この記事は約 3 12 秒で読めます♪


私たち女性が毎月闘うあの悪魔の儀式、”生理”💀💀💀
その生理時期の前後で、様々な身体の不調に毎回頭を抱えている人も多いのではないでしょうか…。。

その中でも多く挙げられるのが、生理前や生理中特有の、あのボン!と膨らむ胸の張りや痛みに関するお悩み( ; ; )いつものブラジャーでもキツく感じたりもしますもんね…💧

そこで今回は、胸が張って痛いときの改善法対策を満を持してお教えしたいと思います!

また、生理前にはなぜ胸が張って痛くなるのかという基礎知識や、生理時期にはどんなブラジャーを着ければ負担が少ないのかという内容もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか♬

生理ってホントに辛いですよね、あなたも決して無理しないでくださいね🍀

【意外とみんな知らない⁈生理前に胸が大きくなるのは、なんと”むくみ”が原因だった…⁇】


女性の生理には、「エストロゲン」「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが大きく関係しています。

排卵後から次の生理までの期間に分泌量が多くなるのがプロゲステロンですが、このプロゲステロンには体内に水分を溜め込む性質があります。
そのため、排卵後にプロゲステロンが多くなってくると、受精卵が侵入しやすいように子宮内膜は水を含んだような浮腫(ふしゅ)状になってきます。

それと同じようにプロゲステロンの影響を受けるのが、私たち女性の胸なんです!
胸を構成する組織である乳腺が、子宮内膜と同じように水分を多く含んでいくのです☝️

つまりその現象が、「生理前には胸が大きくなる」とか「なんだか胸が張ってる…」と感じさせる原因で、乳房全体が水を溜め込んだ“むくみ”状態になっているのです!!

ちなみに、次の生理がやってきてプロゲステロンの分泌量が減少してくると、反対にエストロゲンが増え始め、やがてこの胸の変化は落ち着いてくるんですよ🌟

【胸の張りや痛みがツライ生理前・生理中って、どういうブラを着けるのが一番いいの⁇】


最もベストなのは、生理前~生理中の時期は普段着用しているブラジャーよりも、”1サイズ大きめのブラジャーを生理のとき用に用意しておく”ということ◎

胸が張っていて痛みもあるにもかかわらず普段と同じサイズのブラを着けていると、痛みが余計増したり、胸とブラの生地が擦れて傷やかゆみなどの原因にもなりかねません💦
そうならないためにも、まずは試しに1サイズ大きめのブラを調達してみて、違いを実感してみましょう!

また生理時の肌はデリケートなので、かぶれなどを引き起こさないためにも、綿やオーガニック生地のものを選ぶとなお良いですね😉

また、最近大人気のノンワイヤーブラスポーツブラなどの、もともと締め付けの少ないブラに替えてみてもいいですね〜。
それらに替えるだけで、生理時特有の不快感・ストレス・痛み・かゆみが和らぎます🍀

生理中のブラによる不快感にいつも悩まされてきたという人は、ぜひ試してみてくださいね!♬

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️各メーカーから続々発売!締め付けない楽ちんブラに人気が集中してます

【生理前・生理中の時期は新しいブラジャーの購入に適さないのでご注意を⚠️】


先ほども述べたように、生理前に胸がむくみ状態になる変化は、人によっては20%近くも増量するという場合もあるんですって。

そのように生理前における様々な身体の変化については個人差があるものですが、人によってはカップサイズが1〜2カップ近く大きくなる場合もあり得るのですよ☝️

なので、生理前の時期にブラジャーを買いに行って、そのときの胸のサイズに合わせてブラジャーを選ぶと、生理が終わったときにはカップに隙間ができていた…なんてことがあるかもしれません💧

したがって新しいブラの購入を考えているときは、生理が終わったあとで買いに行くようにしましょうね♪

【生理前・生理中に胸が張って痛いときには、2つのタイプの改善法でアプローチしてみよう!】

実は、生理前や生理中の辛い症状の改善には、いろんな有効な方法があることがわかっています。
それは、【①生活習慣の改善】【②薬による療法】の大きな2タイプに分けられます。

私は鎮痛薬と漢方ぐらいしか知らなかったので、今回調べていく中で勉強になったこともありました🍀
あなたもぜひ、生理痛のひどいお友達などに教えてあげてはいかがでしょうか?(^ ^)

改善法①:生活習慣を見直してみる


あなたが普段から快適な状態で生活することは、生理の期間も快適に過ごせることにつながります!

そこで、普段の生活習慣の中で今一度見直しておきたい5つのポイントをご紹介したいと思います。
どれも決して難しいことではないので、ぜひ今日からでも早速実践してみては⁇💓

▪︎ストレスを溜めない


日頃の忙しさや人間関係などでのストレスは、心身のバランスを崩してしまう大きな原因になることがあります⚠️
実際に、ストレスで月経周期が乱れてしまった…という経験がある人も少なくないのではないでしょうか?

イライラしたり気分が落ち込んだときは、自分の趣味や好きなことに没頭すると気分がすっきりしますよ✨また、散歩やヨガなどの軽めの運動で身体を動かしたり、アロマの香りでリフレッシュするのも良いですね!

ストレスって、バストアップの大敵にもなるのでほんとに要注意ですよ……

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️バストアップの大きな邪魔者ストレスは原因を解明してから改善しよう!

