この記事は約 3 21 秒で読めます♪

冷え性

年中手足の末端が冷えているといった「冷え性」に悩まされる女性って多いですよね?実はその冷え性、バストアップの妨げにもなっているって知っていましたか?

バストはあったかいのになぜ?

冷え性が体の健康にとって、悪影響を与える事はもうご存知かと思います。でも、バストアップになぜ影響するのかと聞かれたら、正直結びつきが薄いようにも感じませんか?だって、バストは常に衣服と下着に守られ、冷たいと感じることがないですもの。でも、しっかり関係しているのです。

バストも体を構成する一部位ですよね?つまり全身と血管と血流でしっかりと繋がっているのです。冷えというのは血流の滞りが原因で起こります。常に手足の先や四肢が冷たく感じる冷え性の人は、血流が滞りやすい体質とも言えます。血流の滞りはバストの成長にも大きく影響を及ぼします

バストの成長には、バストを構成する「乳腺」の発達が不可欠であり、この「乳腺」は血流に乗って運ばれてくる「女性ホルモン」の力なくしては成長することができないのです。つまり、血流が滞りやすいということは、女性ホルモンの乳腺への運搬がスムーズに進まない原因となり、バストが大きくなりにくくなってしまうのです。

そもそもなぜ冷え性になってしまうのか?

靴下 冷え性

 

冷え性に悩まされている方でも、昔から冷え性だったという人はあまりいないのではないでしょうか?非常に重い冷え性に悩まされ、毎年酷いしもやけが足の指先にできる私でも、子どもころは、手足の先までぽっかぽか、手袋靴下要らずといった元気を体現したような存在でした。ところが今はどうでしょう。年々ひどくなる冷え性を「こういう体質だから」と半ばあきらめているではありませんか?こんなんだから、可能性を秘めているかもしれない謙虚なバストも大きくならないはずです。

そもそも、なぜ冷え知らずの子どもが、成長するにつれ冷えに悩まされるようになるのでしょうか?それは、自律神経の乱れに起因します。交感神経と副交感神経からなる自律神経は、人間の活動と休息をつかさどる重要な役割を持っているのですが、このバランスがおかしくなることで、血流が滞ってしまうのです。また、自律神経の乱れは女性ホルモンを運ぶ血流に影響するだけでなく、女性ホルモンの分泌の減少にも繋がってしまうのです。バストアップに影響が出るのはご想像通りといったところでしょうか。(こちらも参考:衝撃!!あの食べ物が私のバストを小さくしていた!?

自律神経の乱れの原因とは?

ストレス

ストレス

決して子どもがストレスを感じないというわけではありませんが、大人になってからストレスを感じることが多くなったという人も多くいらっしゃると思います。このストレスも自律神経を乱れさせる原因となります。心のストレスはもちろん、急な気温の変化など肉体にかかるストレスも自律神経への負荷となります。夏場の冷房がきつくて・・・という職場に勤務されている方で、夏なのに末端は冷えていると心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?夏場の冷え性は自律神経の乱れが顕著に出ているといってもいいでしょう。

生活習慣の乱れ

glasses-919071_1280

また、生活習慣も自律神経の安定・乱れと密接に繋がっています塩気の多い食事が好きでよく食べる、外食で済ますことが多い、結構な量のお酒を飲むなどの食事面、デスクワークでほとんど動かない、運動の習慣がない、休日は家にこもるなどの運動面、残業続きでほとんど寝ていない、徹夜でゲームをしてしまうなどの休息面の3つの生活習慣の乱れは健康な体作りの阻害になっているのはご存知でしょうが、生活習慣が乱れてしまうことで血液も滞ってしまいます。

塩気の多い食事はむくみを生み出し、血管を圧迫します。それに加えアルコールをたくさん飲む人は血液がドロドロ状態の可能性があります。こう考えると飲み会って血管を圧迫した上流れにくい血液を生み出す怖いイベントですよね。

また、食事面に運動不足が加わると血管は圧迫されたままどんどん周りの脂肪やむくみが成長してしまいます。また運動をしないことで、血管のポンプ機能はどんどん廃れていくので、更に血液が滞ってしまう悪循環に陥ってしまいます。

そして、睡眠という名の休息が十分に取れていないと、常に活動をつかさどる交感神経にばかり負荷をかけてしまい、自律神経の乱れに繋がります。

滞り・冷え性の改善がバストアップと健康の鍵

テレビゲーム 寝る前 生活習慣の乱れ

自律神経の乱れが冷え性を招き、体の不調に繋がるばかりか、バストアップにも影響を及ぼすことが分かっていただけたのではないでしょうか?

