この記事は約 3 37 秒で読めます♪

ピンクリボン

皆さん、こんにちは。Bust Up Cafeのクリスです。

さて、皆さんは、何歳ごろから乳がん検診に行っていますか?

女性の12人中1人がかかる病気と言われている乳がん。すべての女性にとって決して、他人事ではない病気です。以前に比べ、私の周りでも健康診断のオプションを活用して乳がん検診を受ける女性が増えていますし、私自身も18歳のころからずっと乳腺外科に通い、定期的なエコー検査を受けています。

国の指針では、乳がんの定期検診は40歳以上の女性からとなっています。それなのになぜ、私が18歳というまだ成人もしていない時期から検査を受け続けているのか。それは、しこりへの気づきがあったからです。

今回は、私が実際にかかった線維腺腫(せんいせんしゅ)の特徴と検査、そしてなぜ摘出を選んだのかを、体験談を含めお伝えできればと思います。

線維腺腫とは?

原因と傾向

私の小さな胸にできたしこりの正体は線維腺腫でした。線維腺腫と聞いてなじみのない方も多いのではないでしょうか?傾向としては以下のような点が挙げられます。

○アイコン胸の上から触れて明らかにわかるしこり(1~2㎝程度のものが多い)
○アイコン複数できたり、両方の胸にできたりすることもある
○アイコン痛みはない
○アイコン30歳以下の女性に多く発症する

乳腺とそれをかこむ線維組織が増えることで、発生する病気です。明確な原因はまだ明かされていませんが、乳腺の増殖という観点からもエストロゲンが関わっているものだと考えられています。私がかかったときのように10代の疾患も多く、まだ触診の習慣がなかったり、そもそも自分の体のことを他人に相談するのが恥ずかしい等の理由で、しこりが大きくなってから発見されることも多いそうです。

発見が遅れるとどうなるの?

しこりがおおきくなってからの発見で、線維腺腫はどのように変化をするのでしょうか?線維腺腫のしこりは、稀に胸の形を変えてしまうほどの大きさになるものもありますが、大きくても3cm程までしか成長しません。また、線維腺腫自体は、乳腺組織等の増殖によって発生した良性のしこりなので、発見が遅れても大丈夫です。ですが、線維腺腫とは限らないので、胸にしこりがあればできるだけ早めに医療機関を受診しましょう。

線維腺腫との出会い

さてここからは、私がしこりを見つけ、病院にかかり、どのような検査をしてきたか、またどうして良性のしこりなのに手術を選択したのかについて、体験談をもとに触れていきたいと思います。

お風呂で気づいた胸の異変

お風呂で触診大学入試も終わり、もう特に何もすることなかった当時の私は、時間を持て余していました。ですので、ゆっくりお風呂に入り、大してみられることのない体を、しっかりと泡立てたボディーソープで洗う時間なんかも余裕で作れたんです。しっかりと泡立てたボディーソープを手ですくい、コンプレックスである胸をマッサージするように洗っている時でした。

「あれ?こんなの今まであったっけ?」

左胸の脇に、明らかにコリコリと動くしこりを初めて確認しました。

不安ばかりが募る検査の時間

高校生の私でも、テレビなどで乳がんの初期症状は見ていたので、すぐに母に「なんか胸にしこりがあるんだけど」と相談し、近所の乳腺外科に連れて行ってもらいました。

「まだ成人式も迎えてないのに、乳がんって…」
「若いとがん細胞が転移するの早いって聞くし…」

と、先生の問診を受けるまで不安が付きまとっていたのを今でも覚えています。

エコー検査検査は、若いこともあって、エコーと触診、そして針生検でした。ヌルッとしたジェルを、エコーの機械で塗りたくられ、ピッとかピーとかいう機械音を聞きながら、淡々と時間が過ぎていくこと、そして白黒の映像を見ている検査技師の方の無表情さにも不安を覚えました。

0.7㎜あったしこりの正体は、おそらく線維腺腫だろうとの診断でした。ですが、精密検査をしなければ、良性か悪性か、正確にはわからないので、後日、針生検という検査を受けることになりました。

後日受けた検査では、エコー検査で腫瘍の大きさを再確認した後、通常の注射針よりも少し太めの針をしこりにさし、細胞を採取されました。針生検で採った細胞の詳細を診てもらい、やはり良性の線維腺腫であることが分かりました。

