この記事は約 1 36 秒で読めます♪

なぜ睡眠が?バストアップのための女性ホルモン

睡眠 バストアップ

タイトルを読んで驚いた人も多いかと思います。よりよい健康な身体をつくることに十分な睡眠が必要なのはみなさんご存知ですよね? 実はその睡眠、バストアップにもかなり効果的で、十分な睡眠が「女性ホルモン」の分泌を促します

女性ホルモンには、女性らしいしなやかな身体のラインを作り綺麗な髪や美しい肌を作る「エストロゲン」と、生理の機能や妊娠のための助長をする「プロゲステロン」の二種類があります。バストアップに大きく関わるのがエストロゲン。このエストロゲンの分泌が増加すると胸を取り巻く乳腺組織が発達しバストアップにつながります。 エストロゲンの分泌はバストアップに欠かせない重要な要素なのです。

女性の睡眠ゴールデンタイムについて

美しいお肌や髪のため、健康やダイエットのためとも言われる女性の「睡眠のゴールデンタイム」については、みなさんもうご存知かと思います。実はこの睡眠のゴールデンタイムといわれる夜10時から深夜2時ごろまでのこの4時間の間に女性ホルモンも活発に分泌されます。(こちらも参考:乳腺の発達がバストアップに繋がる!?乳腺の正しい育成法とは?

この時間にしっかりとした睡眠時間を取っていないと女性ホルモンの分泌が安定せず、バストが育ちにくくなると言われています。

小さいバストに悩んでいる女性の多くは睡眠時間が短いなど十分な睡眠時間がとれていません。厚生労働省が発表したデータによると、日本の女性の睡眠時間は世界で比較しても短いという結果が出ています。(※1)

【就労者の睡眠時間の国際比較】

※1 参照:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトより

また、睡眠時間が短かったり夜更かしをしたりすると女性ホルモン・エストロゲンの分泌が減少するだけではなく、男性ホルモン・テストステロンの分泌が増えバストアップどころか胸を小さくしてしまう恐れがあります。

バストアップのためのベストな睡眠時間とは?

睡眠時間 ゴールデンタイム

睡眠がどれだけバストアップに重要な事かお分かりいただけましたでしょうか。ゴールデンタイムを含めた時間帯に就寝するのはもちろんで、バストアップの効果につなげるためには睡眠時間は約7時間がベストと言われます。

睡眠は長い短いではなく質が重要などと、ショートスリーパーや短い睡眠を推奨する説もありますが、女性には十分な睡眠が必要です。特にバストアップにつなげるためには、睡眠を長く取れば取るほど女性ホルモンのエストロゲンが出やすくなるので、できるだけゴールデンタイムに就寝し約7時間の睡眠時間を確保することが、より多くの女性ホルモンの分泌につながります

まとめ|良質な睡眠をとるために

睡眠 バストアップ

バストアップには女性ホルモンが重要で、その女性ホルモンが多く分泌されるのが夜10時から深夜2時のゴールデンタイム。このゴールデンタイムに十分な睡眠をしっかり取ることがバストアップにつながります。

睡眠時間は確保できても、良質な睡眠が取れないのではもったいなく、冷えや不眠、寝る姿勢も胸を圧迫するようなうつ伏せ等の姿勢は避けたいものです。意識がないので難しいですが、就寝時用ブラなどを活用し、バストの形態を維持することも大切です。

健やかな体を作ることは、健やかなバストを作ることにも繋がります現代の女性は忙しさからなかなか寝られないという方も多いと思います。ですが、週に数日だけでも、「しっかり寝た~!」と思える日を作ってみませんか?それだけで、日中の脳の働きも良くなりますよ。実際に私もしっかり寝た翌日の仕事はものすごくはかどります。その上バストアップにも効果的なら、良質な睡眠はいいことずくめですね!ゴールデンタイムを押さえて、体とバストの健康を手に入れませんか?

The following two tabs change content below.
kizu23

kizu23

こんにちは、kizu23です。私自身も胸の大きさに満足していないわけではないのですが老いが襲ってきて困っています↓垂れをどうにかしたいです。もし、私と同じ悩みをお持ちであるなら一緒に解決できたら良いなって思います。年齢を重ねてもきっと、ケアさえすればどうにでもなると私は思っています♬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です