この記事は約 5 34 秒で読めます♪

ウォーキング
バストアップの方法で効果的と言われている運動のひとつが、なんと「ウォーキング」です🚶

しかし実際には、忙しくてウォーキングする時間がなかなか取れない…と悩む人も多いのではないでしょうか??

そこで今回は、日常の中でもちょっとプラスα意識する、または気を付けて動くだけで、ウォーキングと同じ効果が得られるお手軽な方法をご紹介しちゃいたいと思います🤗

なんてったって、費用がかからないのが一番のメリットかもしれません笑(ゲンキンなやつだ…💰)

特別難しいことはまっっったくありませんので、今日から早速始めちゃいましょう!🌟

【ウォーキングがバストに与える良い影響とは?】


全身を使える有酸素運動であるウォーキングですが、ダイエット効果があることはもうご存知かと思います。

ではなぜ、今回取り上げたようなバストアップにも効果があると言えるかに関しては、ご存知の人は少ないのではないでしょうか…?

そのざっくりとしたメカニズムについて分かりやすくまとめてみましたので、ご紹介したいと思います😃

バストアップに欠かせない肩甲骨と大胸筋を動かす!


ウォーキングということを特別意識せずとも、普段普通に歩いているときも、腕をふって肩甲骨を動かしていますよね?
実は、この肩甲骨を動かすことは、人間の身体にとってとても大事なことなんです!

また、この肩甲骨を意識的に動かすことによって、バストを支える大胸筋も勝手に同時に動いてくれています💪

大胸筋は土台となってバストを支えてくれている部分ですので、ここを鍛えることで垂れ知らずのハリのあるバストをキープすることができますよ♪

正しいウォーキングのような肩や腕を積極的に動かす運動って、普段はあまり使わない筋肉を動かすので、終わったあとになんだか身体がスッキリした感じになりませんか?💓
その感じこそ、肩甲骨や大胸筋などの胸の周囲にある重要な筋肉をきちんと使えている証拠なのですよ!!

下半身を動かすことで下半身冷えを解消して、全身の血行を促進できる!


意外と知らない人も多いみたいですが、下半身の冷えって、全身の血液の巡りを悪くしちゃうのです!😳

心臓から送り出される酸素を含んだ血液は温かく、勢いよく足先のほうへと栄養を届けようとします。
ですが、下半身が冷えていると足先へ行くまでの間に、血液そのものが冷えてしまってゆっくりとした流れになっていくのです。

なんだか足元が寒いなと感じて足を見たときに、血色が悪かったりむくんでしまっていたという経験はありませんか??
足先が冷えていると血行が悪くなるだけではなく、リンパの流れも悪くなって足がむくみやすくなるのです。。

冷えた血液は足先をゆっくり通って上半身へと戻ってくるのですが、そのときに一番始めに通る器官が、女性ホルモンの分泌に深く関わる”子宮”なのです☝️

冷たくなった血液が原因で発生した子宮の冷えは、女性ホルモンの分泌を妨げて、生理不順や不妊などの体調不良を招くことがあります⚠️

”冷え”はもともと恐ろしいものですが、特にバストアップの大敵となるこの下半身の冷えを改善して、バストアップ効果を高めていきましょう!♬

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️バストアップが上手くいかない原因は・・・え、冷え性だったから?

下半身を最も効率良く温める方法が、他でもないこのウォーキングなのです◎


ウォーキングは、全身を使える最も身近で手軽な有酸素運動です🚶

上半身は腕を振り、テンポ良く歩きましょう。
下半身の血液ポンプの働きの向上と腕の振りによる血行の流れの良さで、全身が温まります。

そう、全身の中でも下半身って、血液ポンプの働きを上げて冷えを改善する効率の良い手段でありアイテムなのです!

ウォーキングの動きによって、女性ホルモンの分泌が促されバストへ栄養が行き届き、また乳腺が刺激されることでバストアップにつながるのですよ💓
また、腕を振って歩くことは、バストの成長に必要な大胸筋を刺激し強化するので、これまたバストアップ効果がグン⤴︎と上がるのです!!

