この記事は約 2 35 秒で読めます♪

ビール

皆さんお酒はすきですか?

私はお酒が好きでよく飲んでいます。アルコールがバストアップの妨げになると知り、控えよう・やめようと思った時期もありましたが、簡単に控えたりやめたりできないのがお酒なんですよね。(飲めないことがストレスだった…)
なぜ、アルコールがバストアップの妨げになるのでしょうか?バストアップの妨げにならない、お酒との上手に付き合い方ってないのでしょうか?お酒大好きな女性の方、必見です!

アルコールがバストアップの妨げになるのは本当?

肝臓

イメージ図

肝臓の働き悪化=女性ホルモンの代謝低下

肝臓は、体内に入ってきた栄養を分解し、栄養をバランスよく各臓器に送るパイプラインのような働きと、栄養を分解したときに不必要になったものを排泄する働きをします。

また、肝臓はアルコールの浄化・排泄をする大事な臓器です。加えて、バストアップに必要なアミノ酸・タンパク質・脂質・エストロゲンの代謝も一手に引き受けているハードワーカーです。つまり、多くの仕事を抱えている肝臓に、多量のアルコール摂取で無理をかけてしまうと、上の絵のように、肝臓はパンク寸前になってしまいます。ホルモンや栄養の分解・代謝の機能がおち、バストの成長に必要なものが作れず、行き届かなくなってしまうのです。

働きすぎの肝臓がバストに及ぼす影響

エストロゲンは後回し!?

男性に比べて女性はお酒に弱い傾向にあります。それは、前述でもふれたようにエストロゲンの代謝もしているため、アルコール摂取時には男性の肝臓と比べると、約二倍の働きを必要としています。つまり、アルコールを摂取することは肝臓の仕事を増やしてしまうことになるのです。

優先順位

肝臓は疲れていても生命維持のために休むことができません。ですが、優先順位をつけて働くのでまずは、体の調子を整える方に力を注ぎます。つまり、エストロゲンの分解・代謝は後回しになるのです。こうなると、代謝されないエストロゲンが血液中で増え続けて、脳のホルモン調整により分泌をやめてしまうのです。

さらに、エストロゲンは代謝されず、自分に栄養がなくなってくると危機感を感じて脂肪を溜めこむようになります。エストロゲンについた脂肪の代謝も肝臓がするので、肝臓にはかなりの負担がかかります。

このように、アルコール摂取を起点としたさまざまな負荷が肝臓にかかることによって、肝臓の働きが鈍くなるだけでなく、バストアップに必要な栄養を蓄えたエストロゲンが生成されなくなってしまうのです。代謝されないエストロゲンは、栄養がないのでどんなに乳腺を刺激しても、乳腺はぴくりとも反応せずバストアップには繋がらないのです。

私は、お酒ならなんでも来いと言わんばかりに、毎日浴びるよう飲んでいました。ところが、40歳を前にしたころからお酒を飲むと足がむくんだり、アルコールを摂ってもトイレに行く回数が減ったりと、体質も変わりました。脂肪はつくのにバストは大きくならなかったのも、今考えてみると肝臓の働きとエストロゲンの関係の悪循環にはまっていたのだと思います。まさか自らエストロゲンの分解と代謝にストップをかけていたとは思いもしませんでした。肝臓を大事にすることは、エストロゲンも大事にするということなのですね。

アルコールをちょっと気を付けてのむ

とはいえ、大好きなお酒。我慢するのもストレスになりますよね?バストアップに影響の出ない飲み方を押さえておきましょう!

アルコールが「過度」になるのを避ければ大丈夫

自分にとってのアルコール適正量を知り、飲むことがエストロゲンの邪魔をせずに太ることもなく肝臓も疲れさせません。

目安としては、ビール1本(633ml)・日本酒1合・ワイン1/3本・ウィスキー(水割り)シングル2杯、ダブル1杯・焼酎のお湯割り110mlです。

カクテル・梅酒・マッコリなども含めてもっと細かく知るときには

「血中アルコール濃度0.1%×833×体重÷アルコール度数」

の計算式で、自分のアルコール適正量を図ることができるので、一度計算してみてもいいかもしれませんね。

肝臓の週休二日制

休肝日

以前の私もそうでしたが、毎日のようにお酒を飲んでいませんか?しかも結構な量を。

でも、自分に当てはめて考えてみてください。仕事を毎日休みなくしろと言われて、ずっと同じだけのパフォーマンスができますか?私は休みがないと無理です。

肝臓だって体を構成する大事な一部です。休暇があってもおかしくありません。ですので、週に2日以上はアルコールをお休みする休肝日をつくりましょう。最近ではノンアルコール飲料も進化を遂げているので、アルコールがないことへの物足りなさを補ってくれます。アルコールでも、肝臓の働きを助けるものや、糖質の吸収を抑えるもの等、飲みながら負担を少し軽減できるものがあるので、飲まない日と飲むものに工夫を凝らしてみませんか?

お酒アイコン日本酒はチェイサー(※)を用意し交互飲み
お酒アイコン焼酎・ウイスキーはロックではなく水・湯・ソーダ割り
お酒アイコン大事に飲みたい贅沢なお酒をセレクト

等、人によって工夫はいろいろできると思います。

また、空腹時のアルコールはダイレクトに肝臓に負担がかかるので、避けましょう。

※…水もしくはメインのお酒よりアルコール度数の少ないお酒の事。水推奨!

まとめ|アルコールがバストアップの妨げにならないように

ワイン

アルコールがバストアアップの妨げになることは、事実です。ただし、適量のアルコールは健康のためにもいいとされていますし、上手に付き合いさえすれば、大好きなお酒とバストアップの両立は可能です。

私も、相変わらずアルコールは好きですが体からのSOSを敏感に感じて調整しています。おつまみは、もちろんナッツのピスタチオ。飲めないというストレスを感じてまで我慢はしたくありませんもんね。ストレスもバストアップの天敵ですし。

肝臓の働きが鈍り女性ホルモンが代謝されていないときには、肌がくすんだり乾燥したりする方もいます。体のサインと肌のサインを見逃さず、アルコールと上手に付き合って、バストアップもしちゃいましょうね。

The following two tabs change content below.
rose

rose

食べることが大好きなローズです。常に何か食べています(笑)。胸に良い食べ物とか、飲み物とかはお任せください♬リサーチ済みです!でも最新情報もきちんと入手してみなさんの力になれる記事を書いていきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です