良性なのに手術を選択した理由

さて、精密検査もして、良性の線維腺腫であることが分かりました。(あまり大きくはなりませんでしたが)胸の成長期であったため、0.7㎜のしこりは最大で2cmまで大きくなってはいましたが、そこまでの心配はいらないだろうと先生からも言われました。では、なぜ手術を選択したのか。それは、線維腺腫と非常に似た、悪性腫瘍の存在があったからです。

線維腺腫にそっくりな葉状腫瘍

これまた、あまりなじみがないであろう病名が出てきたのではないでしょうか。葉状腫瘍(ようじょうしゅよう)といって、しこりの様子や、エコーでの見た目は、良性の線維腺腫とそっくりなしこりです。3つの段階に分類され、良性であれば経過観察の選択もできますが、腫瘍周りにある1cm以上の正常な細胞が確保できた上で、摘出の必要がある境界悪性と、乳房の全摘出も覚悟しなければならない悪性の段階もあり、放ってはおけない病気です。

生検検査

エコー検査だけでは判別ができず、前述の針生検や局所麻酔で少しメスを入れて細胞を採取するマンモトーム生検、さらに広範囲の細胞を採取する外科的生検といった、細胞そのものの精密な検査が必要になります。その上、腫瘍がある程度大きくならないと葉状腫瘍であると判定するのが難しいともいわれています。実際に線維腺腫の摘出だと思ってふたを開けてみたら、葉状腫瘍だったということもあるそうです。

さらに、悪性の葉状腫瘍には再発や、確率は低いですが他の臓器への転移も発生する可能性があります。最初の手術でいかにきちんと摘出できたかにかかっている病気だともいえるのです。

だから、良性の線維腺腫という診断を受けても、摘出手術を選択したのです。葉状腫瘍ではないとしても、もしかしたらという場合もあるし、なにより、胸にしこりを残したままというのが嫌だったということもありました。

手術をすることへの抵抗

手術を受ける選択をしましたが、悩まなかったわけではありません。まず、自分の体にメスが入るので、麻酔から覚めたら絶対痛いだろうなと思いました。それから、気になる傷口。普段あまり見えない場所だからといって、大きな傷口が残り続けるとなると抵抗がありました。ですが、傷口は3cm程度で、私は幸い、脇に近い部分にしこりがあったので、体側に薄い傷口が残るだけでした。不安なことを口に出し、先生に伝えることで、手術への不安を和らげました。

手術直前と直後の様子

マンモグラフィー手術前にもエコー検査と、マンモグラフィ検査を受けました。胸全体の検査をしておく必要もあったため、このタイミングで初めてのマンモグラフィでした。私の謙虚な胸も挟めるのかとても不安でしたが、無事マンモグラフィでの検査もできました。技術ってすごい。

そして、手術は滞りなく進んだそうです。麻酔マスクをかけられた瞬間に寝た私にはなんのことだかって感じでしたが…。さすがに、術後の傷口は痛みましたが2日もたてば、肌のつっぱりぐらいで元気に病院内を散歩してました。

まとめ|胸の異変には自分しか気づけない

バストマッサージ

胸を揉みあう習慣がある人であれば、もしかしたら他の人に気づいてもらえるかもしれませんが、本来胸のしこり等の異変には自分しか気づけないものです。私は胸へのコンプレックスが思いがけない発見につながりました。さすがに手術は怖かったですが、それ以上に将来の自分の体のことを考えたら、やはり手術を選択してよかったなとも思います。この経験がなければ定期検診も受けていなかったかもしれません。

今回の記事で、胸のしこりにもいろいろあることを知っていただけたのではないでしょうか?ですが、知るだけでは不十分です!是非、自分で胸を触ってみましょう!しこりがなくても、触ることが自分の通常の胸の状態を知る第一歩になります。しこりがあれば、迅速な発見に繋がります。

そして、定期健康診断で乳がん検診が受けれるようになるのがまだまだ先の女性にこそ、自分でできる触診を実践してほしいと思います。お風呂は一人きりになれる絶好の機会ですので、フワッフワの泡で優しくマッサージするように、胸を触ってみましょう。

また、日頃から住んでいる地域の乳腺外来のある病院を調べておき、いざというときに迅速な行動がとれるようにしておくのも大切です。

 

The following two tabs change content below.
クリス

クリス

こんにちは!態度はでかいが、胸は謙虚。THE 貧乳のクリスです。どうにかして貧乳をバカにするおっぱい星人たちをやっつけてやりたいですね。いややっつけてやりますよーっ!そしてバストアップして見返したいです。胸に関することを調べまくって正しい情報をみなさんにお届けしますねっ( ´ ▽ ` )ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です