バストアップに良いと分かっていても、ウォーキングのためだけになかなか時間を作れない…という人のためにここで朗報です◎

”〜ながらウォーキング”という新しい画期的な方法で、ウォーキングしながらバストアップ効果も頂いちゃいませんか〜?😃

かくいうこの私も〜ながらウォーキング、早速始めていますよ🌟

【忙しいあなたにおすすめ◎姿勢に気を付けて、”〜ながらバストアップウォーキング”やってみませんか?】


最近運動不足気味だし、ウォーキングしたい気持ちはやまやまなんだけど忙しくて時間が取れない……💧

そんな多忙なあなたにおすすめなのが、下記でご紹介する”〜ながらバストアップウォーキング”です!!
ただし、バストアップのためには歩くときの姿勢が重要なポイントになってくるので、それをしっかり押さえて正しいやり方を身に付けていきましょう☝️

〜しながら別のことも同時にできるってとっても効率的なんですよ◎
普段忙しい人でも、なにかのスキマ時間にでも取り組めそうですね(^ ^)

こちらの関連記事も合わせて読みたいっ!
▶️【スキマ時間活用法】1日3分の簡単ストレッチでバストアップ!

時間と場所について


〜ながらウォーキングは、何かのついでにできるものなので、場所も時間も選ぶ必要がありません♪🙆

通勤・帰宅などのときにひと駅手前で降りて歩いたり、エスカレーターやエレベーターよりも階段を意識的に使ってみたり、家の中ではマメに動くようにしたりと、ちょっとした工夫や意識があればいつでもどこでもウォーキングは成立するのですよ🌟

私はこれに加えて、買い物では常に姿勢に気を付けてバッグを左右交互の肩に持ち替えたり、均一に負荷がかかるようにリュックにしたりと、身体への負担がなるべく軽くなるようにしたりしています!

私がしていることを全て実践するとなると、もしかすると人によってはストレスになることもあるかもしれません。

大前提としてあなたがストレスを感じないような、手軽にできそうな”〜ながら方法”を選んでみてくださいね🍀

歩くときの姿勢のポイントについて


下記では、歩くときの姿勢のポイントを挙げていきますね!

  • 背筋をピンと伸ばして、目線は遠くを見ます。
  • 自分の頭のてっぺんに糸があると考えて、糸を引っ張ってみる→お腹がクッとへこみます♪
  • アゴは上げずに軽く引いて、目線を上げます。
  • 手の親指と人差し指で直角を作り、親指を鎖骨の真ん中にあてて、人差し指をアゴに当てましょう→アゴが自然の高さになります♪

歩くときには、特に腕の位置を気にするようにしてみましょう!
なのでウォーキングをするときは毎回まずその場で、自分の腕をチェックしてみましょうね🔍

立ってるときに腕を腰骨よりちょっと後ろの位置くらいに引くと、肩や胸が自然と開きます。
そのまま直角に腕を曲げた姿勢が、バッグを持つときの姿勢なのですよ☝️

ここで気付く人はさすがです。
そう、この姿勢は、ウォーキングをしている人の姿勢そのものなのです!!!

ポイントを押さえて良い姿勢を心がけた〜ながらウォーキングで、下半身の冷えを改善して大胸筋を刺激することで、バストアップ効果を上げちゃいましょう🌟

私が猫背だった頃、「地面にお金は落ちてないよ💰」とよく言われたものです。。

家の中でも姿勢と腕の位置などをチェックして〜ながらウォーキングを続けた結果、姿勢を褒められるようになりましたし、バストも気持ちも上向きになりましたよ⤴︎🤗✨

【応用編:家の中でもできる3つのウォーキング、やってみませんか?】


せっかく外に出よう!と思ったけど運悪く天気が悪い…☔️ということも考えられるので、家の中でもできる応用編の”〜ながらバストアップウォーキング”をご紹介したいと思います(^ ^)

🔷家の中ウォーキング①:家の中をひたすら歩く
このときの姿勢は、先ほどご紹介した基本の〜ながらウォーキングと同じで、まっすぐ前を見るようにしましょう!

歩くときは、一本の線の上を歩くようなイメージを持つのです☝️
憧れのパリコレモデルになった気分で、自宅の廊下をランウェイにしちゃいましょう♪

🔷家の中ウォーキング②:部屋の中を歩く
部屋の中では、廊下と違って歩く範囲がグッと狭くなります。

大体3〜4歩歩いたらクルッと向きを変えて、また3〜4歩歩くようにすると効果的ですよ!
時間は5分もあれば十分でしょう🌟

🔷家の中ウォーキング③:座って腕を振る
歩くことがどうしても難しいときには、ベッドや椅子に座って行うこともできるんですよ◎

姿勢を正して、お腹がクッとへこむのを感じたらスタート!
肘を斜め後ろに引くように腕を振ると、肩と胸が開くのでとっても気持ちがいいですよ~✨

家の中ウォーキングで、ついでにくびれも手に入れちゃおう♡


さてお次は、女性にはかーなーり嬉しいであろうウエストのくびれが作れちゃう家の中ウォーキングのやり方🍀
姿勢は今までと同様です。

①息を吸いながら背筋を伸ばします。
②息を吐きながら、へそから上を右へねじったままキープします。
③息を吸いながら前を向いて、今度は左です。
④5回ほど繰り返すと、肩・胸が開くだけでなくウエストも刺激されて血行が良くなります。