実際にストレスを感じているときに生理不順になってしまうという方もいらっしゃると思います。これは、自律神経の乱れからくる女性ホルモンの乱れによるものです。自律神経も女性ホルモンも乱れているようだとバストは成長したくてもできませんよね?

では、この厄介な自律神経の乱れから来る冷え性を改善するにはどうすれば良いでしょうか?答えは簡単です。自律神経の乱れの原因を取り除くのです。真っ先に取り組むべきなのは、生活習慣の改善です。

ついつい味の濃いものを好んで食べていませんか?飲みすぎていませんか?

動くのがめんどくさくて車や交通機関に頼っていませんか?

寝る直前までテレビをみたり、スマホを操作したりしていませんか?

これらの行動は、自律神経の乱れに繋がります。ですが、染み付いた生活習慣は、そうそう簡単に変えられるものではないですよね?全部は無理でもちょっとずつでかまいません。外食をちょっと減らす、時間が許すなら徒歩で移動する、布団にスマホを持ち込まない等、できることから変えていきましょう!

次にストレスです。これに関しては完全に取り除けないのですが、ストレスの軽減はできます。

特に肉体的に感じるストレスは対策の打ちようがあります。夏場の冷房がつらいのなら、ストール等一枚はおれるものをカバンの中に入れておくだけでも、中と外の気温差からくるストレスを軽減できます。また、心のストレスに関しては人それぞれであるので難しい部分ですが、可能であれば一時的にその環境から逃げ出すというのも手ですよ。あとはストレスに感じていることを口に出すことも、ストレスの軽減に繋がることがあります。

まとめ|冷え性改善はバストアップの土台作り

半身浴

一度冷え性になると、悪循環が習慣化し、改善が難しくなります。しかし、冷え性の及ぼす影響の大きさを改めて感じていただけたのなら、自分の生活習慣や今おかれている状況を把握した上で、自律神経を整える行動が起こせるのではないでしょうか?

生活習慣等を改善するだけでなく、体を温め血の巡りを良くし、循環しやすい体作りもあわせるとより効果的です。ついつい平日はシャワーのみで入浴を済ませてしまう筆者ですが、休日はぬるめのお湯に半身浴でじっくり浸かり、体を温めるようにしています。湯上り後の体温は、シャワーとは比較になりません。ぽかぽかが長時間キープできますし、何より疲れをじっくり取るリラックス効果もあり、血の巡り改善プラス心のストレス軽減にも一役買っています。

あとは、どうしても冷えてしまうオフィスシーンでは、程よい着圧のストッキングやタイツを履き、血液の流れをサポートしています。さらに、あまりに冷えがひどい時には、もこもこ素材の靴下をこっそり重ね履きしています。足指先の冷えは履くと履かないのとでは全然違います。ただ、締め付けの強い素材では、血管を締め付ける原因にもなるので、柔らかい素材のものを選んでいます。

あまりに冷えがひどいときはマッサージに行ってリンパをゴリゴリ流してもらうようにしています。痛いのですが、リンパが流れた瞬間の快感はたまりません。これぞリラックスといった感じです。

生活習慣等の改善+自分にあった血の巡り改善で冷え性を改善して、健康に、そしてすくすくぽかぽかとバストアップできたら、こんなにうれしいことってないと思います。

The following two tabs change content below.
BustUp Cafe編集部

BustUp Cafe編集部

こんにちは♡BustUp Cafe編集部です。みなさんのバストに関するお悩みを解決する手助けができたら良いなと思い、しっかりとした情報を発信していきたいと考えております。胸の大きさや下着、サプリなどとにかくバストにまつわるどんな情報もみなさんの力になれそうなものを嘘偽りなく書いていきます。バストについてはお任せください!みなさんが飽きない素敵なサイトを目指して頑張ります☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です