▪︎身体を冷やさない


「冷えは万病の元」と言われるくらいですから、生理時期の女性にとっても特に大敵です!
血行不良を招くことで、いろんな症状の原因となることもあるんですよ?

露出の多い服装を避ける、冷たい飲み物を摂り過ぎない、お風呂タイムはシャワーだけで済ませるのではなく湯船に浸かってゆっくり身体を温める、腹巻やカイロを活用してみるなど、ちょっと考えただけでもいろんな冷え対策ができますよね🌟

それから意外とみんな見落としがちなのですが、冬場の寒さ対策だけではなく夏場のエアコンにも要注意なのですよ⚠️
季節を問わず、毎日身体を温める意識を欠かさないようにしましょうね♪

▪︎適度に運動をする


実は適度な運動も血行を改善する作用があるので、生理痛や胸の張り対策に有効ですよ◎
ストレッチや歩く程度でもいいので、”無理のない範囲で継続する”ことが大切なのです🍀

たとえば通勤のときにひと駅手前で降りて歩くとか、デスクワークの最中やお風呂上がりにストレッチをするだけでも全然違いますよ〜!

あなたの身体に負担がかからずに、かつ無理せずできることから始めてみましょう♪

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️【スキマ時間活用法】1日3分の簡単ストレッチでバストアップ!

▪︎食生活に気を遣う


生理時期は、食品によって痛みや辛い症状を悪化させる可能性があります⚠️

例えば過剰なカフェインは血管を収縮させてしまいますし、砂糖の摂りすぎはイライラや情緒不安定の原因に、ケーキやチョコレート菓子など脂肪分の多い食品もホルモンの代謝に関わる肝臓の機能を低下させるので、この時期には特に気を配りましょう。

ビタミンEを豊富に含んだ食品や、生姜・ネギ・にんにくなどの身体を温める作用のある食品は血行促進が期待できるので、積極的に摂りたいですね♪

またハーブティーくず湯などで、身体の芯から温めてみるのも良いでしょう🌟

▪︎自分の月経周期や身体のリズムを把握する


心身の調子を整えるためには、まず自分自身の周期や身体のリズムを知ることが大切です🍀

毎月どんな周期で生理が来るのか、身体だけでなく精神面やお肌などにいたっても状態はどのように変化するのかなど、きちんと把握するようにしておきましょう!

痛みや不調の時期が分かれば前もって薬を飲むことができますし、イライラの時期が分かれば自分なりのストレス解消法でリラックスすることもできますからね🌟

まずは基礎体温を測ったり、生理時の心身の不調をメモしたりすることから始めてみるといいですよ!
自分の身体と心のバランスを保つためにも、自分の状態を把握しておくことはとても大切なのですよ(^ ^)

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️基礎体温でわかる女性の周期!バストアップに効果的な方法とは?

改善法②:薬や漢方などの療法を行ってみる


薬による療法としては、下記のようなものが現在では推奨されているようです🔽

🔷対症療法
鎮痛薬(頭痛・腹痛・腰痛などに)、抗不安薬(不安感・落ち込み・イライラなどに)、利尿剤(むくみに)など、特有の症状が出たときにその各症状に対応する薬で和らげる療法。

🔷低用量ピル
排卵を抑えることで月経周期にともなうホルモンバランスの激しい変動をマイルドにし、身体に負担になる症状を軽くすると言われている療法。

🔷漢方薬
複数の生薬(しょうやく)を配合させ、心と身体の両方に働きかける療法。
血の巡りを良くする、自律神経を調整するなど、特定の症状をターゲットにするのではなく”身体全体のバランスを整える”ことを目指すことを特徴としている。

薬を服用することで、早くて30分もすれば不快な症状を一時的にではありますが抑えることはできるので、辛くて仕方がないときは無理せずに飲んだほうが良いです◎

薬を服用する場合は、あなたの体質やその時々の状況に合った薬を選んで、上手く活用してくださいね♪

ただ、漢方薬やピルのように長期的に取り組むものとは違って、鎮痛薬のような薬はあくまでも一時的な緩和にすぎず、生理前に胸が張ったり痛んだりする直接の原因を解決してくれるわけではありません🙅🙅

だ・か・ら・こ・そ!先ほどご紹介した、健康な暮らしの全ての根本である”生活習慣を見直す”ことが大事になってくるのです!!

【まとめ|胸が張ったり痛むときは、生理時に限らずとも締め付けの少ないブラでストレスフリーに♪】

喜ぶ女性
にしても、生理前特有のあの胸の張りの正体が”水分”だったとは、、、ちょっとオドロキでしたね。

毎月訪れるだけで地獄なのに、生理時期って胸の張りだけじゃなくてPMSもあるし眠いし集中力なくなるし眠いし眠いし眠いし…。
いろんな身体の不調があるから、胸の張りと痛みだけでも改善できたらちょっとは楽になれるんじゃないでしょうか🍀

辛くて仕方がないときはやいろんな療法に頼ったっていいんです!
あと、普段の生活習慣の見直しもできる範囲でやってみてくださいね♪

生理時期は、体調面でも精神面でも”無理をしない”ということがなにより最も大切。

あなたの胸や身体に負担のかからないような過ごし方を心がけて、ストレスフリーな身体づくりを意識しましょう〜☺️💓

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️生理前に胸が張る?女性ホルモンと胸の密接な関係とは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です