけ重要であるかは想像できるかと思います。この時間に夜更かしをして起きていたり、昼寝のし過ぎで良質な睡眠がとれていないようだと、バストの成長を望んでも、理想通りのボディにはなれないのです。

また、睡眠は1日に受けたストレスのリセットタイムでもあります。多感な10代。友人との関係を始め多くのストレスを感じることでしょう。もちろんストレスが完全に消え去るわけではありませんが、少しでも軽減できる時間になるのです。大きなストレスを感じていると、女性ホルモンの分泌は減ってしまうので、睡眠はストレスの軽減という意味でも重要になってくるのです。

将来、貧乳になりたくないのであれば、この時間はしっかり寝るようにしましょう!

猫背などの姿勢に気を付けよう

学校での授業や、自宅での勉強時間などのときの、自分の座り姿勢を思い出してみてください。
猫背の姿勢になってしまっていませんか?猫背などの前屈みの姿勢はバストアップに大敵なのです!

前屈みの姿勢は、バスト部分が圧迫されて血流が悪くなってしまい、バストアップに必要な栄養素や女性ホルモンが、直接バストまで届きにくくなってしまいます。猫背の姿勢って、意外と重量のある頭部が前に傾いている状態なので、その重さが首や肩に全部かかってしまって、肩こりや全身の血行不良につながる原因となってしまうのですよ。また、前屈みの姿勢を長時間続けることで、バストを支えている筋肉(大胸筋)が凝り固まって、バスト周りの筋肉が衰えてきてしまうのです!大胸筋が衰えるということは、バストを支えてくれている筋肉の力が衰えるということなので、バストのハリも失って、最終的には垂れ乳にもつながってしまう可能性も!

また、10代の皆さんでもスマホを持っている人が多いと思うのですが、スマホを持つときも首が前屈みになって悪い姿勢になりがちです。
授業の時間は長時間続くので、特に猫背になりがちだと思いますが、休憩時間や合間の息抜きついでに背伸びをしたりストレッチをするなど、猫背などの悪い姿勢がクセにならないように、若い10代のうちから背筋をまっすぐ綺麗に保つように意識しましょう!

生活に潜むストレスとオサラバしよう

大人と同じように、10代の若い子だってストレスにさらされています。ひょっとすると、身体面だけでなく精神面も発展途上な10代の皆さんのほうがストレスを受けやすいのかもしれませんね。

いつまでも続くテストや試験勉強、学校特有の友達関係や繊細な恋愛事情、思春期ならではの成長過程にある身体の悩みなどなど…。きっとここに書ききれないほどの悩みやストレスを抱えていることだと思います。しかし、ストレスはバストアップの大きな妨げとなる原因の一つだと言われています。
バストアップには、女性ホルモンの分泌が欠かせません。女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という大きな2種類のものがあります。ストレスのない通常の状態だと、この2種類の女性ホルモンがいい感じにバランス良く保たれているのですが、私たちの脳がひとたび先ほど書いたような様々なストレスを感じてしまうと、この2種類の女性ホルモンが乱れてしまうのです!体内でホルモンバランスが崩れてしまうと自律神経が乱れてしまうので、ホルモンの分泌自体が正常に行われなかったり、自然とホルモンの分泌量も少なくなります。その結果、バストの成長どころか、いま綺麗なバストであったとしてもその美胸をキープできなくなってしまうことにもなってしまいます…。

「ストレス社会」と言われている現代ですが、自分の工夫や生活習慣次第でいくらでも改善できます!
友達とおしゃべりをしたり、好きな趣味に没頭したり、たっぷり睡眠をとったりと、日頃から上手に気分転換をしてストレスを溜め込まないようにしましょうね!

まとめ|10代のバストアップは女性ホルモンを安定させること

ティーン

「こんなの当たり前すぎじゃない?」という声が聞こえてきそうですね?これを当たり前だと思っている人は、バストアップの基盤が整い、バストも順調に成長する可能性を秘めていると言えるでしょう。逆に、「ついつい夜更かししちゃうんだよね~」「○○抜きダイエットでめちゃくちゃ痩せたよ!」「帰宅部で、家に帰って漫画三昧」なんてことを言っている人がいれば、自分のバストの成長の可能性を狭めているだけでなく、大人になってからも女性ホルモンの不安定さに悩むことにもなりかねません。

10代のこの貴重な成長期。体が大人になろうとするのを支えるのは自分しかいません。将来、胸の小ささに嘆く前に、よく食べ、よく動き、よく寝るという、まずは3ステップのバストアップを始めませんか?
大人になってこの3ステップに時間をとるのはなかなかむずかしいので、10代の今がチャンスですよ!

The following two tabs change content below.
BustUp Cafe編集部

BustUp Cafe編集部

こんにちは♡BustUp Cafe編集部です。みなさんのバストに関するお悩みを解決する手助けができたら良いなと思い、しっかりとした情報を発信していきたいと考えております。胸の大きさや下着、サプリなどとにかくバストにまつわるどんな情報もみなさんの力になれそうなものを嘘偽りなく書いていきます。バストについてはお任せください!みなさんが飽きない素敵なサイトを目指して頑張ります☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です