この記事は約 2 18 秒で読めます♪

“おっぱい番長”として、著書や美胸のための商品なども手がけるカリスマ整体師の朝井麗華さん。2016年「美おっぱいコンテスト」で初代グランプリとなった中岡龍子さんを迎え、「美バストをつくる秘密」に迫ります。

大きさは関係ない!2人のプロが考える”美バストの条件”とは

「おっぱい番長」こと、“美バストづくりのプロ”朝井麗華さんと、「美おっぱいコンテスト2016」初代グランプリに輝いたバストの持ち主、中岡龍子さん。ともに理想の美バストを求める二人が目指す”美バストの条件”とは?

朝井さん「美バストには4つの条件があるんです。

①鎖骨の真ん中のくぼみと両胸のトップを繋いだラインが正三角形になること 
②バストトップが肩と肘の真ん中より上にあること 
③アンダーバストの輪郭線“バージスライン”があること 
④大胸筋が柔らかいこと」

整体師ならではの視点で語る美バストの条件は、どれも健康につながること。この条件が崩れていると、猫背や肩こり、また呼吸が浅く巡りが悪くなる原因にもなるという。

中岡さん「私がコンテストで評価されたのは“バージスライン”がくっきりとしているということでした。脇にお肉が流れていない、上向きのハリのあるバストが理想です。そのためには姿勢も大切。私も胸を隠すように猫背にならないよう、常に気をつけています」

そう話す中岡さんの立ち姿は、胸を張って肩を開きハッとさせられるほど凛として美しい。バストを意識すると、自然と美しい立ち姿になるのだという。

硬いお肉はNG! セルフマッサージでおっぱいは作れる

しかし中岡さんもバストケアに関する悩みは絶えないという。バストが気になり始めた高校生の頃からセルフケアのマッサージは欠かさないそう。さらにグランプリとして活動する今もなお、美バストへの追求は尽きない。

中岡さん「自己流ケアですが、体中の柔らかいお肉を胸に集めるようにマッサージしています。全部こっちに集まれ〜と思いながら(笑)」

朝井さん「それは大正解! 柔らかいお肉はとても動きやすいんです。背中から二の腕からお腹から、柔らかくほぐしたお肉はすべてバストになり得ます」

さらに加えるなら…と、朝井さんがオススメの“乳トレ”を直々に伝授。『大胸筋親指ほぐし』は、美バストの条件である“ふかふかの大胸筋”のためのほぐしケア。

朝井さん「垂直に親指を指して3秒、鎖骨〜バスト全体に左右約30回ずつ行ってください。硬くなった大胸筋ではバストを支えることができません。肩こりがひどい人は、間違いなく大胸筋は硬くなっています」

そして中岡さんの目下の悩みは、上向きのバストとサイズをキープすること。バストの下垂は防ぎたいけれど、むやみなダイエットやトレーニングは、脂肪の塊であるバストに変化が起きるのでは、とトライできないでいる。

朝井さん「毎日逆立ちしてみると良いですよ。難しければ三点倒立でもOK。たまに重力を逆にかけてあげると、身体の巡りも良くなりますし、二の腕のトレーニングにもなりますよ」


見落としがちな”インナーケア”が美バストの重要なカギ

さらに、2人のプロが口を揃えるのが「インナーケア」について。バストのサイズや肌のハリをキープするために、ダイエットはしないという中岡さん。それでも食生活を聞いていると、彼女の美バストの秘密が見えてきた。

中岡さん「昔から”お豆腐”ばかり食べていますね。バストのため…とは考えていませんでしたが、いま思えば大豆イソフラボンは十分にとっていましたし、ダイエットにも最適ですよね」

朝井さん「大豆イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲン様作用がありますからね。また”ハリ”には、コラーゲンとエラスチンも大切です。鶏の手羽先やスープ、豚足、またマシュマロなどのゼラチンなど。最近ではサプリメントでも摂取できますので、賢く利用するとよいですよ」

カラダに負担を掛けないインナーケアも、健康的な美バストをつくるうえで欠かせないポイントという朝井さん。最近では、手軽で健康的に美ボディづくりをサポートする健康食品の商品開発にも携わっているという。

女性なら誰しも手に入れたいと願う美バスト。プロフェッショナルな二人からは、バストケアに対する意識の高さが伺えた。毎日自分でバストを触ることも大切なケアだと朝井さんは言う。ちょっぴり後回しにしがちなバストケア、小さなことから始めてみるだけで、女性としての魅力がグンとアップするのかも!

ミーモ(meemo)公式サイトはこちら

【プロフィール】朝井 麗華(あさい・れいか)

1979年生まれ。経絡整体師・美容家。アロマセラピーや東洋医学、中国整体を学んだ後独立。「日本一予約の取れない整体師」との異名を持つ実力派。整体師の視点で、バストケアから美容と健康を叶えるメソッドが詰まった『おっぱい番長の乳トレ』が大ヒット。スクールやセミナー講師を務めるほか、メディア出演、著書多数。

【プロフィール】中岡 龍子(なかおか・りょうこ)
1993年生まれ。「美おっぱいコンテスト2016」初代グランプリ。95cm、Fカップの美しいバストは日本一と称され、ファッション雑誌『FREE MAGAZINE』にてスタイリッシュな姿を披露。現在はモデルのほかタレントとしてTV番組に出演するなど、活動の場を広げる。

The following two tabs change content below.
BustUp Cafe編集部

BustUp Cafe編集部

こんにちは♡BustUp Cafe編集部です。みなさんのバストに関するお悩みを解決する手助けができたら良いなと思い、しっかりとした情報を発信していきたいと考えております。胸の大きさや下着、サプリなどとにかくバストにまつわるどんな情報もみなさんの力になれそうなものを嘘偽りなく書いていきます。バストについてはお任せください!みなさんが飽きない素敵なサイトを目指して頑張ります☆彡

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です