この記事は約 2 8 秒で読めます♪


女性にとって”美”は永遠のテーマであり、またバストアップについても幅広い年齢の女性達がそれを願っています。

しかし、若い年代の育乳法と、ある程度年齢を重ねた人の育乳法では手段や方法は全く異なってきます🍀
つまり、その方法を間違えると、胸を大きくできる本来のチャンスを逃してしまう可能性もあるのですよ??

例えば、10代と20代ではどちらも若いようであってもホルモン分泌の量は大きく違ってきますし、40代以降では更年期の症状や体の衰えも顕著になってきます。
つまり、あなたの年齢に適した方法で育乳にアプローチすることが不可欠になってくるということ!!!

それぞれの年代で行うことと意識したいことも異なりますので、それらも踏まえたうえで今回の記事をチェックしてみてくださいね♪😉

【育乳って一体何歳まで可能なの⁈】


大きくて豊かな胸って、多くの女性にとって永遠の憧れですよね(^ ^)
バストアップサプリやクリーム、いろんなエクササイズやマッサージなどで日々バストアップへの努力を重ねている人も多いかと思います。

でも中には、育乳できるのって限られた年齢の人だけでは?って思ってる人も実は少なくないのではないのでしょうか?

確かに自然に胸が大きくなるのは20歳までだし、20代を過ぎると実際に成長ホルモンや女性ホルモンの分泌は年々低下していくだけとなります。
しかーし!!20代を過ぎていても、閉経をしない限りはそれぞれの年齢に合った方法次第で、胸を成長させるのは可能なんですよ〜🤗✨

そこで下記以降では、10代〜50代の各年齢層に合った方法をご紹介していきますね♪

【10代・20代・30代・40代・50代の年代別♪それぞれの育乳法について】


女性のバストは、加齢や妊娠・出産などの影響に伴ってホルモンバランスが大幅に変化していくので、年齢を重ねていくごとにバスト全体の脂肪が柔らかくなって垂れやすくしぼみやすくなることを、まずは理解しておいてくださいね。

つまり、バストのハリや弾力が失われていけばいくほど、バストを支える力も弱くなり、つられて形も変化していくということ☝️

このように年代別のバストの変化を踏まえたうえで、各年代ごとでの最適な育乳方法で臨機応変に対応していくようにしましょう!

年代別①:10代の育乳法


10代という年代は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に増えて、女性らしく丸みを帯びた体つきに変わっていきます。
また、14歳頃までにほとんどの女性に生理が始まり、バストもだんだんと大きくなっていきます。

この年代では、バストアップサプリを飲む必要はなく、大切なのは血行を良くして体やバストの成長を妨げないことです🌟

Point💡とにかくバストの成長を妨げないこと!

体が大人の女性へと変化する絶好の成長期である10代はバストも当然成長していく時期ですので、変化する胸のサイズに伴ってブラジャーも変えていくなど、胸のサイズに合っていないブラを着けることは必ず避けるようにしましょう。

また夜更かしや無理なダイエット、好き嫌いを多くしたりファストフードに頼りがちといった偏った食生活も、せっかくの成長ホルモンの分泌を妨げることになりますので厳禁ですよ⚠️

年代別②:20代の育乳法


20代になるとエストロゲンの分泌量はピークを迎えて安定し、卵巣機能も高まることで妊娠・出産の準備が整う年代です。

しかし、20代後半あたりからエストロゲンの分泌量は少しずつ減少していくので、女性ホルモンと似た働きをする成分を含むサプリを摂り始めるといった工夫をするとベターでしょう◎

また、仕事や不慣れな社会人生活が新たに始まることにあたっての様々なストレスへの対策も重要になってくるんですよ🍀

Point💡ストレス解消に努める!

20代では、社会人になることでストレスが急激に増えてくる傾向があります。
仕事が始まり急に多忙になることで、睡眠不足や食生活が不規則になったり、対人関係に悩んだり…。

ストレスはホルモンバランスを乱す大きな原因なので、胸の成長に必要な女性ホルモンや栄養がバストまで行き渡らなくなってしまうのです。

友人とのおしゃべりや運動、自分なりの趣味を楽しむなどして、なるべくストレスを発散させるように努めましょう!♬

年代別③:30代の育乳法


30代もやはりエストロゲンの分泌は下降傾向にある年代で、30代後半になると、妊娠する力も当然ですがだんだん低下してきます。
本格的に、サプリでぜひ女性ホルモンを補いたい年代と言えますね。

また血行を良くすることに加えて、数ある育乳グッズを活用してバストケアを始めるとさらにGOODですよ👍

Point💡ホルモンバランスを整えよう!

30代は仕事に家事にと毎日忙しく、ホルモンバランスが乱れやすい時期でもあります。
エストロゲンが減少してしまうとバストの形も崩れやすくなってしまうので、バストアップサプリでエストロゲンと似た働きをする成分を摂り入れると良いですね◎

また、胸を支える筋肉やクーパー靭帯もこの頃から衰え始めるとも言われているので、補正ブラナイトブラなどでバストを守ることも大切になってきます😌

年代別④:40代の育乳法


40代になると、女性ホルモンの分泌が急激に減少し始めて、ホルモンバランスが乱れることで体調を崩しやすくなるようです。

特にこの年代の女性は、妊娠・出産・授乳などをひと通り経験して、バストを酷使している場合が多いですよね👶
なので、日頃からしっかりバストをケアして、バストを正しい位置に戻すということも大切になってきます。

Point💡体調のコントロールに細心の注意を!

40代になると、エストロゲンの分泌量がさらに減少していくだけでなく卵巣機能も低下することで月経周期が乱れたり、頭痛、イライラ、肌の乾燥やかゆみなど様々な体の不調を感じやすくなります。

なので、バストアップ効果だけでなく美容成分なども含まれたサプリを摂ったり、規則正しい生活を送って体調を整えることを心がけるようにしましょう🍀

年代別⑤:50代の育乳法


多くの女性が閉経や更年期を迎える50代は、自力では女性ホルモンの分泌を高めることは難しくなる年代です。
そのためバストアップというよりも、これまで育乳に励んできたバストを”現状維持する”というようなバストケアを行うことが必要になる、と理解しておきましょう♪

サプリの力を借りて不足しがちな女性ホルモンを補ったり、補正効果のあるブラを活用してバストの垂れを予防するのも良いですね◎

また、体内の水分量も少なくなってくるため肌の乾燥が進むことでバストにハリツヤがなくなってくるので、肌ケアにも力を入れたいところです☝️

Point💡ホルモン分泌よりも普段のバストケアに重点を置こう!

バストケア専用の保湿クリームやオイルを使って、乳腺マッサージのケアをする習慣をつけましょう!

水分・保湿力をキープできるだけでなく、マッサージの効果によって血行が良くなることで育乳も夢じゃないかもですよ❤︎

【まとめ|諦めないで!その年代ならではの育乳法を楽しめばいいのです♡】


いかがでしたでしょうか?
育乳は年齢に関係なく何歳からでもできる、ということが分かっていただけたでしょうか??

また胸のサイズをアップさせるためには、どの年代でも共通して女性ホルモンの存在が不可欠だということも分かりましたよね💕

バストアップサプリメントは、確かに20代以降どの年代でも胸だけではなく健康や美容面にも強い味方でいてくれます。
ただし、アレルギーがあったり妊娠中・授乳中の女性は、医師と相談したうえで服用するようにしましょうね。

バストアップへの道のりに、焦りは禁物です(^ ^)
その年代に合った育乳法で、決して無理をしない地道なバストケアを心がけて育乳に励みましょう〜😍🌟

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です