バストアップしながらウエストのくびれも作れるのが、この〜ながらウォーキングのイカしたポイントですっ👍

今まであんまり普段運動をしていなかった人や身体のかたい人は、徐々に回数を増やせるようにチャレンジしてみましょう!!

一気にこなそうとしたら、背中や脇がつってしまう可能性があるので要注意!⚠️

恥ずかしいことに、私も実際にやってみたら見事に背中・脇・腰がつってしまいました…
何事も、徐々に少しずつ慣れていくことが大事なんだなぁと改めて感じましたとさ😳

【ウォーキングに+αすると、バストアップ効果をより高める3つのポイントとは?】


さて!ここまでは「ウォーキングとはなんたるものか」ということについて主に深く掘り下げてきましたが、下記からはウォーキングと並行して行うことでさらなるバストアップ効果が期待できる3つの+αポイントを、惜しげもなくご紹介したいと思います!!

では、具体的に一体何をしたらいいのでしょうか…?
大丈夫、特別難しくないものばかりですからね😊

それでは早速そのポイントたちをチェックしていきましょう🔍

ポイント①:スポーツブラを着用する


スポーツブラを着用することは、今回のテーマであるウォーキングという運動においてもとても重要になってきます。

なぜかというと、運動によってバストは揺れてしまうからです💦

構成要素がほぼ脂肪でできているバストは、一定時間の運動によって普段よりも過度に揺れることでその脂肪が燃焼してしまいます☝️

つまり、バストの揺れを防ぐための作りをしていないスポーツブラ以外の通常のブラを着用して運動してしまうことは、最悪バストダウンにつながるリスクがあるということになるのです⚠️

その事態を阻止するために、スポーツブラによって胸の揺れを抑えてバシッと引き締めてあげる必要性が出てくるのです!

ポイント②:プロテインを飲む


「バストアップのためには、たんぱく質・大豆製品・乳製品を積極的に摂ると良い!」という話を聞いたことがあるかと思います☝️

しかし忙しいこの生活の中で、それらの食品を全て毎日しっかり摂れるかと言えば…実際のところかなり難しいと思います。。

そんなときは、手軽に飲めるプロテインで一日に必要な栄養素を補ってあげましょう!
なかでも、特に大豆由来ホエイ(乳清)由来のプロテインがおすすめですよ🌟

バストアップに効果的と言われる、そのたんぱく質と大豆製品をしっかり摂取できますからね😉

ポイント③:バストアップマッサージを行う


ウォーキングはもちろん大事ですが、ウォーキングだけではバストアップに必要不可欠な”乳腺”への刺激がやや足りないと感じられます。

ですので、ウォーキングと並行して乳腺を刺激できるマッサージをすることで、より高いバストアップ効果を得られるでしょう◎

ただ、これもやりすぎには要注意です!⚠️
脂肪が完全に燃焼するほどマッサージをやると、バストアップには逆効果となってしまいますので気を付けましょうね🎵

どんなバストアップマッサージでも、あくまでも”丁寧に優しく”のモットーを忘れないようにしてください😌

【まとめ|ウォーキングで身も心もバストも健康に!ポイントをおさらいして早速今日から始めよう♪】


今回ご紹介した”〜ながらバストアップウォーキング”は、はじめは身体を慣らすことから始まるので、時間がなくても場所がなくてもとりあえず大丈夫です👍

女性ホルモンの分泌を促して、さらに大胸筋肩甲骨を意識して腕を動かすことで、バストへの栄養が届きやすい状態になります。

バストアップへの近道へとつながる、今回ご紹介したいろいろなウォーキング法。
そのなかでも”〜ながらバストアップウォーキング”は、何事も三日坊主気味のこの私が続けられたのですから、特に自信を持っておすすめできますよ!♬

バストアップウォーキングで、ぜひ私と一緒に健康的なバストアップを目指してみませんか?😍

ピン!と張った未来の上向きのバストを想像しながら、今日から早速スタートしちゃいましょう!!!
あとは、あなたの行動力あるのみです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です